新型ルークスって本当に高い?車体価格と人気グレードの乗り出し価格を紹介

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産のスーパーハイト系ワゴン車新型ルークス(ROOX)の欠点&デメリットとして良く言われているのが、車体本体価格の高さです。

そんな新型モデルの車体本体価格は、競合車・ライバル車と比較して、本当に高いのでしょうか?また、この新型モデルの乗り出し価格は、いくらくらいだったのでしょうか?

日産からデビューを果たした新型ルークス(ROOX)の車体本体価格と乗り出し価格を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ルークスの車体本体価格はいくら?

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産の新型ルークス(ROOX)は、ハイウェイスターと標準モデルあわせて5つのグレードをラインナップしていますが、各グレードの車体本体価格は、それぞれ次のようになっていました。

■新型ルークスの車体本体価格

2WD 4WD
標準車 Sグレード \1,415,700 \1,549,900
標準車 Xグレード \1,546,600 \1,680,800
プロパイロットX \1,734,700 \1,868,900
プロパイロットX プロパイロット \1,843,600 \1,977,800
プロパイロットGターボ \1,932,700 \2,066,900

新型ルークスの販売価格は141万円~

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産のスーパーハイト系ワゴン車の販売価格は、約141万円~になっています。

ただ、車体本体価格が一番安い標準モデルのSグレードは、オートスライドドアやフルオートエアコン、スマートエントリーシステムが用意されていないなど、他のグレードよりも機能や装備面で見劣りをするんですよね。

なので、この新型モデルの良さや魅力をしっかりと味わいたいのなら、最廉価モデルのSグレード以外のモデルから選んだ方が良いのかなと思いました。

新型ルークスの車体本体価格は高い!?競合車と比較

このような価格設定になっている日産の新型ルークス(ROOX)ですが、競合車・ライバル車よりも高いのでしょうか?

この新型モデルと競合車・ライバル車の価格設定を比べてみたところ、このようになっていました。

■新型ルークスと競合車の価格設定

日産 新型ルークス(ROOX) \1,415,700 ~ \2,066,900
ホンダ N-BOX(Nボックス) \1,411,300 ~ \2,129,600
ダイハツ タント(TANTO) \1,331,000 ~ \1,974,500
スズキ スペーシア(SPACIA) \1,380,500 ~ \1,959,100

このように見ると、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)が、スーパーハイト系ワゴン車の中で特に高いわけではなさそうですね。

また、各メーカーのお買い得グレード同士を比較しても、ご覧の通り、新型ルークス(ROOX)が特段に高いわけではありません。

日産 新型ルークス
グレード:標準モデル Xグレード (FF車)
\1,546,600
ホンダ N-BOX
グレード:GLホンダセンシング (FF車)
\1,543,300
ダイハツ タント
グレード:Xセレクション (FF車)
\1,490,500
スズキ スペーシア
グレード:ハイブリッドX (FF車)
\1,524,600

このように見ると、今回フルモデルチェンジをして新発売をした日産の新型スーパーハイト系ワゴン車だけが高いのではなく、軽自動車全体の価格が高くなっているのかもしれませんね。

新型ルークスの乗り出し価格【人気4グレードの見積もり金額を紹介】

このような車体本体価格になっていた日産のスーパーハイト系ワゴン車の新型ルークス(ROOX)ですが、車体本体価格にオプションや諸経費、税金を加えた乗り出し価格は、いくらくらいだったのでしょうか?

私が貰ってきた見積もりを使って、この新型モデルの乗り出し価格を確認していきましょう。

ちなみに、この新型モデルの見積もりを貰うにあたり、ボディカラーは、有料色のホワイトパールでお願いをいたしました。

■新型ルークスのホワイトパール

また、オプションは、次のようなアイテムを付けて頂きました。

■今回の見積もりで注文をしたディーラーオプション

5イヤーズプレミアム \110,000
DCRCセットアップ \6,050
ウィンドウ撥水コーティング 7,260
ナビレコお買い得パック
(純正ナビ”MM320D-L”,ETC2.0,USBポート,
ドライブレコーダー)
\325,893 ~ \328,155
ベーシックパック \51,920

■販売諸経費

メンテナンスパック(54か月) \116,880

標準モデルXグレードの乗り出し価格

こちらは、私が貰ってきた新型ルークス(ROOX)の標準モデルXグレードの見積もりです。

■標準モデルXグレードの見積もり

そして、この新型モデルのXグレードの乗り出し価格は、次のようになっていました。(※車体本体価格には、メーカーオプションの快適パックA、SOSコール、両側オートスライドドア、ホワイトパールの特別塗装料を含みます。)

■標準モデルXグレードの乗り出し価格

車体本体価格 \1,711,600
ディーラーオプション代合計 \501,123
諸経費&税金 \218,700
乗り出し価格合計 \2,431,423

私が貰ってきたこの新型モデルの標準モデルのXグレードの乗り出し価格は、約243万円となっていました。

今回の見積もりでは、9インチサイズの純正ナビを含むセットオプション”ナビレコお買い得パック(価格:\328,155)”を装着していることもあり、車体本体価格と比べて、乗り出し価格は一気に跳ね上がった感じが…。

ただ、9インチサイズの純正ナビを装着しないと、SOSコールを使うことができないんですよね。また、アラウンドビューモニターをナビの大画面で確認することもできませんし…。

■新型ルークスのSOSコール

純正ナビを装着して、この新型モデルの良さや魅力を最大限に味わおうとすると、このくらいの乗り出し価格になってしまうのは、仕方ないのかもしれませんね。

ハイウェイスターXの乗り出し価格

一方、こちらが、新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターの差廉価モデルに位置をするプロパイロット機能が備わっていないタイプの”ハイウェイスターX”です。

■ハイウェイスターXの見積もり

そして、私が貰ったハイウェイスターXの見積もりの乗り出し価格は、このようになっていました。(※車体本体価格には、メーカーオプションの快適パックA、両側オートスライドドア、ホワイトパールの特別塗装料を含みます。)

■ハイウェイスターXの乗り出し価格

車体本体価格 \1,866,700
ディーラーオプション代合計 \503,385
諸経費&税金 \218,700
乗り出し価格合計 \2,588,785

プロパイロット機能が備わっていないタイプのハイウェイスターXの乗り出し価格は、約259万円となっていました。

高速道路での運転を楽にしてくれるプロパイロット機能なしのノンターボ車でこの乗り出し価格は、ちょっとコスパが悪い感じが…。

プロパイロット機能が備わっていないハイウェイスターXにこのお値段を支払うのなら、もう少しお金を出して、プロパイロット機能が装着しているハイウェイスターの上位モデルを購入した方が良いのかなと思いました。

ハイウェイスターXプロパイロット仕様の乗り出し価格

こちらが、高速道路の運転をサポートしてくれるプロパイロット機能が備わった新型ルークス(ROOX)のプロパイロット エディションの見積もりです。

■ハイウェイスターXプロパイロットの見積もり

そして、ノンターボ車の最上位モデルに位置をする”ハイウェイスターXプロパイロット エディション”の乗り出し価格は、このようになっていました。(※車体本体価格には、メーカーオプションの快適パックA、ホワイトパールの特別塗装料を含む)

車体本体価格 \1,909,600
ディーラーオプション代合計 \503,385
諸経費&税金 \218,700
乗り出し価格合計 \2,631,685

プロパイロット機能が備わっている”ハイウェイスターXプロパイロット エディション”の車体本体価格にオプション&諸経費を加えた乗り出し価格は、約263万円となっていました。

プロパイロット機能が備わっていない方のハイウェイスターXには、メーカーオプションで両側ハンズフリーオートスライドドアを装着したこともありますが、ハイウェイスターXプロパイロットとの価格差は、約4万3000円です。(※ハイウェイスターXプロパイロットでは、両側ハンズフリーオートスライドドアは、標準装備されています。)

このくらいの価格差なら、プロパイロット機能が備わっている”ハイウェイスターXプロパイロット エディション”を購入した方がお得感があって良いのかなと思いました。

ハイウェイスターGターボの乗り出し価格

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の最上位モデルに位置をする”ハイウェイスターGターボ プロパイロット エディション”の見積もりは、このようになっています。

■ハイウェイスターGターボの見積もり

そして、私が貰ったこのハイウェイスターGターボの乗り出しは、このようになっていました。(※車体本体価格には、メーカーオプションの快適パックA、ホワイトパールの特別塗装料を含む)

■ハイウェイスターGターボの乗り出し価格

車体本体価格 \1,998,700
ディーラーオプション代 \503,385
販売諸経費&税金 \239,300
合計金額 \2,741,385

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の5つのグレードの中で唯一ターボ仕様”ハイウェイスターGターボ プロパイロット エディション”の乗り出し価格は、約274万円となっていました。

正直に言って、この金額は、軽自動車のレベルを遥かに超えています。

この”ハイウェイスターGターボ プロパイロット エディション”は、急こう配の山道や高速道路での追い越しも楽に運転をすることができると言うメリットがあります。

ただ、このくらいの乗り出し価格になるのなら、軽自動車にこだわらないで、コンパクトカーの購入を視野に入れても良いのかなと思っちゃいました。

まとめ:乗り出し価格の高さが気になる新型ルークス

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産のスーパーハイト系ワゴン車新型ルークス(ROOX)の車体本体価格と乗り出し価格を確認してみたところ、このようになっていました。

この新型モデルの車体本体価格自体は、競合車・ライバル車と大きな差はありません。

ただ、SOSコールに必要な純正ナビを装着した時のこの新型モデルの乗り出し価格は、思ったよりも高くなるなと感じてしまいました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. チーバ より:

    ルークスの売れ筋グレードのSOSコールは標準だったような?
    デイズはデカナビと紐付けでしたけど、、?

    • tesdrany1116 より:

      >ルークスの売れ筋グレードのSOSコールは標準だったような?
      ハイウェイスターでは、SOSコール自体は装着されていますが、
      純正ナビと日産オリジナルナビ取付パッケージがないと使えないんですよ…。