ハイブリッドとガソリンで違う!?新型RAV4の後部座席の座り心地インプレ

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4のハイブリッド車とガソリン車では、外装や内装のデザイン&装備に違いがあります。

そんな新型モデルを試乗していて驚いたのが、後部座席です。

今回デビューをしたこのクルマは、ハイブリッド車とガソリン車で後部座席の作りに違いがありました。そのため、座り心地や乗り心地に若干の違いが…。

トヨタから新発売されたこの新型SUVのハイブリッド車とガソリン車の後部座席は、それぞれどのようなデザインになっていたのか?また、座り心地にどのような違いがあったのか?

実車画像を使って、新型RAV4のハイブリッド車とガソリン車の後部座席の違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4のハイブリッド車とガソリン車の後部座席の作りの違いをチェック

2019年4月にデビューを果たしたミドルクラスSUV新型RAV4のハイブリッド車とガソリン車の後部座席は、それぞれこのようなデザインになっています。

■ハイブリッド車の後部座席

■ガソリン車の後部座席

どちらもシートの中央にセンターアームレスト採用した6対4分割方式の後部座席を採用しており、パッと見た感じは同じです。

ただ、この2台のモデルの後部座席は、座面の厚み・クッション性に違いがありました。

こちらが、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4のガソリン車の後部座席の座面を横からみた様子です。

■ガソリン車の後部座席の座面

ガソリン車の後部座席を横から見ると、座面に十分な厚みがあり、フカフカとした座り心地が良さそうなデザインになっていました。

一方、こちらは、ハイブリッド車の後部座席の座面を横から見た時の様子です。

■ハイブリッド車の後部座席の座面

このように見比べると、新型RAV4のハイブリッド車とガソリン車では、シートの座面の形状・厚みが異なるのが一目瞭然ですよね。

ハイブリッド車は、後部座席の座面の下側に駆動用のリチウムイオンバッテリーを搭載していることもあり、ガソリン車とは全く異なる後部座席の作りに…。

また、実際にシートサイドの座面の厚みを確認したところ、ハイブリッド車は約700mmとなっており、ガソリン車と比較すると、座面が薄い造りになっていました。

新型RAV4 ハイブリッドとガソリン車の後部座席の座り心地の違いは?

フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4のハイブリッド車とガソリン車はこのように後部座席の作りが異なるため、座り心地や乗り心地も大きく異なりました。

私がこのクルマを試乗をして、後部座席の座り心地が良いと思ったのは、ガソリン車の方でした。

ガソリン車の後部座席の座り心地は、どんな感じだった?

ハイブリッド車よりも座面の厚みのあるガソリン車は、座った瞬間に座面がゆっくりと、そして、適度に沈み込み、お尻全体を柔らかく包み込んでくれます。なので、座り心地はとても良く、快適でした。

また、このガソリン車の後部座席の座面は、一点に体圧がかかるような座り心地ではないため、長時間ドライブをしても、お尻が痛くなったりすることなく、快適に過ごせるシート設計になっているように感じました。

ハイブリッド車の後部座席の座り心地は、どんな感じだった?

一方、新型RAV4のハイブリッド車の後部座席の座り心地は、どのような感じだったのでしょうか?

ハイブリッド車の後部座席に座ってみて、まず、最初に気になったのは、座面の沈み込みの少なさです。

ガソリン車では、モチモチとしたクッション性の良い座面が適度に座面が沈み込み、快適な座り心地を提供してくれるのですが、ハイブリッド車は、座った時の座面の沈み込みが甘いような感じが…。

なので、ハイブリッド車の後部座席では、ガソリン車で味わえたような体を包み込むようなフィット感を味う事はできません。

また、ハイブリッド車の後部座席の座面のクッションがガソリン車よりも薄いためか、硬い物の上に座っているような「底付き感」があります。なので、ハイブリッド車の後部座席に長時間座っていると、ちょっと疲れるような感じが…。

それだけではなく、デコボコ道や下からの突き上げ感も、ガソリン車よりもハイブリッド車の方がダイレクトに伝わってきます。

運転席の乗り心地・座り心地は、それ程大きく変わりませんでしたが、後部座席の座り心地に関しては、シートの座面が厚く、ホールド感が良いガソリン車の方が優れているように感じました。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4のハイブリッド車とガソリン車の後部座席は、それぞれこのようなデザインになっていました。

この2台のモデルの後部座席は作りが大きく異なるため、座り心地にも違いが…。

私が実際にこの2台のモデルの後部座席を確かめてみたところ、もっちりとしたきめ細やかな柔らかさでお尻を優しく包み込んでくれるガソリン車の方が、ハイブリッド車よりもワンランクもツーランクも乗り心地は良いように感じました。

このように新型RAV4のハイブリッド車とガソリン車の後部座席は、座り心地が大きく異なります。どちらのモデルを購入しようか迷っている方は、後部座席の座り心地や快適性にも注目をしてみてくださいね。

>>> ファミリカーとしてはイマイチ!?新型RAV4の後部座席の3つの欠点&デメリット

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする