新型ルークスの後部座席は便利で居心地は良い【機能や装備を徹底解説】

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の魅力の一つは、広々した後部座席の足元空間の広さですが、機能や装備も見逃せません。

この新型モデルの後部座席まわりには、競合車・ライバル車にはない機能や装備が用意されており、居心地の良い空間に…。

そんなの新型モデルの後部座席のまわりには、どのような機能&装備を備えていたのでしょうか?また、後部座席まわりに用意されている機能や装備の使い勝手は、どうだったのでしょうか?

日産が技術の粋(すい)を集めて開発をした新型ルークス(ROOX)の後部座席まわりに用意されている機能や装備を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ルークスの後部座席のデザインをチェック

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の後部座席は、このようなデザインになっています。

こちらは、親しみやすいカジュアルなデザインが特徴の標準モデルの後部座席です。

■標準モデルの後部座席

標準モデルの後部座席は、ベージュとグレーを混ぜ合わせた”グレージュ”をシートカラーに採用。

グレージュのシートを採用した標準モデルは、あたたかく優しい雰囲気がただようお洒落な車内空間になっていました。

一方、こちらは、新型ルークス(ROOX)の上位モデルに位置をする”ハイウェイスター(HighwaySTAR)”の後部座席です。

■ハイウェイスターの後部座席

上位モデルに位置をするハイウェイスター(HighwaySTAR)は、ブラックを基調にダークブルーをアクセントカラーに使用したシックなデザインに…。

そのおかげもあり、ハイウェイスター(HighwaySTAR)の後部座席の居住スペースは、標準モデルよりもひと回り狭く感じました。

5対5分割方式の後部座席を採用

このように後部座席のデザインが異なる新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターと標準モデルですが、どちらも5対5分割方式を採用しています。

そのため、運転席側と助手席側で別々に後部座席の位置をスライドしたり、背もたれの角度を調節することが可能です。

■後部座席をスライドした時の様子

■後部座席の背もたれの角度を調整した時の様子

ご覧の通り、今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルは、ハイウェイスター/標準モデルどちらも使い勝手の良い後部座席を標準装備。

また、この新型モデルの後部座席は320mmにも達するロングスライド機能を備えており、大人でもゆったりと快適に過ごせるだけの足元空間(ニークリアランス)を備えているのも好印象でした。

新型ルークスの後部座席まわりの装備や機能をチェック

このように大人でも快適に過ごせるようになっている新型ルークス(ROOX)の後部座席ですが、快適に過ごすための機能や装備が充実しているのも魅力の一つです。

そんな新型モデルの後部座席まわりには、どのようなアイテム・装備が用意されていたのでしょうか?

実車画像を使って、この新型モデルの後部座席まわりに用意されている機能や装備を、包み隠さず紹介したいと思います。

リヤサーキュレーター【新型ルークスの後部座席の装備1】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の後部座席まわりの用意されている機能や装備の一つが、メーカーオプションとして用意されている”リヤサーキュレーター(リヤシーリングファン)”です。

■新型ルークスのリヤサーキュレーター

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のようなスーパーハイト系ワゴン車の欠点&デメリットの一つは、エアコンをMAXにしても、エアコンの涼しい風が後部座席まで届かないことです。

なので、真夏の炎天下ではフロントシート付近は涼しいのに、後部座席まわりは暑いまま…なんてこともしょっちゅうです。

しかし、この新型モデルでは、リヤサーキュレーター(リヤシーリングファン)が、アコンの冷たい空気を後部座席側にまんべんなく送り届けてくれるため、真夏の暑い日でも快適に過ごすことができます。

また、これは本来の使い方ではないのかもしれませんが、リヤシーリングファンの送風口を自分の方向に向けると、扇風機のように身体に直接風をあてて涼む…なんてこともできちゃいます。

このように真夏の暑い時でも快適に過ごせるのは、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

シートバックテーブル【新型ルークスの後部座席の装備2】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、引き上げて使用する”シートバックテーブル”をメーカーオプションで用意をしています。

■新型ルークスのシートバックテーブル

この新型モデルに用意されているシートバックテーブルは、ドリンクホルダーが2個、そして、コンビニフック1つ備わったシンプルなデザインに…。

ただ、エントリーモデルに位置をする”Sグレード”以外のすべてのグレードにシートバックテーブルを装着できるようになっていたのは、この新型モデルの良いところだと思いました。

USBポート【新型ルークスの後部座席の装備3】

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、助手席側のシートバックにUSBポートを用意しています。

■新型ルークスのUSBポート

このUSBポートもメーカーオプション設定となっているのですが、後部座席に乗車する人のためにUSBが用意されているのは、嬉しいですよね。

また、この新型モデルでは、スマホやiPhoneを収納するための小型ポケットを助手席側のシートバックの上部に用意しているのも好印象でした。

■新型ルークスのスマホ用ポケット

ロールサンシェード【新型ルークスの後部座席の装備4】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、引き出して使用をするロールサンシェードをメーカーオプションで用意しています。

■新型ルークスのロールサンシェード

この新型モデルに用意されているロールサンシェードは、日差しの眩しさや暑さを和らげるだけではなく、車内を様子を見えにくくする目隠し用としても重宝しそうな感じが…。

また、ロールサンシェードを使用していない時は、窓枠内にスッポリと収まり目立たないのも好印象でした。

まとめ:機能や装備が充実している新型ルークスの後部座席まわり

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の後部座席まわりのデザインや装備を確認したところ、このようになっていました。

この新型モデルの後部座席には、リヤサーキュレーターやシートバックテーブルなど使い勝手の良いアイテムが盛り沢山。

座り心地でちょっと気になるところもありますが、日産の新型ルークス(ROOX)の後部座席の居心地の良さは、スーパーハイト系ワゴンの中でも特に優れているのかなと感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02