新型RAV4の車中泊インプレ【成人男性でも快適に過ごせるか徹底チェック】

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタの新型RAV4は、ミドルクラスSUVの中でもトップクラスの荷室・ラゲッジスペースを備えています。

なので、車中泊をする事も可能です。

ただ、先日、試乗車をお借りして、車内で横になった時の広さや快適性を確認してみたところ、ちょっと気にになったところが…。

トヨタから新発売された新型RAV4の荷室・ラゲッジスペースは、成人男性が横になれるだけの広さを兼ね備えているのでしょうか?また、車中泊をする際の車内の居心地・居住性は、どうだったのでしょうか?

フルモデルチェンジをしたこの新型モデルで、快適に車中泊ができるかどうか確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4で車中泊に最適なシートアレンジをチェック

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4で車中泊をするには、後部座席を収納した荷室・ラゲッジスペースを活用します。

実際にこのクルマの後部座席を収納してみると、荷室・ラゲッジスペースは、このような感じに…。

■後部座席を収納した時の新型RAV4の荷室・ラゲッジスペース

このクルマは、競合車・ライバル車の一つでもあるスバルの新型フォレスター(Forester)やホンダのCRV/CR-Vの5人乗りのように後部座席を収納するためのレバーが用意されていません。

■新型フォレスターに用意されている後部座席の収納レバー

なので、ここのシートアレンジにするには、他のクルマよりもちょっと面倒です。

ただ、後部座席を収納した時の荷室の奥行きは約1,880mmあり、車中泊をするのに十分なサイズの荷室・ラゲッジスペースの広さとなっていました。

荷室はフルフラットでは無い

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジルームは、フルフラットなフロアではありません。

上記の画像を見て頂くと分かると思いますが、後部座席の座面前方から荷室にかけて若干の手前下がりになっています。

なので、フロントシート方向に頭を向けて横になってみると、上半身よりも足元の方が若干低くなっているのを実感します。

ただ、このクルマの荷室・ラゲッジスペースは大きな段差もなく、「若干斜めになっているな…。」と感じる程度なので、マットや布団など敷くだけで、車中泊をするのに支障はありませんでした。

新型RAV4で車中泊をした時の快適性&居住性はどうだった?【試乗インプレ】

このように車中泊をするのに十分なサイズの荷室・ラゲッジスペースを備えているように見えるトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4ですが、実際に横になってみた時の快適性は、どうだったのでしょうか?

私が実際にこのクルマの荷室・ラゲッジスペースで横になってみた時に感じた事・感想を、包み隠さずお話したいと思います。

成人男性が快適に車中泊をするにはひと工夫が必要

先ほどもお話した通り、トヨタのホームページで公表されている後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスぺースの奥行きは約1,880mmなのですが、実際に横になってみると、数値よりも若干狭く感じます。

身長約175cmある私が収納した後部座席の背もたれギリギリに頭を付けて、足を伸ばしてまっすぐに寝ると、足がテールゲートに触れてしまいます。

なので、成人男性がこのクルマで快適に車中泊をするには、ひと工夫が必要です。

これはいつもお世話になっているディーラーさんに教えて貰った方法なのですが、この新型RAV4で成人男性が快適に車中泊するには、後部座席のヘッドレストを最大限に伸ばすと良いみたいです。

そして、伸ばしたヘッドレストのシャフト部分にちょっと厚みのあるクッションや枕を置いて横になると、頭の位置&横になるポジションが少し高くなるため、足元に余裕ができ、快適に過ごす事ができるようですよ。

ただ、ディーラーさんが教えてくれたこの方法を持ってしても、身長が180cmを超える大柄な方がまっすぐに寝るのは、ちょっと厳しいです。

身長が180cmを越える大柄な方がこのクルマで車中泊をするには、真っすぐではなく、頭と足が対角線上になるように少し体を斜めにするか、少し体を屈めて寝るのが良いのかなと思いました。

頭上空間のゆとりは十分

成人男性が快適に車中泊をするにはギリギリのサイズとなっている新型RAV4の荷室・ラゲッジスペースですが、頭上空間(ヘッドクリアランス)は、十分なゆとりがありました。

車体の後方のラゲッジゲートの開口部付近では、天井が低くなっているため、体をかがめて頭の位置を低くしないと、天井に頭がぶつかってしまうくらいの高さしかありません。

しかし、後部座席の座面当たりに座ると、天井から頭のてっぺんまで手の平一枚分くらいのゆとりが…。なので、小さいテーブルを持ち込めば、車内で普通に食事をする事も可能です。

また、このクルマは十分な頭上空間(ヘッドクリアランス)を確保しているため、頭をクルマの前方側にして横になると、寝ている時の圧迫感もなく、寝起きもスムーズに行えます。

アルファードやヴェルファイアなどのミニバンと比較すると車高が低いため、車内の移動はちょっと大変ですが、ミドルクラスSUVとしては、車中泊をするのに十分な広さと快適性を確保しているように感じました。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタの新型RAV4は、ミドルクラスSUVとしては十分に広い荷室・ラゲッジスペースを備えている、車中泊をする事は可能です。

ただ、荷室長がギリギリと言う事もあり、成人男性がこのクルマで快適な車中泊をするには、寝る姿勢やシートアレンジに少々工夫が必要な感じが…。また、オーナーさんの背格好によっては、窮屈さを感じる可能性も…。

もしこのクルマで車中泊をしたいと思っているのなら、試乗車の荷室・ラゲッジスペースをお借りして、広さや快適性を確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする