日産のSOSコールってどんな時に使うの?【料金や使い方、使用条件などを徹底解説】

日産車と言えば、アラウンドビューモニターやプロパイロット機能などの快適な運転をサポートしてくれる安全装備が有名ですが、最近、特に注目を集めているのが、情報通信技術を活用した自動緊急通報サービスのSOSコール(ヘルプネット)です。

デイズ(DAYZ)を皮切りに様々な日産車に搭載されている”SOSコール(ヘルプネット)”は、事故にあった時だけではなく、今、問題になっている”あおり運転”の時も使えると言うこともあり、装着率は、かなり高いようです。

そんな日産車に搭載されている”SOSコール(ヘルプネット)”は、どのような機能なのでしょうか?また、この”SOSコール(ヘルプネット)”を使うのに年会費や月額料金などは、かかるのでしょうか?

最近、特に注目を集めている日産の自動緊急通信サービス”SOSコール(ヘルプネット)”の使い方や料金、使用条件などを徹底解説したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

日産のSOSコール(ヘルプネット)ってどんな機能?

日産の人気軽自動車”デイズ(DAYZ)”をはじめ様々なクルマに搭載され始めている”SOSコール(ヘルプネット)”とは、急病人や事故が発生した時に専用のオペレーターと連絡をとることができる機能です。

SOSコールのご紹介(株式会社日産サティオ富山)

このように緊急時に重宝をする”SOSコール(ヘルプネット)”ですが、専用のオペレーターに連絡する方法には次の2つを用意していました。

SOSスイッチで手動で連絡【専用オペレーターへの連絡方法1】

デイズ(DAYZ)やルークス(ROOX)などのSOSコール搭載モデルでは、ルームミラー後方に”SOSコールスイッチ”を設置しており、緊急時、手動で専用のオペレーターに連絡することが可能です。

■SOSコールスイッチ

車内で急病人が出た時やあおり運転を受けた際、このスイッチを押すと、専用のオペレーターにつながるとともに、クルマの位置情報が伝わり、適切なアドバイスとサポートを受けることができます。

ちなみに、こちらは、実際にSOSコールを使った方の動画なのですが、クルマの位置を確認して、専用のオペレーターの方から警察に連絡をしてくれているのが分かると思います。

日産「DAYZ」SOSコール体験 #日産あんばさだー

あおり運転を受けた際、1人で運転をしていると警察に連絡をするは難しいですが、オペレーターの方から管轄の警察、消防に連絡をしてくれるのは助かりますよね。

また、初めて運転する場所だと自分の位置情報を伝えるのが難しいですが、この”SOSコール(ヘルプネット)”では位置情報が自動的に伝わるのも、魅力の一つなのかなと思いました。

自動的に接続【専用オペレーターへの連絡方法2】

また、日産の”SOSコール(ヘルプネット)”では、エアバッグが展開するレベルの事故が発生すると、その場所や時間、車両のデータを送るとともに、自動的に専用のオペレーターに接続するようになっています。

そして、専用オペレーターからの問い掛けにドライバーや同乗者の応答がない場合、自動送信されたGPS位置情報などのデータを元にオペレーターの方から警察や救急車を手配してくれます。

また、ドライバーや同乗者のケガの状態やエアバッグの開閉状況によっては、消防本部や救急病院などと連携してドクターヘリやドクターカーなどの派遣も要請してくれるようです。

事故に遭った際、専用のオペレーターが状況に応じてスムーズな対応してくれるのは、この”SOSコール(ヘルプネット)”の魅力の一つなのかなと思いました。

日産のSOSコールの料金はいくら?【年会費&オプション代を紹介】

クルマを運転する際の”守り神”の存在のSOSコール(ヘルプネット)ですが、使用するためには、年会費が必要です。

また、デイズ(DAYZ)などモデルによっては、SOSコール(ヘルプネット)がメーカーオプション設定になっているため、オプション料金が必要になる場合も…。

そんな日産の自動緊急通報サービス”SOSコール(ヘルプネット)”を使用するに必要な料金&コストを紹介したいと思います。

SOSコールの使用料はいくら?

日産車に搭載されている自動緊急通報サービス”SOSコール(ヘルプネット)”を使用するには、オペレーターサービス料として3,300円の年会費が必要となります。

ただ、新車購入1年目はこのオペレーターサービス料が無料になるので、3,300円の年会費が必要になるのは、2年目からですよ。

ちなみに、ホンダも”ホンダ コネクト(Honda CONNECT)”と言う”SOSコール(ヘルプネット)”に似たようなサービスを用意しているのですが、ホンダの場合は、月額で550円~となっています。

このように考えると、日産の”SOSコール(ヘルプネット)”のこの年会費は、かなりお手頃なのかなと思いました。

SOSコールのメーカーオプション代は?

また、新型デイズ(DAYZ)や新型ルークス(ROOX)の一部グレードでは、SOSコールはメーカーオプション設定になっているため、オプション代がかかります。

このSOSコールのメーカーオプション価格は、3万3000円(税込み)とのこと。

意外と安いと思いませんか?

オプション価格の安く、気軽に装着することができるのも、日産のSOSコール(ヘルプネット)の魅力の一つなのかなと思いました。

SOSコールを装着する時の注意点

このようにリーズナブルな価格設定になっている日産のSOSコール(ヘルプネット)ですが、装着するにはいくつか条件があります。

その一つが、ナビです。

このSOSコール(ヘルプネット)を使用するためには、日産コネクト(Nissan Connect)に対応日した純正のナビゲーションシステムと日産オリジナルナビ取付パッケージがとなります。(※モデルによっては、日産オリジナルナビ取付パッケージは標準装備となっています。)

■日産の純正ナビ

元から日産の純正ナビを装着しようと思っていた方は、それほど気にならないかと思いますが、市販のナビを装着しようと思っていた方には、純正ナビが必要と言うのは、少し残念なお知らせですよね。

また、日産コネクト(Nissan Connect)に申し込まないといけないのも、注意点の一つです。

実は緊急時に専用のオペレーターがサポートしてくれる”SOSコール”は、インターネットを活用した日産の通信サービス”日産コネクト(Nissan Connect)”に含まれるサービスの一部なんですよね。

なので、SOSコールを使用するためには、日産コネクト(Nissan Connect)に申し込む必要があるので、ご注意くださいね。

SOSコールを装着できる日産車は?

イザという時の安全性を高めてくれる日産のSOSコール(ヘルプネット)ですが、現在のところ、どのクルマに搭載されているのでしょうか?

2020年9月現在のところ、日産の自動緊急通報サービス”SOSコール(ヘルプネット)”が搭載されているクルマは、次の3台です。

■SOSコールが搭載されている車種(2020年9月現在)

・キックス(KICKS)
・ルークス(ROOX)
・デイズ(DAYZ)

現在のところ自動緊急通報サービス”SOSコール(ヘルプネット)”が搭載されているクルマは3台とまだ少なめですが、ディーラーさんの話によると、SOSコール搭載車は、これからどんどんと増えていく予定のようですよ。

まとめ:緊急時の強い味方になる日産のSOSコール

デイズ(DAYZ)やルークス(ROOX)などに搭載されている日産の自動緊急通報サービス”SOSコール(ヘルプネット)”は、このような機能になっていました。

この”SOSコール(ヘルプネット)”は、使わずに済むのなら、それに越したことはありません。ただ、事故に遭った時は、これほど頼りになる存在はありません。

また、大事故につながる可能性もある”あおり運転”に対応してくれるのも、この”SOSコール(ヘルプネット)”の魅力の一つです。

“SOSコール(ヘルプネット)”を使用するには、純正ナビを装着しないといけないなど様々な条件はありますが、イザという時のことを考えると、是非とも装着しておきたいアイテムの一つなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする