新型RAV4の荷室サイズを計測【ラゲッジは広くて使いやすい?】

2019年4月にデビューをしたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4の魅力の一つは、競合車には無い面白い工夫が施された荷室・ラゲッジスペースです。

このクルマの荷室には、2段階に高さが調整できるデッキボードを採用しており、荷物の大きさや量などによって、様々なアレンジを楽しめるようになっていました。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4新型RAV4は、荷室サイズが広く、大きな荷物をラクに積み込めるようになっていたのも好印象でした。

そんな新型モデルの荷室・ラゲッジスペースのサイズは、どうだったのでしょうか?荷物が多くなるアウトドアシーンで使用しても、十分に満足できるだけの広さを備えていたのでしょうか?

久しぶりに日本市場に復帰したトヨタの新型SUVの荷室・ラゲッジスペースの広さを計測してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

後部座席を使用時の新型RAV4の荷室サイズをチェック

2019年4月にデビューを果たした新型RAV4新型RAV4の後部座席を使用した時(通常時)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■通常時の荷室・ラゲッジスペース

一目見ただけでも、荷室・ラゲッジスペースの広さが伝わってきますね。

後部座席を使用した状態でも十分な容量を備えているこのクルマの荷室サイズを確認してみたところ、次のようになっていました。

■後部座席を使用時の荷室サイズ

荷室長(奥行き) 約1,015mm
荷室幅 約1,335mm
荷室高 約880mm

※荷室幅は最大部分で計測
※荷室高は、デッキボードを上段で設置時で計測

荷室の奥行きは、ミドルクラスSUVの中でトップクラス

後部座席を使用した時の新型RAV4新型RAV4の荷室・ラゲッジスペースのサイズはこのようになっていましたが、特筆すべき点は、荷室・ラゲッジスぺースの奥行きの広さです。

パッと見ただけでも広いなと感じたこの新型モデルの荷室の奥行きですが、なんと後部座席を使用した状態で1メートルオーバー。

実は、後部座席を使用した状態で1メートルを超える荷室長(奥行き)を備えているのは、今回新発売されたこのクルマのみなんですよね。

■新型RAV4と競合車の荷室の奥行き比較

トヨタ 新型RAV4 約1,015mm
ホンダ 新型CRV (ガソリン車 5人乗り仕様) 約950mm
スバル 新型フォレスター 約900mm
日産 新型X-TRAIL(ガソリン車 5人乗り仕様) 約880mm

後部座席を使用した状態でも、多くの荷物を積み込めるのは、競合車・ライバル車には無いこのクルマの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

デッキボードの位置で荷室の高さを調整する事も可能

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4新型RAV4の荷室・ラゲッジスペースの床面には、2段階から高さを調整する事ができるデッキボードを使用しています。

■デッキボードを上段に設置

■デッキボードを下段に設置

デッキボードを上段に設置すると、荷室開口部の掃き出し口とほぼ同じ高さになりますが、下段に設置すると、荷室開口部よりもフロアが一段低くなり、荷室高が一回りアップ。

実際にデッキボードを上段に設置した時と下段に設置した時のこのクルマの荷室高を比較してみると、約55mmほど荷室高が拡大されていました。。

■デッキボードの位置による新型RAV4の荷室高

デッキボードを上段に設置した時の荷室高 約880mm
デッキボードを下段に設置した時の荷室高 約935mm

このクルマのデッキボードによる荷室の高さを調整できる範囲は、同じような仕組みを備えているホンダの新型CRV/CR-Vのガソリン車の5人乗り仕様よりも小さいです。

■ホンダの新型CRV/CR-Vのガソリン車の5人乗り仕様の荷室

>>> ホンダ新型CRV/CR-Vの5人乗り仕様の荷室サイズをチェック

ただ、デッキボードの位置を下に設置すると、荷室容量もアップしますし、大きい荷物・背の高い荷物を積み込む際には、重宝するのかなと思いました

後部座席を収納時の新型RAV4の荷室サイズをチェック

このように競合車・ライバル車よりも広い荷室を備えている新型RAV4新型RAV4ですが、後部座席を収納した時の荷室サイズは、どうなっているのでしょうか?

後部座席を収納した時の荷室サイズを確認したところ、このようになっていました。

■新型RAV4の後部座席を収納した時の荷室サイズ

荷室長(奥行き) 約1,880mm
荷室幅 約1,000mm
荷室高 約880mm

後部座席を収納した時のこの新型モデルの荷室長(奥行き)は約1,880mmとなっており、成人男性でもゆったりと横になれるサイズに…。

私も実際に後部座席を収納した状態で横になってみたのですが、頭上空間や足元空間に窮屈さを感じる事はありません。

また、収納した後部座席の背もたれ部分が若干斜めになってしまいフラットではないのが少々残念でしたが、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4新型RAV4は収納スペース・小物入れも多いですし、車中泊をするクルマとしても、最適なのかなと思いました。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4新型RAV4の荷室・ラゲッジスペースは、ご覧の通り、競合車よりも広く、使い勝手に優れたデザインになっていました。

そんな新型モデルの荷室・ラゲッジスペースで特に良かったのは、後部座席を使用した状態での広さです。

正直に言って、後部座席を使用した状態での荷室・ラゲッジスペースの広さは、ミドルクラスSUVのレベルを遥かに超えています。なので、ファミリーカーとして、使用を考えている方にも、このクルマはピッタリだと思いました。

また、リバーシブルに使えるデッキボードなど、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースには、競合車・ライバル車には用意されていない面白い工夫が施されており、使い勝手に優れているのも好印象でした。

>>> 面白い工夫が盛り沢山!?競合車には無い新型RAV4の荷室のアレンジを徹底解剖

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、面白い工夫が施されているこのクルマの荷室・ラゲッジスペースにも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする