新型ルークス ハイウェイスターの外装はココが凄い【実車画像で特徴や魅力を紹介】

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産のスーパーハイト系ワゴン車新型ルークス(ROOX)は、上位モデルに位置をするハイウェイスターと標準モデルの2つのタイプをラインナップしています。

新型モデルの上位モデル”ハイウェイスター(HighwaySTAR)”は、高速道路の運転を楽にしてくれるプロパイロット機能など、軽自動車とは思えない魅力的な機能や装備を搭載しています。

また、スタイリッシュで洗練されたデザインになっているの印象的でした。

そんな新型ルークス(ROOX)の上位モデル”ハイウェイスター”の外装・エクステリアのは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、ハイウェイスターの外装には、どのようなアイテム&装備を備えていたのでしょうか?

スタイリッシュなフロントマスクが魅力のハイウェイスター(HighwaySTAR)の外装・エクステリアの特徴や魅力、注目ポイントを余すところなく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ルークス ハイウェイスターの外装をチェック

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の上位モデルに位置をするハイウェイスターの外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■ハイウェイスターの外装

先代よりも迫力が増したフロントマスク

先代モデルにあたる新型デイズルークス(DAYZ ROOX)の上位モデル”ハイウェイスター”は、押し出し感を控えめにした上品なフロントマスクが特徴でした。

■先代モデルのハイウェイスター

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルのハイウェイスター(HighwaySTAR)は、シャープな形になったVモーショングリルを強調した迫力のあるデザインに…。

■新型ルークスのハイウェイスター

また、ボディ下部の両サイドに”くの字型”のシグネチャーランプを配したこの新型モデルのハイウェイスターは、先代モデルよりも安定感とワイド感のあるデザインになっているのも印象的でした。

スポーティーさを強調したサイドスタイル

そんな新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターの外装・エクステリアで印象的だったのは、サイドスタイルです。

先代モデルは、視界や運転のしやすさを優先したためか、サイドウィンドウの下端(ベルトライン)を低くして、ガラスエリアを広くとっていたんですよね。

■先代モデルのサイドスタイル

そのため、見た目のスタイリッシュさ&スポーティーさにに関しては、イマイチでした。

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルのハイウェスターは、サイドウィンドウを下端を先代モデルよりも高めに設定。

■新型ルークスのサイドスタイル

そのおかげもあり、新型モデルのハイウェイスター(HighwaySTAR)はバランスが良くなり、先代モデルよりもスポーティーなサイドスタイルになっていました。

このスポーティーさが増したサイドスタイルも、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の上位モデル”ハイウェイスター”の魅力の一つなのかなと思いました。

新型ルークス ハイウェイスターのグレードの特徴は?

このようにスタイリッシュなデザインに生まれ変わった新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターですが、3つのグレードを用意しています。

■ハイウェイスターの3つのグレード

・ハイウェイスターX
・ハイウェイスターXプロパイロット エディション
・ハイウェイスターGターボ プロパイロット エディション

このように3つのグレードを用意しているこの新型モデルのハイウェイスター(HighwaySTRA)ですが、どのような特徴や魅力があるのでしょか?

この新型モデルのハイウェイスターに用意されている3つのグレードの特徴や違いを紹介したいと思います。

プロパイロット機能が備わっていないハイウィスターX

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターXは、このようなデザインになっています。

■ハイウェイスターXの外装・エクステリア

このハイウェイスターXは、LEDヘッドライトやフロントフォグランプ、14インチサイズのアルミホイールを備えるなど、軽自動車としては十分な機能や装備を備えています。

ただ、3つ用意されているグレードの中で唯一プロパイロット機能を搭載していないモデルとなっています。

また、ハイウェイスターXは、唯一アダプティブLEDヘッドライトを備えていないモデルと言うこともあり、上位の2つのグレードとは異なるフロントマスクになっていました。

ノンターボ車の最上位のハイウィスターXプロパイロット

新型ルークス(ROOX)のノンターボ車の最上位に位置をするのが、プロパイロット機能を備えた”ハイウェイスターXプロパイロット エディション”です。

■ハイウェイスターXプロパイロットの外装

このハイウェイスターXプロパイロット エディションは、プロパイロットが装着していない仕様のハイウェイスターXと同様に14インチサイズのタイヤを標準装備。

ただ、ハイウェイスターXプロパイロット エディションは、対向車や前走車、周囲の明るさによって照射範囲を自動的に調整をするアダプティブLEDヘッドライトを標準装備。

そのおかげもあり、プロパイロットが装着していない仕様のハイウェイスターXとは、異なるフロントマスクになっていました。

ちなみに、ハイウェイスターXのプロパイロット仕様とプロパイロットレス仕様の外装・エクステリアの違いは、こちらの記事にまとめてあります。

「えっ…ここも違うの?」と言うところもあるので、気になる方は、こちらの記事をチェックしてみてくださいね。

唯一のターボ車のハイウェイスターGターボ

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の中で唯一ターボエンジンを搭載しているのが、”ハイウィスターGターボ プロパイロット エディション”です。

■ハイウェイスターGターボの外装

最上位モデルに位置をするハイウェイスターGターボでは、ハイウェイスターXよりも一回り大きい15インチサイズの専用タイヤ&ホイールを標準装備。

■ハイウェイスターGターボのタイヤ

また、ターボエンジンを搭載しているにも関わらず、ノンターボ車のハイウェイスターXプロパイロット エディションとの価格差が小さいのも魅力の一つなのかなと思いました。

ちなみに、ハイウェイスターGターボの外装・エクステリアの詳細レビューに関しては、こちらの記事にまとめてあります。

Gターボのみに用意されている専用アイテムなどハイウェイスターGターボの魅力や良さをもっと知りたい方は、こちらの記事を確認してみてくださいね。

新型ルークス ハイウェイスターの外装はココが凄い

このように3つのグレードを用意している新型ルークス(ROOX)の上位モデル”ハイウェイスター(HighwaySTAR)”ですが、どのような特徴&魅力を備えていたのでしょうか?

ハイウェイスター(HighwaySTAR)の外装・エクステリアの特徴や魅力、注目ポイントを分かりやすく紹介したいと思います。

趣向を凝らしたフロントマスク【ハイウェイスターの魅力1】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターの注目ポイントの一つは、趣向を凝らしたフロントマスクです。

日産車のアイコンでもあるVモーショングリルが際立っているハイウェイスターのフロントマスクですが、その一つが、フロントグリルです。

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこのこの新型モデルのハイウェイスター(HighwaySTAR)では、蜂の巣のようなデザインをした【ハニカムメッシュ構造】を採用しています。

■ハイウェイスターのフロントマスク

ハニカムメッシュを採用したハイウェイスターのフロントグリルをよ~~く見てみると、上より下の方が網目が大きいデザインに…。

そのおかげもあり、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターのフロントマスクは、競合車・ライバル車よりも精巧さが漂うフロントマスクになっていました。

また、ヘッドライトも、ハイウェイスターの注目ポイントの一つです。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のプロパイロット機能を搭載したモデルでは、ライト消灯時は、普通のメッキパーツなのに、ライトを点灯すると、メッキ部分が輝く白く輝くハーフクロームメッキを標準装備。

■ライト消灯時のハーフクロームメッキ

■ライト点灯時のハーフクロームメッキ

このように細部までこだわった作りになっていのは、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターの良いところの一つなのかなと思いました。

競合車にはない機能や装備が充実【ハイウェイスターの魅力2】

また、競合車・ライバル車にはない機能や装備が備わっているのも、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターの魅力の一つです。

競合車・ライバル車にはないこのモデルならではのアイテムの一つが、ヘッドライトのアダプティブ機能です。

プロパイロットが装着されているモデルのみになってしまうのですが、前走車や対向車を検知して照射範囲を自動的に調整してくれるアダプティブ機能付きのヘッドライトが標準装備されているのは、このハイウェイスターのみです。

■ハイウェイスターのアダプティブ機能付きのヘッドライト

また、足の動きを検知して、スライドドアを自動的に開けしてしてくれるハンズフリーオートスライドドアを運転席側に備えているのも、このクルマのみです。

このように競合車・ライバル車にはない機能や装備をたくさん備えているのは、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

まとめ:見た目だけではなく機能も進化した新型ルークス ハイウェイスター

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の上位モデルに位置をする”ハイウェイスター”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

新しく生まれ変わった新型モデルのハイウェイスターは、先代モデルからイメージを一新して、スタイリッシュで迫力のある見た目に…。

また、ハイウェイスター(HighwaySTAR)は、プロパイロット機能やアダプティブ機能付きのLEDヘッドライトなど、競合車・ライバル車にはない機能や装備が充実しているのも印象的でした。

ハイウェイスターは、下位モデルに位置をする標準モデルと比較すると、やはり高めの価格設定になっています。ただ、ハイウェイスターに備わっている機能や装備を考えると、このくらいの金額になってしまうのは、仕方ないのかもしれませんね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする