あると便利!?新型RAV4のトノカバーの使い勝手や収納時の様子を徹底解剖

2019年4月にデビューを果たしたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4では、ソフトタイプのトノカバーがディーラーオプションで用意されています。

純正オプションとして用意されているこのトノカバーは、使用しない時は、荷室・ラゲッジスペースの床下部分に収納できるなど、思ったよりも便利な感じが…

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4に用意されているトノカバーのデザインは、どのようになっていたのでしょうか?また、使い勝手や収納のしやすさは、どうだったのでしょうか?

ディーラーオプションとして用意されているこのクルマのトノカバーの使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4のトノカバーのデザイン&使い勝手をチェック

トヨタのミドルクラスSUV新型RAV4にオプションとして用意されている純正のトノカバーは、このようなデザインになっています。

■新型RAV4のトノカバー

この新型モデルに用意されているトノカバーは、手前に引き出すだけで簡単に荷物を目隠しすることができる”巻き取り式のソフトタイプ”を採用。

柔らかい布状の素材でできているため、トノカバーの上に荷物・アイテムを置くことができないのは、このソフトタイプのトノカバーの欠点・デメリットです。

ただ、巻き取り式となっているため、大きい荷物やアイテムを収納する際は、簡単に収納できるのは、このソフトタイプのトノカバーのメリットなのかなと思いました。

そんな新型モデルに用意されているロール式のトノカバーをシュルシュルと巻き取って収納すると、このような感じに…。

■新型RAV4のトノカバーを収納した時の様子

トノカバーを巻き取って収納すると、荷室・ラゲッジスペースが、かなりスッキリとします。

このクルマのトノカバーは、後部座席のシートバックのすぐ後方に設置されてる事もあり、トノカバーを巻き取って収納すると、トノカバーの存在が気にならないくらい広々と荷室・ラゲッジスペースを使用する事ができます。

大きい荷物を荷室・ラゲッジスペースに収納する時は簡単に巻き取る事ができるだけではなく、巻き取った状態にすると、一切邪魔に感じないのは、このクルマのトノカバーの魅力&メリットなのかなと思いました。

トノカバーを使用した状態での収納力も十分

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4にオプションとして用意されているトノカバーを確認して良いと思ったのが、収納力です。

この新型モデルでは、トノカバーを使用した状態でも、約500mmの荷室・ラゲッジスペースの高さを確保。

なので、普段使いで困る事はなさそうです。
また、トノカバーを使用した状態で、ゴルフバッグ2個程度なら収納でそうな感じが…。

トノカバーを収納すると、荷室・ラゲッジスペースの高さが制限されてしまうのが欠点・デメリットです。しかし、このクルマでは、トノカバーを使用した状態でも十分なサイズを確保しているため、使い勝手は良いように感じました。

新型RAV4のトノカバーの収納時の様子を実車画像でチェック

このように使い勝手に優れる新型RAV4のトノカバーですが、後部座席を収納して、大きい荷物を積み込む時や車中泊をする際は、床下収納(サブトランク)に収納する事ができます。

■新型RAV4の床下収納

>>> フォレスターやCRVよりも広い?新型RAV4の床下収納のサイズの計測してみた

このトノカバーを、荷室・ラゲッジスペースの床下部分(サブトランク)に収納するのは、とっても簡単です。

荷室・ラゲッジスペースの左右のプラスチック部分を取り外すと、凹みがあるので、その部分にトノカバーをスポッとはめるだけ。

■トノカバーを収納するための凹み

実際にこのクルマの床下収納(サブトランク)にトノカバーを収納してみると、このような感じに…。

■トノカバーを荷室の床下に収納した時の様子

ご覧の通り、このクルマのトノカバーは、荷室・ラゲッジルームの床下にピッタリと収納する事ができます。

取り外したトノカバーの置き場所って、意外と困るんですよね。

このようにトノカバーが必要無いときにカンタンに荷室・ラゲッジスペースの床下に収納できるようになっているのは、競合車・ライバル車にはないこのクルマの魅力の一つなのかなと思いました。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4のオプションとして用意されているトノカバーは、このようなデザインになっていました。

このクルマに用意されているトノカバーは、巻き取り式(ロール式)となっているため、大きい荷物を積み込む際は、簡単に収納でる使い勝手の良い作りに…。また、使わない時には、荷室の床下に収納することもでき、邪魔にならないのも好印象でした。

ちなみに、このクルマに用意されているトノカバーのオプション価格は、2万4840円となっています。

決して安い金額ではありませんが、荷室・ラゲッジスペースに積み込んでいる荷物を車外から覗かれたく無い方や直射日光から守りたい方は、オプション設定になっているトノカバーの購入を検討しても良いのかなと思いました。

>>> 使ってみて不便に感じたところとは?新型RAV4の荷室の3つ弱点・欠点

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする