新型ルークスのグレード全5種類【価格や特徴、注目ポイントを分かりやすく紹介】

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産のスーパーハイト系ワゴン車の新型ルークス(ROOX)は、ハイウェイスター/標準モデルあわせて5つのグレードを用意しています。

■新型ルークスの5つのグレード

・標準モデル Sグレード
・標準モデル Xグレード
・ハイウェイスターX
・ハイウェイスターXプロパイロット エディション
・ハイウェイスターGターボ プロパイロット エディション

ただ、この新型モデルに用意されている5つのグレードは、外観のデザインだけではなく、機能や装備に大きな違いがあります。

そんな新型モデルのそれぞれのグレードの外装や内装は、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、どのような機能や装備を備えていたのでしょうか?

日産からデビューを果たした新型ルークス(ROOX)の各グレードの車体本体価格や特徴、注目ポイントをどこよりも分かりやすく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

目次

エントリーモデルに位置をするSグレード【新型ルークスのグレード紹介】

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の最廉価モデルに位置をしているのが、Sグレードです。

■Sグレードの車体本体価格

2WD…1,415,700円
4WD…1,549,900円

そんな新型モデルの最廉価モデルに位置をするSグレードは、次のような特徴がありました。

基本的な外装のデザインはXグレードと同じ

エントリーモデルに位置をする新型ルークス(ROOX)のSグレードですが、ハロゲンのヘッドライトや14インチのスチールホイールを備えるなど、基本的な外装・エクステリアのデザインは上位モデルに位置をする”Xグレード”と大きな違いはありません。

■Sグレードの外装

■Xグレードの外装

そのおかげもあり、外見をパッと見ただけでは、SグレードとXグレードの見分けがつかないようになっていました。

スライドドアの開閉は両側手動式

そんな新型ルークス(ROOX)の最廉価モデル”Sグレード”の特徴的なアイテムの一つが、スライドドアの開閉方法です。

上位モデルでは、ハンズフリーオートスライドドアが標準装備されていますが、このSグレードでは、運転席側/助手席側どちらも手動で開閉するタイプのスライドドアを標準装備。

小さいお子さんがいるご家庭では、ハンズフリーオートスライドドアが標準装備されている上位モデルの方が良いのかなと思いました。

内装に用意されている機能や装備は非常にシンプル

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の最廉価モデル”Sグレード”では、アイボリーを基調にした柔らかいデザインの内装・インテリアを採用しています。

女性に好まれそうなナチュラルテイストな車内空間になっているSグレードの内装・インテリアですが、「やはり最廉価モデルだな…。」と、感じたところも…。

その一つが、エンジンスターターです。

このSグレードでは、プッシュ式のエンジンスターターを備えたスマートエントリーではなく、鍵を差し込んで回してエンジンを立ち上げる従来通りの手法を採用。

また、エアコンもフルオート式ではなく、シンプルなマニュアル式となっています。

車体本体価格が安いぶん、他のグレードよりも機能や装備面で劣るのが、このSグレードの特徴の一つなのかなと思いました。

安全装備は充実

そんな新型ルークス(ROOX)の最廉価モデル”Sグレード”の注目ポイントの一つが、安全装備です。

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルのSグレードでは、自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)や踏み間違え防止アシスト、全車速対応のクルーズコントロールなど、上位モデルと同等の安全装備システムを標準装備。

最廉価モデルの”Sグレード”でも国内トップクラスの安全装備を備えているのは、このグレードの良いところの一つなのかなと思いました。

標準車の最上位モデル”Xグレード”【新型ルークスのグレード紹介】

一方、2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の標準車の上位モデルに位置をする”Xグレード”です。

■Xグレードの車体本体価格

2WD…1,546,600円
4WD…1,680,800円

この新型モデルのXグレードは、標準車の上位モデルらしく機能や装備が充実していました。

そんな新型モデルのXグレードの魅力や特徴を紹介したいと思います。

ハンズフリーオートスライドドアを標準装備

ハロゲンタイプのヘッドライトやホイールキャップ付きの14インチサイズのスチールホイールなど、Xグレードの外装・エクステリアの基本的なデザインは、最廉価モデルのSグレードと大きく変わりません

■Xグレードの外装・エクステリア

ただ、標準車の上位モデルに位置をする”Xグレード”では、助手席側に足の出し入れでスライドドアを開閉することができる”ハンズフリーオートスライドドア”が標準装備されるなど、ワンランク上の機能や装備が用意されていました。

快適に運転&過ごせる機能や装備が充実

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の標準モデルの上位に位置をする”Xグレード”は、Sグレードと同じアイボリーを基調にした内装・インテリアになっています。

■Xグレードの内装

ただ、下位モデルの”Sグレード”と異なり”Xグレード”は、運転を楽にしてくれるアイテムや、車内で快適に過ごせるアイテムが充実していました。

SグレードとXグレードの内装・インテリアの違いの一つが、エンジンの立ち上げ方です。

最廉価モデルの”Sグレード”では、鍵を差し込んで回すタイプを採用していましたが、上位モデルに位置をする”Xグレード”では、ワンタッチでエンジンを立ち上げることができる”プッシュ式のエンジンスターター”を標準装備。

■Xグレードのエンジンスターター

また、エアコン/ヒーターも、スタイリッシュな見た目が特徴のタッチパネル式のフルオートエアコンになります。

■Xグレードのフルオートエアコン

このように上級グレードに相応しい機能や装備が充実しているのが、新型ルークス(ROOX)のXグレードの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

プロパイロットレス仕様のハイウェイスターX【新型ルークスのグレード紹介】

3つのグレードを用意している新型ルークス(ROOX)の中で”ハイウェイスター”の中で下位モデルに位置をしているのが、プロパイロット機能を搭載していない”ハイウェイスターX”です。

■ハイウェイスターXの車体本体価格

2WD…1,734,600円
4WD…1,868,900円

この新型モデルでは、プロパイロット機能が搭載しているモデルと搭載していないモデルの2種類のハイウェイスターXを用意しているのですが、この2台のモデルには、機能や装備に様々な差が…。

そんな新型モデルのハイウェイスターXの特徴や魅力を紹介したいと思います。

ハイウェイスターXは専用デザインのLEDヘッドライトを採用

精悍な見た目が印象的な新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターですが、LEDヘッドライトを標準装備するなど外装・エクステリアまわりの機能や装備も充実しています。

■ハイウェイスターXの外装

また、ハイウェイスターXでは、14インチサイズのアルミホイールを標準装備するなど、スポーティーなサイドスタイルを強調しているのも魅力の一つです。

■ハイウェイスターXのタイヤ&ホイール

ただ、プロパイロット機能が搭載されていない”ハイウェイスターX”は、他のモデルとは異なり、ライン状に光る専用デザインのLEDヘッドライトとなっていました。

■ハイウェイスターXのLEDヘッドライト

片側ハンズフリーオートスライドドアを表標準装備

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のプロパイロット機能を搭載していない方の”ハイウェイスターX”は、ハイウェイスターの中で唯一片側ハンズフリーオートスライドドアとなっています。

■ハイウェイスターXのスライドドア

このようにハイウェイスターXは、他のハイウェイスターよりも機能や装備が劣るので、ご注意くださいね。

エボニー基調のシックな内装を採用

新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターXの内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■ハイウェイスターXの内装

アイボリーカラーを採用していた標準車とは異なり、ハイウェイスターでは、”漆黒”を表す”エボニー”を基調に、ダークブルーをアクセントカラーに使用をした内装・インテリアを採用。

シックで大人っぽい雰囲気の内装・インテリアになっていました。

また、この新型モデルのシートのメイン部分には、ダイヤモンド柄が浮かび上がって見えるお洒落なデザインになっているのも印象的でした。

機能や装備は他のハイウェイスターに劣る

そんな新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターXですが、内装・インテリアの装備や機能は、他のハイウェイスターよりも見劣りをします。

例えば、サイドブレーキ。

上位モデルに位置をするハイウェイスターGターボなどでは、電子式のパーキングブレーキを採用していますが、プロパイロット機能が搭載されていないハイウィスターXでは、オーソドックスな足踏み式のサイドブレーキを搭載。

■ハイウェイスターXのサイドブレーキ

このようにプロパイロット機能が搭載されていないハイウェイスターXは、他のハイウェイスターよりも機能や装備が少し劣るので、ご注意くださいね。

プロパイロット仕様のハイウェイスターX【新型ルークスのグレード紹介】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)では、ノンターボ車の最上位モデルとして、プロパイロット機能を搭載した仕様”ハイウェイスターXプロパイロット エディション”を用意しています。

■ハイウェイスターXプロパイロットの価格

2WD…1,843,600円
4WD…1,977,800円

“ハイウェイスターXプロパイロット エディション”はその名の通り、高速道路の運転を楽にしてくれるプロパイロット機能が備わっています。

ただ、プロパイロット機能が備わっていないハイウェイスターXとそれ以外にも差が…。

そんな新型ルークス(ROOX)の”ハイウェイスターXプロパイロット エディション”の特徴や魅力を、分かりやすく紹介したいと思います。

アダプティブ ヘッドライトを標準装備

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の”ハイウェイスターXプロパイロット エディション”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■ハイウェイスターXプロパイロットの外装

スタイリッシュな見た目が特徴のハイウェイスター(HighwaySTAR)ですが、”ハイウェイスターXプロパイロット エディション”では、前走車や対向車の状況に合わせて照射範囲を自動的に調整してくれる”アダプティブLEDヘッドライト”を標準装備。

■ハイウェイスターXプロパイロットのアダプティブLEDヘッドライト

また、”ハイウェイスターXプロパイロット エディション”には、ライトの点灯に合わせて帯状に光るハーフクロームメッキを採用。

■ライト消灯時のハーフクロームメッキ

■ライト点灯時のハーフクロームメッキ

そのおかげもあり、下位モデルに位置をするプロパイロットが付いていない”ハイウェイスターX”よりも迫力のあるフロントマスクになっていました。

両側ハンズフリーオートスライドドアを標準装備

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のノンターボエンジンの最上位モデルの”ハイウェイスターXプロパイロット エディション”では、助手席側だけでなく、運転席側も電動で開閉することができる”両側ハンズフリーオートスライドドア”を標準装備しています。

同じ”ハイウェイスターX”と名前がついていますが、プロパイロットが付いていないモデルよりも機能や装備が充実しているのは、このプロパイロット仕様の魅力の一つなのかもしれませんね。

電動パーキングブレーキなどを標準装備

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の”ハイウェイスターXプロパイロット エディション”の内装・インテリアは、ハイウェイスターXと同じエボニーを基調にしたスタイリッシュなデザインになっています。

ただ、”ハイウェイスターXプロパイロット エディション”は、電動式のパーキングブレーキやオートブレーキホールなど最新のアイテムを標準装備。

■ハイウェイスターXの電動パーキングブレーキ

そのおかげもあり、新型ルークス(ROOX)の”ハイウェイスターXプロパイロット エディション”は、プロパイロットが備わっていない”ハイウェイスターX”よりも快適に運転ができるようになっていました。

唯一のターボ車”ハイウェイスターGターボ”【新型ルークスのグレード紹介】

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の最上位モデルに位置をしているのが、この新型モデルの中で唯一ターボエンジンを搭載している”ハイウェイスターGターボ プロパイロット エディション”です。

■ハイウェイスターGターボの車体本体価格

2WD…1,932,700円
4WD…2,066,900円

この新型モデルに用意されている5つのグレードの中で唯一のターボ車となっている”ハイウェイスターGターボ”の特徴や魅力を、包み隠さず紹介したいと思います。

Gターボ専用デザインのタイヤ&ホイールを標準装備

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の最上位モデル”ハイウェイスターGターボ”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■ハイウェイスターGターボの外装

“ハイウェイスターGターボ”では、一つしたのグレード”Xプロパイロット エディション”と同様にアダプティブタイプのLEDヘッドライトを標準装備。

■ハイウェイスターGターボのヘッドライト

そのおかげもあり、スタイリッシュなフロントマスクに…。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の最上位モデル”ハイウェイスターGターボ”では、唯一15インチサイズのタイヤ&ホイールを標準装備。

■ハイウェイスターGターボのタイヤ&ホイール

15インチサイズのタイヤ&ホイールを履いたこのハイウェイスターGターボは、他のグレードよりも迫力のあるサイドスタイルになっていました。

高級感が漂うハイウェイスターGターボの内装

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の最上位モデル”ハイウェイスターGターボ プロパイロット エディション”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■ハイウェイスターGターボの内装

他のハイウェイスターと同様にエボニー基調なっているハイウェイスターGターボですが、電動パーキングブレーキやオートブレーキホールドを備えるなるなど、ハイウェイスターXプロパイロット エディションに負けない機能や装備を搭載。

また、新型ルークス(ROOX)の最上位モデル”ハイウェイスターGターボ”では、本革巻きのハンドル・ステアリングホイールを採用しており、高級感・上質感のあるデザインになっているのも好印象でした。

■ハイウェイスターGターボのハンドル

まとめ:グレードによって機能や装備が大きく異なる新型ルークス

2020年3月に日産から発売されたスーパーハイト系ワゴン車”新型ルークス(ROOX)”に用意されている5つのグレードは、それぞれこのような特徴や魅力を備えていました。

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルでは、どのグレードを選んでも最新の安全装備システムがついてくるのは、魅力の一つです。

ただ、この新型モデルは、グレードによって、快適性や運転のしやすさに大きな違いが…。

この新型ルークス(ROOX)の良さを最大限に味わいたいのなら、プロパイロット機能やオートブレーキホールドなど最新の機能が備わっている上位2つのモデルなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする