新型RAV4 Xグレードの外装は他のグレードよりもシンプル【実車画像インプレ】

駆動方式に4WDだけではなく、FF車を唯一設定しているクルマとして注目を集めているのが、エントリーモデルに位置をする新型RAV4の”Xグレード/ハイブリッドX”です。

ただ、フロントグリルがブラックになるなど、他のグレードと比較すると、シンプルな見た目に…。

そんな新型RAV4の最廉価モデル”Xグレード”の外装・エクステリアは、どのようなデザインだったのでしょうか?また、このグレードの外装・エクステリアには、どのような特徴があったのでしょうか?

実車画像を使って、Xグレードの外装・エクステリアの特徴や魅力を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4 Xグレードの外装【実車画像でチェック】

2019年4月にデビューを果たしたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4の最廉価モデル”Xグレード”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■Xグレードの外装・エクステリア
グレード:ハイブリッドX

また、このXグレードの外装・エクステリアに用意されている各アイテムは、このようなデザインになっていました。

■Xグレードのタイヤ&ホイール

■ボディと同色のアウトドアハンドル

■ターンランプ付きのサイドミラー

■ブラック塗装のフロント&リヤバンパー

■LEDヘッドライト

■ワイドなデザインが特徴のリヤコンビネーションランプ

Xグレードのボディサイズは上位モデルと全く同じ!だけど、高級感が…

余計な加飾が施されておらず素の魅力を存分に楽しむ事ができる新型RAV4のXグレードですが、ボディサイズは、人気モデルの”Gグレード”や”GZパッケージ”と全く同じになっています。

■Xグレードのボディサイズ

全長:4,600mm
全幅:1,855mm
全高:1,685mm

ただ、フロントバンパーやリアバンパーにシルバー塗装のスキッドプレートを備えた上位モデルの”Gグレード”や”GZパッケージ”と比較すると、シンプルな見た目に…。

ちなみに、こちらがGグレードの外装・エクステリアです。

■Gグレードの外装・エクステリア

やっぱりGグレードの外装・エクステリアの方が、見た目の雰囲気・高級感がありますよね。

上位モデルのGグレードやGZパッケージは、街乗りにピッタリなアーバンスタイルのSUVっぽい高級感やスタイリッシュさがあります。ただ、シンプルな見た目のXグレードは、汚れや傷を気にしない、良い意味でタフギア感があるように感じました。

新型RAV4 Xグレードの外装の4つの特徴は?

このようなデザインになっていた新型RAV4の最廉価モデル”Xグレード”ですが、どのような特徴があるのでしょうか?

他のグレードとは異なるXグレードならではの魅力や特徴を、包み隠さず紹介したいと思います。

素の良さを味わえるフロントグリル

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の最廉価モデル”Xグレード”の外装・エクステリアの特徴の一つは、フロントグリルのデザインです。

他のグレードでは、ボディのカバーをするスキッドプレートが標準装備されていますが、このグレードでは、スキッドプレーが用意されておらずシンプルなままに…。

■Xグレードのフロントグリル

なので、他のグレードと見比べると、このクルマのフロントマスクはシンプルなデザインになっているように感じました。

また、フロントグリル内のデザインも注目ポイントの一つです。

蜂の巣のようなハニカムメッシュデザインになっているのは、Xグレードと他のグレードで同じになっています。

■ハニカムメッシュになっているXグレードのフロントグリル

ただ、他のグレードでは、ハニカムメッシュ部分がガンメタリック塗装になっていたのに対し、このXグレードでは、光沢感が無いシンプルなブラック塗装に…。

余計な加飾が無いこの無骨な見た目が、GグレードやGZグレードには無いXグレードの魅力の一つなのかなと思いました。

LEDヘッドライトを標準装備

クルマによっては、最廉価モデルの場合、コスパ重視でLEDヘッドライトではなく、シンプルなハロゲンのヘッドライトを搭載していることがありますよね。

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4は、最廉価モデル”Xグレード”でも、スタイリッシュなLEDヘッドライトを標準装備。

■Xグレードのヘッドライト

ブラック塗装を施したフロントグリルとの相性も良く、シャープな顔つきを演出しているような感じが…。また、このLEDヘッドライトのおかげで、安っぽさを感じない見た目・デザインになっているのも好印象でした。

ちなみに、この新型モデルでは、ハイブリッド車とガソリン車でヘッドライトのデザインに違いがあるので、ご注意を…。

>>> 【ハイブリッドvsガソリン】新型RAV4のヘッドライトの違いを実車画像で紹介

フロントフォグランプの用意はナシ

LEDヘッドライトを採用するなど、シンプルながらもスタイリッシュさも感じる外装・エクステリアになっている新型RAV4のXグレードですが、ちょっと残念だったのは、フロントフォグランプが標準装備されていなかった事です。

このXグレードのヘッドライトの真下にあるフォグランプガーニッシュ部分を確認してみると、このようなデザインに…。

グレードのフォグランプ周り

ただ、このクルマでは、ディーラーオプションでフロントフォグランプを用意しています。

なので、もしフォグランプを装着したいのなら、このようなディーラーオプションを活用すれば良いのかなと思いました。

ちなみに、ディーラーさんにお話を聞いたところ、、スイッチ一つでホワイト発光とイエロー発光に切り替える事ができる”バイカラーLEDフォグランプ”は人気が高く、売れ筋が良いようですよ。(オプション価格は59,076円です。)

>>> SUVらしいアイテムも多数用意!?新型RAV4のディーラーオプションの一覧

専用デザインのタイヤ&ホイールを用意

また、新型RAV4の最廉価モデルのXグレードでは、専用デザインのタイヤ&ホイールを標準装備しています。

■Xグレードのタイヤ&ホイール

このXグレードでは、シンプルなシルバーメタリック塗装が施された17インチサイズのタイヤ&ホイールを標準装備。

切削加工やクロームメタリック塗装が施された他のグレードのタイヤ&ホイールと見比べると、シンプルなデザインとなっています。

ただ、このシンプルさがSUVらしくて、良いと思いました。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の最廉価モデル”Xグレード”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

このXグレードは、シルバー塗装のタイヤ&ホイールやブラック塗装を施したフロントグリルを備えるなど、他のグレードと比較すると、シンプルなデザインに…。

ただ、他の最廉価モデルで感じるような商用車っぽさや安っぽいさは、一切ありません

街乗りに映えるGグレードやGZパッケージも良いですが、ゴツゴツとした無骨さがあるXグレードの方が好みと言う方も意外と多そうな感じが…。

また、300万円を切る車体本体価格(ガソリン車の場合)で、これだけの機能や装備を備えているのは、意外とお買い得感があって良いと思いました。

>>> 無骨でギア感が満載!?新型RAV4アドベンジャーの外装を実車画像で徹底解剖

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする