新型RAV4アドベンチャーは専用タイヤを装着【サイズ&メーカーを確認してきた】

他のグレードよりもオフロード色が強いトヨタの新型RAV4のアドベンチャー(Adventure)の特徴の一つは、専用デザインとなっている大径タイヤ&ホイールです。

この大きなタイヤ&ホイールのおかげで、このアドベンチャー(Adventure)は、SUVらしさがグッと増しているような感じが…。

他のグレードよりもインパクトの強いアドベンチャー(Adventure)のタイヤ&ホイールは、どのようなデザイン&サイズ感だったのでしょうか?また、どこのメーカー&ブランドのタイヤを装着していたのでしょうか?

2019年4月にデビューを果たしたトヨタの新型RAV4アドベンチャーに標準装備されているタイヤ&ホイールのデザインやサイズ、メーカーなどを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4アドベンチャーのタイヤ&ホイールのデザインを実車画像でチェック

2019年4月にデビューを果たしたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4のオフロード仕様モデル”アドベンチャー(Adventure)”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■アドベンチャーの外装・エクステリア

このアドベンチャーは、ボディの前後に専用デザインのスカッドプレート(アンダーカバー)を標準装備するなど、SUVらしいチカラ強さを前面に押し出したデザインに…。

そんなアドベンチャー(Adventure)の足元に目を移してみると、タイヤ&ホイールは、このようなデザインになっていました。

■アドベンチャーのタイヤ&ホイール

このアドベンチャー(Adventure)は、オフロード仕様と言う事で、傷や汚れがついても気にならないゴツゴツとした本格派SUVらしいホイールデザインを採用していると思いきや、切削加工&ブラック&マットクリア塗装を施したスタイリッシュなアルミホイールを採用。

オフロードシーンをものともしないタフさが魅力のアドベンチャー(Adventure)ですが、都会も似合う洗練さも兼ね備えているように感じました。

新型RAV4アドベンチャーのタイヤサイズをチェック

このようにスタイリッシュなデザインのタイヤ&ホイールを装着している新型RAV4のアドベンチャー(Adventure)ですが、タイヤサイズは、どれくらいだったんでしょうか?

この新型アドベンチャー(Adventure)のタイヤサイズを確認してみたところ、次のようになっていました。

■アドベンチャーのタイヤサイズ

235/55R19

今回新発売された新型SUVのアドベンチャー(Adventure)では、19インチサイズのタイヤ&ホイールを標準装備。

ちなみに、このクルマの競合車・ライバル車の一つでもあるスバルのフォレスター Xブレイク(Forester X-BREAK)は、17インチサイズのタイヤ&ホイールを標準装備しています。

■フォレスター Xブレイク
サイズ:225/60R17

足元を引き締めるブラック塗装が施されたXブレイク(X-BREAK)のタイヤ&ホイールもカッコいいのですが、見た目の迫力は、19インチサイズのタイヤ&ホイールを装着しているアドベンチャー(Adventure)の方が圧倒的に上です。

また、Xブレイク(X-BREAK)よりも大きく、インパクトのあるホイールアーチモールも、アドベンチャー(Adventure)の足回りの迫力をより一層引き立たせているように感じました。

新型RAV4アドベチャーに備わっているタイヤメーカー&ブランドは?

また、新型RAV4のアドベンチャー(Adventure)の注目ポイントの一つが、装着されてるタイヤメーカー&ブランドです。

このクルマは、グレードによって装着されるタイヤメーカー&ブランドが異なるようなのですが、オフロード色が強めのアドベンチャー(Adventure)では、日本で初採用となっているヨコハマタイヤの”AVID GT(エイビッド・ジーティー)”を採用。

“AVID GT(エイビッド・ジーティー)”と言うタイヤについて、あまり聞き馴染みが無かったので、ディーラーさんに確認をしてみたのですが、このヨコハマタイヤのタイヤは、海外で発売されている新車に装着されているブランド=(OEMタイヤ)のようですね。

その海外用のタイヤブランド”AVID(エイビッド)”にヨコハマタイヤの主力製品である低燃費タイヤ”ブルーアース(BluEarth)”の技術を組み合わせたのが、この”AVID GT(エイビッド・ジーティー)”との事。

そのため、このアドベンチャーのタイヤのサイドを見てみると、このように”ブルーアース(BluEarth)”のマークが刻印されています。

なので、この”AVID GT(エイビッド・ジーティー)”は、優れた走行安定性能やグリップ力だけではなく、低燃費性能も期待できるようですよ。

AVID GT(エイビッド・ジーティー)は、突然の降雪時に実力を発揮をするマッド+スノータイヤ

そんな”AVID GT(エイビッド・ジーティー)”の特徴の一つが、雪や泥のある路面でもある程度のグリップ力を発揮をする”マッド+スノータイヤ”と言う事です。

タイヤの側面を見てみると、マッド+スノータイヤを表す”M+S”がしっかりと刻印をされています。

本格的なオフロード専用タイヤやスタッドレスタイヤとは異なり、路面が凍結している時のグリップ性能はあまり期待ができません。また、本格的なオフロードにも不向きです。

ただ、ちょっとした雪道や泥道は、難なく走破できるとの事。

時々、テレビのニュースなどで、関東の都市部で大雪が降って、クルマがスリップや立ち往生をしている映像をみかけますよね。

しかし、マッド+スノータイヤの”AVID GT(エイビッド・ジーティー)”を装着している新型RAV4のアドベンチャーは、一般的なタイヤ(=サマータイヤ)では困るようなシーンにもしっかりと対応。安心して運転ができるようですよ。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタの新型RAV4のオフロード仕様のアドベンチャー(Adventure)では、ご覧の通り、専用デザインの19インチサイズのタイヤ&ホイールを標準装備。

切削加工+ブラック+マットクリア塗装を施したこのアドベンチャーのホイールは、SUVらしいチカラ強さと洗練さを兼ね備えたオシャレなデザインとなっていました。

また、このアドベンチャーでは、年に1~2回の積雪には難なく対応できるマッド+スノータイヤの”AVID GT(エイビッド・ジーティー)”を標準装備。

マッド+スノータイヤを装着しているアドベンチャー(Adventure)は、オフロードを楽しみたい方だけではなく、「年に1~2回しか雪が降らないから、スタットレスタイヤは、ちょっともったいないな…。」と思っている方にも、ピッタリなグレードなのかなと思いました。

>>> 新型RAV4のタイヤ&ホイールはグレードで違う【全4種類を実車画像で徹底解剖】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする