競合車には無い機能も!?新型RAV4のエアコンの使い勝手&機能性レビュー

2019年4月にフルモデルチェンジをしたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4の内装・インテリアの注目のアイテム・装備の一つがエアコンです。

エアコンと言うと当たり前の機能と言うイメージを持つかもしれませんが、このクルマのエアコン/ヒーターには、競合車・ライバル車には用意されていない機能が…。また、SUVらしいタフギア感溢れるデザインになっているのも好印象でした。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4に用意されているエアコンは、どのような機能&性能を備えていたのでしょうか?また、競合車・ライバル車に用意されていなかった注目の機能は、何だったのでしょうか?

トヨタから新発売された新型SUVに備わっているエアコンの使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4のエアコンのデザイン&使い勝手インプレッション

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4のインパネ(ダッシュボード)に備わっているエアコンの操作パネルは、このようなデザインになっています。

■新型RAV4のエアコンの操作パネル

最近はエアコンの操作パネルをタッチパネルにしているクルマも多いですが、このクルマでは、大きなダイヤルが2つ備わっているダイヤル式のエアコンパネルを採用。

温度調節ができるダイヤルは溝が入ったゴム製になっており、タフギアっぽいデザインに…。

また、このゴム製のダイヤルは、サイズ感も丁度良く、競合車・ライバル車よりも握り心地が良いデザインになっていました。

左右独立式のフルオートエアコンを標準装備

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4は、運転席と助手席で温度を別々に設定する事ができる左右独立式のフルオートエアコンを全グレード標準装備。

左右独立式のエアコンが備わっているのは普通のことになっていきましたが、最廉価モデルのXグレードやハイブリッドXでも、運転席と助手席で別々に温度設定できる機能が用意されているのは、ちょっと凄いなと関心をしてしまいました。

後部座席にも送風口を用意

また、クルマを購入する際、後部座席の快適性を気にする方は多いと思いますが、この新型モデルでは、センターコンソールの後方にもエアコンの送風口を用意。

■後部座席用の送風口

後部座席にも直接冷たい空気を送り届けてくれるため、真夏の暑い日でも、快適に過ごせるようになっていたのは、好印象でした。

新型RAV4のエアコン【競合車・ライバル車にない面白い機能とは?】

このようにタフギア感溢れるデザインになっていた新型RAV4のエアコン/ヒーターですが、競合車・ライバル車には用意されていない便利な機能が備わっているのも注目の一つです。

このクルマのみに用意されているエアコン/ヒーターの面白い機能を包み隠さず紹介したいと思います。

Sフロー(S-FLOW)モード

競合車・ライバル車に用意されていないこのクルマのエアコン/ヒーターならではの機能の一つが、Sフロー(S-FLOW)モードです。

■Sフローモードスイッチ

このSフローモードとは、助手席や後部座席への送風を抑えて、運転席のみに集中する機能です。

先ほども紹介した通りこのクルマは、後部座席への送風口も用意されていますが、後部座席に乗車している人がいないのに、わざわざ後部座席に冷たい空気を送るのは、あまり意味がないですよね。

そんな時、運転席、フロントシート周りに冷たい空気の送風を集中できるのは、ガソリン代や燃費の節約やエコの観点から考え、とても良い機能だなと思いました。

エコ空調モード

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4のエアコン/ヒーターを確認してみて面白いと思った機能の一つが、エコ空調モードです。

■エコ空調モード

このエコ空調モードとは、その名の通り、エアコン/ヒーターを抑えて燃費を優先する機能です。

ドライブモードを”エコモード(ECO MODE)”に切り替えると、エアコンやヒーターを抑えた燃費優先にするクルマは良くありますが、このような”エコ空調モード”が独立して用意されているのは、ちょっと珍しいような感じが…。

私も実際にこのクルマを試乗している最中、このエコ空調モードスイッチを押してみたのですが、風量の設定を変えていないにも関わらず、聞こえてくるエアコンの風量が明らかにガクッと落ちた感じが…。

ただ、エコ空調モードでも、十分に冷たさや温かさを感じる事ができます。

なので、車内が十分に冷えたり、温まったりした後は、エコ空調モードに切り替えて、燃費優先のエコな運転をするのもアリなのかなと思いました。

2019年4月にフルモデルチェンジをしてトヨタから新発売された新型RAV4のエアコン/ヒーターのデザインや使い勝手は、このようになっていました。

このクルマのエアコンは、ダイヤル部分にゴムを使用したタフギア感が溢れるデザインに…。

また、競合車・ライバル車に用意されていない”Sフロー(S-FLOW)モード”や”エコ空調モード”を用意しているもの好印象でした。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、他のクルマに用意されていない”Sフロー(S-FLOW)モード”や”エコ空調モード”を確かめてみてくださいね。

>>> グレードによって違う!?新型RAV4のシートヒーター事情をチェック

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする