新型RAV4 Gグレードの外装【いちにを争う人気モデルを実車画像で徹底解剖】

2019年4月にデビューを果たしたトヨタの新型RAV4の中で特に人気が高いグレードが、装備と価格のバランスが取れた中核モデル”Gグレード/ハイブリッドG”です。

先日、人気モデルのGグレードの実車を見る事ができたのですが、最廉価モデルのXグレード/ハイブリッドXとは全く異なるデザインに…。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の人気モデル”Gグレード”の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、このモデルの外装には、どのような特徴があったのでしょうか?

実車画像を交えて、人気モデル”Gグレード”の外装・エクステリアを徹底レビューしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4 Gグレードの外装を実車画像でチェック

2019年4月にフルモデルチェンジして新発売された新型RAV4の中間モデルに位置をする”Gグレード/ハイブリッドG”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■Gグレードの外装・エクステリア

ボディサイズは、最廉価モデルのXグレード/ハイブリッドXや機能や装備が充実している最上位モデルのGZパッケージと全く同じになっています。

■Gグレードのボディサイズ

全長:4,600mm
全幅:1,855mm
全高:1,685mm

ただ、18インチのタイヤ&ホイール、フロントフォグランプなど様々な専用デザインのアイテムを装着しているGグレードは、最廉価モデルのXグレードよりも存在感が溢れるデザインになっていました。

新型RAV4 Gグレードの外装の各装備をチェック

このように最廉価モデルのXグレードと比較すると、高級感溢れるデザインになっている新型RAV4のGグレードですが、ヘッドライトやフォグランプなどの各アイテムのデザインは、どのようになっていたのでしょうか?

実車画像を使って、このGグレードの外装・エクステリアに備わっている各アイテムは、このようなデザインになっていました。

フロントグリル

新型RAV4の中間モデル”Gグレード”のフロントグリルは、このようなデザインになっています。

■Gグレードのフロントグリル

このGグレードでは、艶やかなガンメタリック塗装が施されたハニカムメッシュ状のフロントグリルを標準装備。

また、フロントグリルの下部には、ボディの下部を保護するスキッドプレートを標準装備。

■Gグレードに標準装備されているスキッドプレート

このスキッドプレートを備えたGグレードは、SUVならではのチカラ強さとスタイリッシュさを兼ね備えたフロントマスクになっていました。

ヘッドライト

今回私が見た新型モデルのハイブリッド車の最上位モデル”ハイブリッドG”のヘッドライトは、このようなデザインになっています。

■Gグレードのヘッドライト

また、ヘッドライトを点灯すると、このような感じになります。

■Gグレードのヘッドライトを点灯した時の様子

このGグレードでは、ハイブリッド車の最廉価モデルのハイブリッドXと同じデザインのバイビームタイプのLEDヘッドライトを標準装備。

ただ、ガンメタリック塗装が施されているフロントグリルと相まって、このハイブリッドGグのヘッドライトは、最廉価モデルのハイブリッドXのものよりもスタイリッシュさが際立っているように感じました。

ちなみに、ガソリン車のGグレードでは、私が見たハイブリッドGとは異なる”3灯式の”のLEDヘッドライトを標準装備しています。なので、ハイブリッド車のLEDヘッドライトと若干デザインが異なるので、ご注意を…。

>>> 【ハイブリッドvsガソリン】新型RAV4のヘッドライトの違いを実車画像で紹介

フォグランプ

このGグレードの注目の装備&アイテムの一つが、フロントフォグランプです。

最廉価モデルのXグレードでは良いされていなかったフロントフォグランプですが、中間モデルのGグレードから標準装備。

■Gグレードに標準装備されているフォグランプ

Gグレードに用意されているフォグランプを点灯してみると、このような感じに…。

■フォグランプを点灯した時の様子

やはりフォグランプが備わると、SUVらしさがグッと増しますね。

このようにXグレードでは標準装備されていないアイテムが標準装備されるのは、新型RAV4のGグレードの魅力の一つなのかなと思いました。

サイドミラー

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の中間モデルGグレードは、他のモデルと同様にウィンカー付きのサイドミラーを標準装備しています。

■Gグレードのサイドミラー

基本的なサイドミラーのデザインは他のグレードと同じになっているのですが、このGグレードでは、高速道路の車線変更をサポートしてくれる”ブラインドスポット モニター”が標準装備装備されています。

なので、サイドミラーの鏡面には、斜め後方のクルマを検知すると点灯するブラインドスポット モニターのインジケーターが備わっていました。

アウトドアハンドル

新型RAV4の中間モデルのGグレードの外装・エクステリアを確認していて良いと思ったのが、アウトドアハンドルです。

このグレードでは、最廉価モデルのXグレードとは異なり、キラリと輝くメッキモール付きのアウトドアハンドルを標準装備。

■メッキモール付きのアウトドアハンドル

そのおかげもあり、このGグレードのサイドスタイルは、最廉価モデルのXグレードよりも高級感のあるデザインになっていました。

リヤバンパー

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の中間モデルGグレードは、後ろ姿も特徴的です。その一つが、リヤバンパーです。

■Gグレードのリヤバンパー

Gグレードのリヤバンパーには、シルバー塗装が施されたスキッドプレートが標準装備。最廉価モデルのXグレードよりも高級感・上質感のある後ろ姿を演出していました。

テールゲート

また、この新型RAV4の中間モデル”Gグレード”の後ろ姿で印象的だったのが、テールゲートです。

■Gグレードのテールゲート

このGグレードでは、リヤガラスの下の部分にシルバー塗装を施したバックドアガーニッシュを標準装備。

■Gグレードのバックドアガーニッシュ

このバックドアガーニッシュが良いワンポイントアクセントになって、高級感・上質感のある後ろ姿を演出しているように感じました。

リヤコンビネーションランプ

新型RAV4の中間モデル”Gグレード”のリヤコンビネーションランプは、このようなデザインになっています。

■Gグレードのリヤコンビネーションランプ

スタイリッシュなデザインになっているこのGグレードのリヤコンビネーションランプですが、ヘッドライト同様、他のグレード共通のデザインとなっています。なので、他のグレードとなんら違いはありません。

ただ、左右のリヤコンビネーションランプを繋ぐようなデザインになているバックドアガーニッシュの影響もあり、車格に相応しい高級感を感じました。

タイヤ&ホイール

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の中間モデル”Gグレード”の外装・エクステリアの注目ポイントの一つは、専用デザインとなっているタイヤ&ホイールです。

■Gグレードのタイヤ&ホイール

このGグレードでは、スーパークロームメタリック塗装を施した18インチのホイールを標準装備。

メッキ塗装を施したアウトドアハンドルとの相性も良く、高級感&スタイリッシュさのあるサイドスタイルを演出しているように感じました。

また、Gグレードは、走破性とグリップ力に優れたSUV専用タイヤを標準装備しているのですが、なんと他のグレードと備わっているタイヤメーカー&ブランドに違いが…。

なので、乗り心地や走破性も他のグレードと若干違います。

他のグレードと全く異なる乗り味を演出するGグレード専用タイヤ&ホイールにも、注目をしてみてくださいね。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の人気モデル”Gグレード”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

フロントグリルやリヤのスキッドプレートやメッキモール付きのアウトドアハンドルなどを採用しているGグレードは、最廉価モデルのXグレードよりも高級感・上質感のあるデザインに…。

>>> こんなところにも違いが!?新型RAV4 XグレードとGグレードの外装比較

汚れや傷を気にしないで使い倒せる最廉価モデルのXグレードも良いですが、街中で映える洗練されたデザインのSUVを求めるのなら、Gグレードの方がピッタリなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする