グレードによって違う!?新型RAV4のシートヒーター事情をチェック

トヨタのから新発売されたミドルクラスSUVの新型RAV4は、最廉価モデルのXグレード/ハイブリッドXでも機能や装備が充実しています。

ただ、真冬の寒い日の運転を快適にしてくれるシートヒーターが用意されているかどうかは、グレードによって、対応が様々です。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の各グレードのシートヒーター事情は、どのようになっていたのでしょうか?また、このクルマに用意されているシートヒーターの使い勝手は、どうだったのでしょうか?

トヨタから新発売された新型モデルに用意されているシートヒーターを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4のシートヒーターは標準装備【各グレードの仕様をチェック】

2019年4月にデビューを果たした5代目新型RAV4はハイブリッド車とガソリン車併せて6つのグレードを用意していますが、それぞれのグレードのシートヒーターの装備状況・仕様は、次のようになっていました。

■新型RAV4のシートヒーターのグレード別の装備状況

ガソリン車 Xグレード 用意ナシ
Gグレード 標準装備
GZパッケージ 標準装備
アドベンチャー メーカーオプション
ハイブリッド車 ハイブリッドX 用意ナシ
ハイブリッドG 標準装備

Xグレード/ハイブリッドXのケース

最廉価モデルに位置をするX系グレード(Xグレード/ハイブリッドX)では、シートの座面や背もたれを温めてくれるシートヒーターが標準装備されていません。

このクルマのシートヒーター装着モデルでは、インパネの中央部分、エアコンの操作パネルの下側にシートヒーターを操作するスイッチが用意されています。

しかし、シートヒーターが用意されていないこのグレードでは、当然のことながら、シートヒーターの操作スイッチは無く、このように何もなくまっさらな状態に…。

■Xグレードのセンタークラスター

ちなみに、新型RAV4のX系グレードでは、オプションでもシートヒーターの用意がないため、シートヒーターを装着する事ができません。

ちょっとコレは残念ですよね。

競合車・ライバル車の一つでもあるスバルの新型フォレスター(Forester)では、最廉価モデルの”ツーリング”でもシートヒーターが標準装備されています。

この事を考えると、オプションでも良いので、X系グレードでもシートヒーターを装着できるようにしておいても良かったのかなと思いました。

Gグレード/GZパッケージ/ハイブリッドGのケース

最廉価モデル”X系グレード”ではシートヒータの用意が無かった新型RAV4ですが、G系グレード(Gグレード/GZパッケージ/ハイブリッドG)では、運転席と助手席のシートヒーターが標準装備されています。

このクルマに用意されているシートヒーターのスイッチは、運転席/助手席から手が届きやすいインパネの中央部分の下に備わっており、操作性はとても良いです。

■新型RAV4のシートヒータースイッチ

また、スイッチをご覧いただければ分かると思いますが、このクルマに用意されているシートヒーターは、”Hi”と”LOW”から調整できる2段階の調整機能付き。

このクルマに用意されているシートヒーターは、座面と背もたれどちらも温めてくれるタイプとなっており、体全体をじんわりと温めてくれるのが好印象でした。

アドベンチャーのケース

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4のシートヒーターで、他のグレードと大きく異なるのは、ガソリン車の最上位モデル”アドベンチャー(Adventure)”のケースです。

ガソリン車の最上位モデル”アドベンチャー(Adventure)”もX系グレードと同様にシートシーターは、標準装備されていません。

なので、インパネの中央、センタークラスター部分を確認しても、シートヒータースイッチは用意されていません。

■アドベンチャーの標準仕様のインパネ

しかし、このアドベンチャー(Adventure)は、新型RAV4の中で唯一、座面や背もたれを温めるシートヒーターだけではなく、背もたれと座面に冷風が通る仕組みを備え、夏の快適度を飛躍的に向上してくれるシートベンチレーション機能をメーカーオプションで用意。

しかも、このアドベンチャーで用意されているシートヒーター&ベンチレーション機能は、3段から調整できるようになっています。

■アドベンチャー専用のシートヒーター&ベンチレーション

私もこのクルマを試乗した際にベンチレーション機能を使用してみたのですが、背中がヒンヤリとする感じが…。

新型RAV4の最上位モデルのアドベンチャー(Adventure)に用意されているシートは剛性レザー素材なので、真夏日に座ると、背中や太ももがべとつきやすいのが欠点・デメリットの一つです。

ただ、このアドベンチャーに用意されているベンチレーション機能を使用すると、真夏の暑い日でも、蒸れやべとつき知らずで快適に過ごせるように感じました。

ちなみに、アドベンチャー(Adventure)専用のメーカーオプションとして用意されているシートヒーター&ベンチレーション機能の価格は、本革巻きのステアリングホイールやステアリングヒーターとセットになって、79,820円です。

決して安い金額ではありませんが、寒い日や暑い日に快適にドライブしたい人には、必須のアイテムなのかなと思いました。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4の快適装備の一つ”シートヒーター”を確認してみたところ、このようになっていました。

このクルマでシートヒーターが標準装備されているのは、G系グレードのみ。

一番お求めやすい最廉価モデルのX系グレード、ガソリン車の最上位モデルに位置する”アドベンチャー(Adventure)”でシートヒーターが標準装備されていないのは、少々残念でした。

ただ、オフロード色が強いアドベンチャー(Adventure)では、新型RAV4の中で唯一、メーカーオプションで3段階から温度調節をする事ができるシートヒーター&ベンチレーション機能を標準装備。

真夏の暑い日でも蒸れたりすることなく、快適に過ごせる機能が用意されているのは、アドベンチャー(Adventure)の特徴&魅力の一つなのかなと思いました。

>>> 新型RAV4 アドベンチャーの専用シート【他グレードとの3つの違いとは?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする