使ってみて不便に感じたところとは?新型RAV4の荷室の3つ弱点

日本市場に帰ってきた5代目新型RAV4の魅力の一つは、競合車・ライバル車よりも広くて、使い勝手の良い荷室・ラゲッジスペースです。

>>> 新型RAV4の荷室サイズを計測【ラゲッジは広くて使いやすい?】

ただ、このクルマの荷室・ラゲッジルームも完璧ではなく、実際に使用してみると、「ここは改善して貰いたいな…」と思う部分も…。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の荷室・ラゲッジスペースの欠点・デメリットは、何だったのでしょうか?

私がこのクルマのトランクを使用してみて、気になったところや競合車よりも劣ると感じた3つの弱点を包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

後部座席の収納のしにくさ【新型RAV4の荷室の欠点1】

今回フルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4の荷室・ラゲッジスペースを確認して残念に感じた事の一つが、後部座席の収納操作のしにくさです。

このクルマは、競合車・ライバル車と同様に後部座席を収納して、荷室・ラゲッジスペースのスペースを広くする事ができます。

■後部座席を収納した時の荷室

後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースの広さには大満足ですが、後部座席のする際の操作性が競合車よりも劣るのが、気になりました。

競合車の後部座席を収納方法はどんな感じ?

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の競合車・ライバル車の一つでもあるスバルの新型フォレスター(Forester)やホンダの新型CRV/CR-Vなどでは、荷室・ラゲッジスペースの両サイドに”後部座席収納レバー”が用意されています。

■新型フォレスターの後部座席収納レバー

荷室・ラゲッジスペースの開口部付近に用意されたレバーを引くと、後部座席の背もたれがパタンと倒れるので、とっても簡単です。

また、特にチカラも必要ないため、女性でも簡単に後部座席を収納する事ができます。

ミドルクラスSUVは荷室・ラゲッジスペースが広いため、このような後部座席を収納するレバーを備えているクルマが多いのですが、実際に使用してみると、便利さを実感する事ができました。

新型RAV4の後部座席の収納方法はどんな感じ?

一方、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の後部座席の収納方法は、どのような感じなのでしょうか?

競合車の新型フォレスター(Forester)やCRV/CR-Vと異なり、後部座席の背もたれに用意されているレバーを操作して、収納する方式を採用。

■新型RAV4の後部座席の収納レバー

なので、荷室の両サイドにレバーが用意されている新型フォレスター(Forester)などとは異なり、レバーの位置が遠いため、後部座席の収納操作がしにくいです。特に、このクルマは、競合車よりも荷室の奥行きが広いので…。

個人的には、競合車・ライバル車と同様に、この新型RAV4でも荷室・ラゲッジスペースの両サイドに後部座席を収納するためのレバーを用意して貰いたかったなと思いました。

後部座席のシートバック素材【新型RAV4の荷室の欠点2】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の荷室・ラゲッジスペースで気になったのは、後部座席のシートバックの素材です。

この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースには、リバーシブルで使用できるデッキボードを採用しております。そして、デッキボードの裏面は、樹脂製になっており、水や汚れが染み込まないようになっています。

■新型RAV4のデッキボードの裏面

しかし、このように汚れや水に強い樹脂製になっているのは、このデッキボード部分だけ。

後部座席を収納した際に荷室フロアの一部となる後部座席のシートバック部分は、オーソドックスなカーペット素材に…。

特製の樹脂素材となっているデッキボード部分と同じ感覚で、汚れ物を積み込むと、後部座席の裏側に染みがついてしまう可能性があるので、注意が必要なのかなと思いました。

競合車・ライバル車のシートバックの素材はどんな感じ?

ちなみに、ミドルクラスSUVの中でも特にアウトドアギア感が強くなっている日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)の後部座席のシートバックは、汚れに強いゴムのような素材で覆われています。

■新型エクストレイルの荷室

また、スバルの新型フォレスター(Forester)のほとんどのグレードは、オーソドックスなカーペット素材のシートバックを採用しているのですが、アウトギア感を前面に押し出したX-BREAK(Xブレイク)では、水や汚れに強い加工を施したシートバックを採用。

■新型フォレスター X-BREAKの荷室 

荷室の一部のみ(デッキボード部分)が防水・防汚れ処理が施されている新型RAV4よりも、競合車・ライバル車の方が使い勝手は良いですよね。

アウトドアレジャーで使用する事を考えると、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の荷室・ラゲッジルームよりも、汚れを気にせず使い倒せる競合車・ライバル車の方が良いのかなと思いました。

床下収納の広さ&使い勝手の良さ【新型RAV4の荷室の欠点3】

また、2019年4月にデビューを果たした5代目新型RAV4の荷室・ラゲッジスペースで気になったのは、床下収納(サブトランク)の広さと使い勝手です。

■新型RAV4の床下収納

デッキボードを開けると、床下収納(サブトランク)が登場するのですが、このクルマの床下収納は、奥行きがイマイチ…。また、深さもありません。

なので、洗車アイテムくらいしか収納する事ができません。
また、発泡スチロールのような素材になっているため、見た目的に安っぽい感じが…。

ちなみに、ホンダの新型CRV/CR-Vやスバルの新型フォレスター(Forester)など、競合車・ライバル車の床下収納(サブトランク)は、このようなデザインになっていました。

■ホンダ 新型CRV/CR-Vの床下収納(ガソリン車5人乗り仕様)

■スバル 新型フォレスターの床下収納

 

新型CRV/CR-Vのガソリン車の5人乗り仕様や新型フォレスターの床下収納(サブトランク)と比較すると、奥行きや深さが全然違います。

個人的には、ホンダの新型CRV/CR-Vくらいの床下収納(サブトランク)の広さを用意して貰いたかったです。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4の荷室・ラゲッジスペースは、競合車・ライバル車よりも広くなっています。

ただ、後部座席の収納する時の操作や床下収納(サブトランク)の広さなど、競合車・ライバル車よりも劣る部分も…。

これからこのクルマの試乗に行く方は、購入後に後悔しないためにも、このような部分にも目を向けてみてくださいね。

>>> 新型RAV4アドベンチャーの見積もり金額は高い!?【Gグレードと比較】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする