新型ルークスの自動ブレーキは歩行者や自転車も検知可能?【性能レビュー】

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産のスーパーハイト系ワゴン車新型ルークス(ROOX)は、自動ブレーキを全グレードに標準装備しています

ただ、やはり気になるのは、この新型モデルに搭載されている自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)の性能ですよね?

この新型モデルに用意されている自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシー ブレーキ)は、自動車だけではなく、歩行者や自転車も検知することができるようになっているのでしょうか?また、この新型モデルの自動ブレーキは、どれくらいの速度まで対応しているのでしょか?

日産からデビューを果たした新型ルークス(ROOX)に備わっている自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシー ブレーキ)の認識能力や信頼性を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ルークスの自動ブレーキの特徴は?【性能や検知対象をチェック】

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産の新型ルークス(ROOX)の自動ブレーキは、フロントガラスに備わった単眼カメラとボディ下部に備わっているミリ波レーダーを使用して、前走車など周囲を検知をする仕組みになっています。

■新型ルークスの単眼カメラ

■新型ルークスのミリ波レーダー

そんな新型モデルの自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシー ブレーキ)は、次のような特徴&魅力を備えていました。

新型ルークスはミリ波レーダーを新たに追加

今までの日産車の自動ブレーキは、フロントガラスの上部に備わった単眼カメラのみで周囲をモニターしていたんですよね。

しかし、カメラのみで周囲を検知する場合、晴天時に比べて、雨の強い日や濃霧の日の認識能力が低下するのが、欠点・デメリットの一つでした。

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルでは、単眼カメラに加えてミリ波レーダーも追加。

これにより、カメラのみで周囲を検知をしていた時の欠点&デメリットでもある豪雨や濃霧の日の認識能力がアップ。天気が悪い日でも安心して使用することができる自動ブレーキに進化を遂げました。

また、ミリ波レーダーを活用することによって、検知できる距離も今までのものよりも長くなったそうですよ。

夜間の歩行者も検知できる新型ルークスの自動ブレーキ

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシー ブレーキ)で良いおもったことの一つが、夜間の歩行者も検知できるようになっていたことです。

歩行者を検知することができる自動ブレーキは増えてきていますが、夜間の歩行者まで対応している自動ブレーキを備えているクルマって、まだまだ少ないんですよね。

競合車・ライバル車の一つでもあるスズキのスペーシア(SPACIA)やダイハツのタント(TANTO)に備わっている自動ブレーキは、夜間の歩行者を検知することができませんし…。

交通事故が起こりやすい夜間の歩行者をしっかりと検知してくれるのは、今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルの自動ブレーキの魅力の一つなのかなと思いました。

自転車の検知はできない

そんな新型ルークス(ROOX)の自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)で残念だったのは、自転車の対応です。

この新型モデルの自動ブレーキは、歩行者は昼夜問わず検知することができますが、自転車は検知することができないとのこと。

ちなみに、ホンダの人気スーパーハイト系ワゴンの”N-BOX(Nボックス)”の自動ブレーキは、歩行者だけでなく自転車も対応しています。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、競合車・ライバル車には用意されていない安全装備を備えているのが魅力の一つですが、せっかくなら自転車も検知できる自動ブレーキも備えて貰いたかったです。

新型ルークスの自動ブレーキの性能【上限速度をチェック】

このように自動車だけではなく歩行者も検知できるようになっていた新型ルークス(ROOX)の自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)ですが、どれくらいの速度まで対応できるようになっていたのでしょうか?

この新型モデルに用意されている自動ブレーキの作動上限速度は、”自動車”と”歩行者”それぞれ次のようになっていました。

■新型ルークスの自動ブレーキの作動上限速度

対自動車…時速約10~80km/h
対歩行者…時速約60km/hまで

対自動車の上限速度はちょっと残念

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の対自動車の自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)の作動上限速度は、時速約80km/hとなっていました。
ただ、高速道路での衝突予防のことを考えると、時速約80km/hだと少し足りないような感じが…。

対自動車の自動ブレーキの作動上限速度は、せめて時速約100km/hくらいはあって欲しいなと思いました。

ちなみに、ダイハツのタント(TANTO)の自動ブレーキの対自動車の作動上限速度は、新型ルークス(ROOX)と同じ時速80km/hまででした。ただ、ホンダのN-BOX(Nボックス)やスズキのスペーシア(SPACIA)の自動ブレーキは、時速約100km/hまで対応をしていました。

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルは、後続車種にも関わらず、競合車・ライバル車より自動ブレーキの性能が劣っているのも少し残念でした。

対歩行者の作動上限は十分

一方、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)の対歩行者の作動上限は、時速約60km/hとなっていました。

歩行者に対する自動ブレーキの作動上限は、対自動車より小さくなっています。

ただ、歩行者がいるような一般道の制限速度が時速60km/hと言うことを考えると、この新型モデルの対歩行者の作動上限が時速約60km/hと言うのは、妥当な数値なのかなと思いました。

まとめ:軽自動車でトップクラスの性能を誇る新型ルークスの自動ブレーキ

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)の特徴や性能は、このようになっていました。

自転車を検知することができないなど、少し残念な部分もあったこの新型モデルの自動ブレーキですが、夜間の歩行者を検知することができるなど、性能は軽自動車の中でもトップクラス。

この新型モデルの自動ブレーキは、イザという時に頼りにある安心感のある作りになっていました。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、競合車・ライバル車には用意されていない安全装備システムやアイテムを備えているのも魅力の一つなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする