本当に便利?新型ルークスのオートステップの魅力&欠点を徹底解剖

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産の新型ルークス(ROOX)は、ディーラーオプションでスライドドアの乗り降りを楽にしてくれる電動で展開/収納する”オートステップ”を用意しています。

このオートステップを装着すると、スライドドアまでの段差が小さくなるため、小さいお子さんや年配の方でも乗り降りがしやすくというメリットが…。

ただ、このオートステップを使ってみて、気になったこともありました。

ディーラーオプションで用意されているオートステップは、どのようなデザイン&使い勝手になっていたのでしょうか?また、この新型モデルに用意されているオートステップの欠点&デメリットは、何だったのでしょうか?

日産からデビューを果たしたスーパーハイト系ワゴン車新型ルークス(ROOX)に用意されているオートステップの特徴や魅力、欠点を余すところなく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ルークスのオートステップのデザイン&使い勝手をチェック

2020年3月にフルモデルチェンジヲして新発売をした日産の新型ルークス(ROOX)にオプションで用意されているオートステップは、このようなデザインになっています。

■新型ルークスのオートステップ

オートステップの使い勝手は良好

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のオートステップは、ちょうどスライドドアの真下の分に収納されており、スライドドアの開閉に連動して展開をします。

【日産ルークス オートステップ付】(ステップ付車)を紹介

この動画を見て頂ければ分かると思いますが、この新型モデルのオートステップはスライドドアの開閉に合わせて、スムーズに展開をしていってくれます。

また、閉会時は、スライドドアが閉じてからオートステップも自動的に収納されるようになっているのですが、オートステップを収納するまでの流れが非常にスムーズなのも好印象でした。

奥行きが広くて大人でも乗り降りがラクラク

そんな新型ルークス(ROOX)に用意されているオートステップで良いと思ったのが、大きさです。

■新型ルークスのオートステップのサイズ

奥行き:200m(ステップ自体の奥行きは185mm)
横幅   :450mm

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルに用意されているオートステップの奥行きは20.0cmもあり、大人が乗り降りをする際でも十分なサイズに…。

また、横幅も広いため、踏み外す心配がありません。

ちなみに、ディーラーさんの話によると、この新型モデルに用意されているオートステップの奥行きは、日産の人気ミニバン”セレナ(SERENA)”とまったく同じサイズになっているそうです。

軽自動車のオートステップと言うとサイズが小さいイメージがあったのですが、この新型モデルのステップは、小さいお子さんだけでなく、大人でも乗り降りがしやすいサイズになっているのは、とても良いと思いました。

大人が乗っても安心な頑丈設計

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のオートステップで良いと思ったのが、作りの良さです。

この新型モデルに用意されているオートステップの耐荷重は、110kgまでとなっています。

ただ、この新型モデルのオートステップには頑丈なスチールが使われているためか、体重が約70kgある私が乗ってもビクともしません。

大人が乗ってもビクともしない頑丈で安心感のある作りになっているのは、この新型モデルのオートステップの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

新型ルークスのオートステップの魅力&欠点とは?

このようなデザインになっている新型ルークス(ROOX)のオートステップですが、実際に使用してみると、やはり便利です。

ただ、実際に使用してみると、気になるところもありましたが…。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型モデルに用意されているオートステップの魅力は、何だったのでしょうか?また、欠点&デメリットは、何だったのでしょうか?

実際に使用してみて分かったこの新型モデルのオートステップの魅力と欠点を、包み隠さずお話したいと思います。

乗り降りしやすい絶妙な高さ【オートステップの魅力1】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)に用意されているオートステップの魅力&メリットの一つは、何といっても乗り降りのしやすさです。

この新型モデルのスライドドアのステップ高(開口部の下端の高さ)は、360mmとなっており、スーパーハイト系ワゴン車の中では標準的なレベルになっています。

■新型ルークスのスライドドア

しかし、小さいお子さんや足腰に不安がある年配の方が乗り降りをするには、このクルマのスライドドアのステップ高は、少し高いんですよね。

この新型モデルは、乗り降りをする際に使用するグリップも位置も高くなっていますし…。

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)に用意されているオートステップは、地面とスライドドアの開口部のちょうど中間あたりにステップが配置されます。

■新型ルークスのオートステップの高さ

地上からのステップまで高さ            :170mm(2WD)/195mm(4WD)
ステップからスライドドアまでの高さ:195mm

地上からステップまでの高さの170mmと言うと、500mmのジュースの缶の高さと、だいたい一緒です。

このように考えると、この新型モデルに用意されているオートステップが、いかに低いかわかりますよね。

小さいお子さんや年配でも安心して乗り降りをすることが乗降性の良さは、このクルマに用意されているオートステップの最大の魅力なのかなと思いました。

ハンズフリー機能が非対応【オートステップの欠点1】

乗り降りがしやすくなる新型ルークス(ROOX)のオートステップですが、欠点&デメリットもあります。

その一つが、足の出し入れでスライドドアを開け閉めするハンズフリー機能が未装着になることです。

ハンズフリーオートスライドドアの使い方【新型ルークス】ポイント

この新型モデルでは、オートステップを備えると、足の動きを検知するハンズフリーのセンサーをクルマの下部に装着することができないためか、助手席側は、ハンズフリー機能が未装着になり、スマートキーや運転席のところにあるスイッチで開閉をする普通のオートスライドドアになります。

オートステップを装着すると、この新型ルークス(ROOX)の魅力の一つでもある”ハンズフリー機能”は、装着することができないので、ご注意くださいね。

狭い駐車場では使いにくい【オートステップの欠点2】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のオートステップを実際に使ってみて気になったころの一つは、オートステップを使うことで、逆に乗り降りがしにくくなる場合があるということです。

その一つが、隣との車間距離が狭い駐車場です。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)に用意されているオートステップを使用すると、横へ約20cmほど張り出すことになります。

隣に停車しているクルマとの距離が近い場合は、大きく張り出すオートステップが邪魔で逆に乗り降りがしにくくなる場合が…。

また、隣に停車しているクルマや壁と距離が近すぎる場合は、サイドに張り出すオートステップがぶつかる可能性も…。

このようにオートステップが装着される助手席側の隙間を気にしないといけないのも、装着する上の欠点&デメリットの一つなのかなと思いました。

まとめ:乗り降りを楽にしてくれる新型ルークスのオートステップ

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)に用意されているオートステップのデザインや使い勝手は、このようになっていました。

メーカーオプションで用意されているオートステップはサイズも大きく、頑丈な作りになっているため、使い勝手はかなり良いです。

なので、小さいお子さんや足腰に不安のある年配がいる方には、とても良いアイテムだと思います。

ただ、ハンズフリー機能が使えなくなるなどの、欠点&デメリットもあるので、装着する際には、気を付けてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする