サイズ&メーカーが違う!新型RAV4 Gグレードの専用タイヤを徹底解説

価格と装備のバランスの良さが魅力の新型RAV4の中間モデルのGグレードの外装・エクステリアには、様々な専用アイテムが用意されています。

そんな新型モデルのGグレードの専用アイテムの一つが、タイヤ&ホイールのデザインです。また、タイヤメーカー&ブランドにも違いがありました。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の人気モデル”Gグレード”に備わっているタイヤ&ホイールは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、このGグレードでは、どこのメーカーのタイヤを履いていたのでしょうか?

実車画像を使って、このGグレードのタイヤ&ホイールを徹底解説していきたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4 Gグレードのタイヤ&ホイールのデザインをチェック

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の中間モデル”Gグレード”のタイヤ&ホイールは、このようなデザインになっています。

■Gグレードに標準装備されているタイヤ&ホイール

この中間モデル”Gグレード”では、最廉価モデルのXグレードと同様にちょっと太めの5本スポークが特徴のタイヤ&ホイールを標準装備しています。

■最廉価モデルXグレードに標準装備のタイヤ&ホイール

このように見比べると、2つのモデルのホイールのデザインの方向性がまったく同じなのが、わかりますよね。

ただ、中間モデルの”Gグレード”のスポークの方が立体感があり、スタイリッシュさやスポーティーさが強調したホイールデザインになっているように感じました。

ホイールのカラーにも違いが…

また、新型RAV4の中間モデル”Gグレード”と最廉価モデル”Xグレード”では、ホイールのカラーにも違いがありました。

最廉価モデルのXグレードに備わっているホイールは、シンプルなシルバーカラーとなっています。

■シルバー塗装が施されていたXグレードのホイール

一方、中間モデルの”Gグレード”では、特別なクロームメタリック塗装を施したホイールを標準装備。

■クロームメタリック塗装が施されているGグレードのホイール

このホイールのカラーの違いもあり、Gグレードのホイールの方がスタイリッシュな感じが…。

汚れや傷などを気にせずに使えるシンプルなXグレードでも良いですが、オシャレな足回りをしているGグレードの方が、都会の街並みに映える洗練されたデザインになっているように感じました。

新型RAV4のGグレードのタイヤサイズをチェック

また、新型RAV4の中間モデル”Gグレード”のタイヤ&ホイールの注目ポイントの一つは、タイヤサイズです。

このGグレードでは、最廉価モデルのXグレードよりも一回り大きい18インチのタイヤ&ホイールを標準装備。

■Gグレードのタイヤサイズ…225/60R18

似たようなホイールデザインになっているGグレードとXグレードですが、ホイールインチが大きく、タイヤが低扁平になっているGグレードの方がオシャレなサイドスタイルになっているような感じが…。

■18インチタイヤを標準装備しているGグレード

一方、タイヤに厚みがあるXグレードは、Gグレードよりもっさりとした見た目になっているような感じが…。

■17インチタイヤを標準装備しているXグレード

実際に2台のモデルを見比べてみて、見た目の迫力、カッコよさにこだわるのなら、18インチのタイヤ&ホイールを装着したGグレードの方が良いのかなと思いました。

新型RAV4 Gグレードに標準装備してあるタイヤメーカー&ブランドとは?

このように専用デザインのホイールを採用している新型RAV4の中間モデル”Gグレード”ですが、備わっているタイヤメーカー&ブランドも他のグレードとは異なるGグレード専用となっていました。

そんなGグレードに備わっているタイヤメーカー&ブランドを確認してみたところ、このようなタイヤが備わっていました。。

■新型RAV4 Gグレードのタイヤメーカー&ブランド

タイヤメーカー:ダンロップ (DUNLOP)
タイヤブランド:グラントレック PT30 (GRANDTREK PT30)

この”グラントレック PT30 (GRANDTREK PT30)”と言うタイヤはあまり聞き馴染みがなかったので確認してみたところ、どうやらこのクルマのために開発された専用タイヤのようですね。

また、このタイヤの特徴や性能をディーラーさんに聞いてみたところ、走破性やグリップ力だけではなく、低燃費性などにも優れているようです。

今回装着される「GRANDTREK PT30」は、新型「RAV4」のコンセプトである「Robust Accurate Vehicle with 4 Wheel Drive」(SUVらしい力強さと、使用性へのきめ細やかな配慮を兼ね備えた4WD)を実現するため、独自のトレッド※コンパウンドを採用しています。これにより操縦安定性能やウエット性能を向上させるのみならず、低燃費性能や耐摩耗性能も向上させることで、走行性能と環境性能を高次元で両立させています。

引用:http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2019/sri/2019_037.html

私も実際にグラントレック PT30 (GRANDTREK PT30)を装着したGグレードを少しだけ試乗をさせて貰ったのですが、期待通りのハンドリングと乗り心地の良さが…。

個人的には、固めの乗り心地が気になる19インチタイヤを装着したアドベンチャー(Adventure)よりも、18インチタイヤを装着したこのグレードの乗り心地の方が好みでした。

>>> 新型RAV4アドベンチャーは専用タイヤを装着【サイズ&メーカーを確認してきた】

ソックリな名前のタイヤ”グラントレック PT3 (GRANDTREK PT3)”に注意

ただ、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4のGグレードに備わっているタイヤには1つ注意点が…。

それは、”グラントレック PT3 (GRANDTREK PT3)”と言う、このクルマに装着されているタイヤ”グラントレック PT30 (GRANDTREK PT30)”にソックリな名前のタイヤを市販されていることです。

ただ、この2台のモデルは、全くの別モノです。

市販されている”PT3″は全天候対応型のオールシーズンタイヤになっているのに対し、このクルマに装着されている”PT30″は、冬の雪道や凍結した路面には向かないサマータイヤになっているなど、性能が全く異なります。

また、タイヤの溝の形(トレッドパターン)も大きく異なります。

名前がソックリな2つのタイヤですが、備わっている性能や特徴は全く異なるので、ご注意くださいね。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の中間モデル”Gグレード/ハイブリッドG”では、このようなタイヤ&ホイールを備えていました。

このGグレードでは、クロームメタリック塗装を施したスタイリッシュなデザインの18インチサイズのホイールを標準装備。また、乗り心地と操作性のバランスも、このクルマの中で一番良いように感じました。

この新型RAV4では、グレードのよって、備わっているタイヤのサイズやメーカー&ブランドが全く異なります。なので、乗り心地にも大きな差があります。

>>> 新型RAV4のタイヤ&ホイールはグレードで違う【全4種類を実車画像で徹底解剖】

なので、このクルマのグレード選びをする際は、見た目のデザインや装備だけではなく、乗り心地や備わっているタイヤにも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする