新型RAV4 GZパッケージのタイヤ&ホイール【サイズやメーカーを解説】

新型RAV4のガソリン車の最上位モデルに位置をする”GZパッケージ”は、豪華&便利機能を数多く標準装備しているのが魅力のグレード。

また、タイヤ&ホイールも他のグレードと異なる専用デザインに…。

なので、GZパッケージの外装・エクステリアは、最廉価モデルのXグレードや中間モデルのGグレードよりもスタイリッシュな見た目になっていました。

そんな新型RAV4のGZパッケージのタイヤ&ホイールのデザインやサイズはどうだったのでしょうか?また、このGZグレードに備わっているタイヤメーカーは、どこだったのでしょうか?

ガソリン車の”GZパッケージ”に備わっているタイヤ&ホイールのデザインやサイズ、メーカーなどを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4 GZパッケージのタイヤ&ホイールのデザインを実車画像でチェック

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の最上位モデル”GZパッケージ”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■GZパッケージの外装・エクステリア

3灯式のLEDヘッドライトやメッキ加飾を施したアウトドアハンドル、クルマの前後に備え付けられたスキッドプレートなど、基本的な外装・エクステリアのデザインは、中間モデルのGグレードと同じになっています。

ただ、GグレードとGZパッケージでは、タイヤ&ホイールのデザインに違いが…。

そんなGZパッケージのタイヤ&ホイールのデザインを確認してみたところ、このようなデザインになっていました。

■GZパッケージのタイヤ&ホイール

ちなみに、中間モデルのGグレードのタイヤ&ホイールは、このようなデザインになっています。

■Gグレードのタイヤ&ホイール

GZパッケージとGグレードでは、全く異なるデザインのホイールですよね。

中間モデルのGグレードは、SUVらしいチカラ強さを強調したスポークを採用していたのですが、このGZパッケージは移転して、細めのスポークを採用した施したアルホイールを標準装備。

タイヤ&ホイールのデザインが異なるだけですが、Gグレードよりも最上位モデルの”GZパッケージ”の方が洗練された外装・エクステリアになっているように感じました。

また、このGZパッケージに標準装備されているホイールは、スーパークロームメタリック塗装が施されており、引き締まったサイドスタイルを演出しているのも印象的でした。

新型RAV4 GZパッケージのタイヤサイズをチェック

このようにスタイリッシュなデザインのタイヤ&ホイールを標準装備している新型RAV4の最上位モデル”GZパッケージ”ですが、タイヤサイズも注目ポイントの一つです。

このグレードのタイヤサイズを確認してみたところ、次のようになっていました。

■GZパッケージのタイヤサイズ

タイヤサイズ…19インチ(235/55R19)

このGZパッケージでは、中間モデルのGグレードよりも一回りサイズが大きい19インチのタイヤ&ホイールを標準装備。

競合車・ライバル車の一つマツダのCX-5は19インチサイズのタイヤを装着しているのですが、スバルの新型フォレスター(Forester)やホンダのCRV/CR-Vは、上位モデルでもタイヤサイズは、18インチなんですよね。

大きくてスタイリッシュなサイドスタイルを演出する19インチサイズのタイヤ&ホイールを標準装備しているのは、競合車・ライバル車には無い新型RAV4のGZパッケージの魅力の一つなのかなと思いました。

新型RAV4 GZパッケージは、通年使用できるオールシーズンタイヤを標準装備

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4のGZパッケージの実車を確認していて印象的だったのが、このモデルに備わっていたタイヤのメーカーとブランドです。

■GZパッケージに備わっているタイヤメーカー&ブランド

タイヤメーカー:ヨコハマタイヤ
タイヤブランド:AVID GT(エイビッド・ジーティー)

このGZパッケージでは、急な降雪や濡れた路面でも安心して走行できるヨコハマタイヤのオールシーズンタイヤ”AVID GT(エイビッド・ジーティー)”を標準装備。

なので、タイヤのサイドウォールには、オールシーズンタイヤを表す”M+S”が刻印されていました。

オールシーズンタイヤ”AVID GT(エイビッド・ジーティー)”の実力は?

そんな新型RAV4のGZパッケージに標準装備されている”AVID GT(エイビッド・ジーティー)”の実力を確認してみたのですが、ディーラーさん曰く、

「オールシーズンタイヤの”AVID GT(エイビッド・ジーティー)”は、街乗りにピッタリのタイヤ」

との事。

ディーラーさんによると、このGZパッケージに備わっているオールシーズンタイヤの”AVID GT(エイビッド・ジーティー)”の魅力の一つは、乾いた道だけではなく、雪の降り始めや溶け始めたシャーベット状の路面などにも対応しているキャパシティーの広さのようです。

急な降雪には強く、東京など年に1~2回程度しか雪が降らない地域(わざわざスタッドレスタイヤを履くまでもない地域)では、オールシーズンタイヤは、ピッタリとの事。また、ちょっとした泥道、ぬかるみなら走れるため、キャンプなどのアウトドアにも最適なタイヤのようです。

ちなみに、一つしたのモデル”Gグレード”では、オールシーズンタイヤの”AVID GT(エイビッド・ジーティー)”ではなく、オーソドックスなタイヤ(=サマータイヤ)を標準装備しています。

■Gグレードのタイヤ

>>> サイズ&メーカーが違う!新型RAV4 Gグレードの専用タイヤを徹底解説

このように備わっているタイヤの性能が異なるため、新型RAV4のGZパッケージとGグレードでは、イザと言う時の安心感が異なります。

急な降雪や濡れた路面にも強いオールシーズンタイヤを装着しているのは、他のグレードとは異なるこのGZパッケージの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の最上位モデル”GZパッケージ”では、ご覧の通り、他のグレードよりも一回り大きいタイヤ&ホイールを標準装備していました。

また、このグレードでは、舗装路や雨で濡れた路面、雪道、そしてぬかるんだ道など、路面状況を選ばずに走行する事ができるオールシーズンタイヤを標準装備。

雪道を走行中、スリップをして、ガードレールに衝突…。

このような事故に合いたくない方は、雪が路面に降り積もった時でも安心して走行する事ができるオールシーズンタイヤを備えているGZパッケージを選んだ方が無難かもしれませんね。

>>> 新型RAV4のタイヤ&ホイールはグレードで違う【全4種類を実車画像で徹底解剖】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする