新型ルークスの見積もり【ハイウェイスターGとXの価格差は小さい?】

先日、2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のターボ車とノンターボ車の価格差が気になったため、いつもお世話になっているディーラーさんで”ハイウェイスターGターボ”と”ハイウェイスターXプロパイロット エディション”の見積もりを貰ってきました。

この新型モデルはどちらも、軽自動車としてはビックリするくらい高めの乗り出し価格になっていました。

ただ、ターボ車とノンターボ車の価格差に関しては、予想よりも小さかったです。

そんな新型モデルの”ハイウェイスターGターボ”と”ハイウェイスターXプロパイロット エディション”の見積もりの金額は、いくらくらいになっていたのでしょうか?また、この2台のモデルの乗り出し価格の差は、どれくらいだったのでしょうか?

日産からデビューを果たした新型ルークス(ROOX)の”ハイウェイスターGターボ”と”ハイウェイスターXプロパイロット エディション”の見積もりを公開したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ルークス ハイウェイスターXプロパイロット エディションの見積もり

こちらが、今回私が貰ってきた新型ルークス(ROOX)の”ハイウェイスターXプロパイロット エディション”の見積もりです。

■ハイウェイスターXプロパイロット エディションの見積もり

ちなみに、今回、この新型モデルの見積もりをもらうにあたり、ボディカラーは、3万3000円の特別塗装料が掛かるホワイトパールシャインを選びました。

■新型ルークスのホワイトパールシャイン

また、オプションに関しては、ナビレコお買い得パック”など定番のアイテムを中心にお願いをしました。

■今回の見積もりで注文をしたメーカーオプション

快適パックA \33,000
ホワイトパール特別塗装料 \33,000

■今回の見積もりで注文をしたディーラーオプション

5イヤーズプレミアム \110,000
DCRCセットアップ \6,050
ウィンドウ撥水コーティング \7,260
ナビレコお買い得パック
(純正ナビ”MM320D-L”,ETC2.0
ドライブレコーダー,USBポート)
\328,155
ベーシックパック \51,920
合計金額 \503,385

ハイウェイスターXプロパイロットの乗り出し価格は?

このようなオプションを付けた時の新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターXプロパイロット エディションの乗り出し価格は、次のようになっていました。

■ハイウェイスターXプロパイロットの乗り出し価格

今回私が貰ったハイウェイスターXプロパイロット エディションの乗り出し価格は、約263万円でした。

車体本体価格
※メーカーオプション込み
\1,909,600
ディーラーオプション代 \503,385
販売諸経費&税金 \218,700
合計金額 \2,631,685

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、高速道路の運転を楽にしてくれるプロパイロット機能だけではなく、最新の安全装備が備わるなど機能や装備が充実しています。

また、今回、私が貰った見積もりでは、9インチサイズの純正ナビ”MM320D-L”にドライブレコーダーやUSBポートがセットになったナビレコお買い得パックや日産の5年保証”5イヤーズプレミアム”など、価格設定が高めのオプションも付いています。

ただ、このことを踏まえても、軽自動車でこの乗り出し価格は、少し高すぎるなと思ってしまいました。

ハイウェイスターXプロパイロットの税金は安め

このように乗り出し価格が予想以上に高くなった新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターXプロパイロットですが、見積もりを見て良いと思ったことの一つが、税金の安さです。

この新型モデルのハイウェイスターXプロパイロット エディションは燃費が良いことから、自動車税&自動車重量税、自動車取得税の代わりに始まった”環境性能割”がかなり安くなっていました。

■ハイウェイスターXプロパイロット エディション

自動車重量税 5,600円
環境性能割り 0円

環境性能割りが100%免税と言うのは、嬉しいですよね。

このように購入時の税金が安くなっているのは、この新型モデルのノンターボ車の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

新型ルークス ハイウェイスターGターボの見積もり

一方、新型ルークス(ROOX)に用意されている唯一のターボ車”ハイウェイスターGターボ”の乗り出し価格は、どうだったのでしょうか?

こちらが、私が貰ってきた”ハイウェイスターGターボ”の見積もりです。

■ハイウェイスターGターボの見積もり

ちなみに、ハイウェイスターXプロパイロット エディションとの価格差を分かりやすくするために、ボディカラーやオプションは全く同じにいたしました。

ハイウェイスターGターボの乗り出し価格は?

ボディカラーやオプションなどの条件を全く同じにした時の新型ルークス(ROOX)の最上位モデル”ハイウェイスターGターボ”の乗り出し価格は、次のようになっていました。

■ハイウェイスターXプロパイロットの乗り出し価格

ターボエンジンを搭載している最上位モデル”ハイウェイスターGターボ”の乗り出し加価格は、約274万円。

車体本体価格
※メーカーオプション込み
\1,998,700
ディーラーオプション代 \503,385
販売諸経費&税金 \239,300
合計金額 \2,741,385

ちなみに、以前貰ったホンダの人気コンパクトカー”フィット4″の最廉価モデルに位置をする”ベーシック(BASIC)”の乗り出し価格が、ちょうど274万円だったんですよね。

軽自動車と普通乗用車が同じ値段と言うのは、ちょっと前では考えられなかったですよね。

このように考えると、ハイウェイスターGターボは、ターボエンジンを積んでいるとはいえ、ちょっと高いなと感じてしまいました。

XプロパイロットよりGターボの方がお得!?

このように普通乗用車と変わらない乗り出し価格になっていた新型ルークス(ROOX)の最上位モデル”ハイウェイスターGターボ”ですが、ノンターボ車のハイウェイスターXプロパイロット エディションとの価格差は、11万くらいしかなかったんですよね。

この2台のモデルを比較すると、搭載しているエンジンだけでなく、Gターボには本革巻きのハンドル・ステアリングホイールを採用するなど、車内の高級感&上質感にも違いがあるんですよね。

■Xプロパイロット エディションのハンドル

■Gターボのハンドル

また、GターボとハイウェイスターXプロパイロット エディションでは、タイヤのサイズ&デザインにも違いがあります。

■Xプロパイロット エディションのタイヤ

■Gターボのタイヤ

この2台のモデルの乗り出し価格と機能&装備の違いを比べると、”ハイウェイスターXプロパイロット エディション”より”ハイウェイスターGターボ”の方がお得感があるのかなと思いました。

まとめ:新型ルークスはハイウェイスターGターボの方がお得感あり

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のターボ仕様”ハイウェイスターGターボ”と、ノンターボ仕様の”ハイウェイスターXプロパイロット エディション”の見積もりの金額は、このようになっていました。

この新型モデルは、プロパイロット機能が搭載されているだけだく、機能や装備が充実していることもあり、乗り出し価格はかなり高めです。

ただ、ハイウェイスターGターボとハイウェイスターXプロパイロット エディションを比較すると、Gターボの方がお得感があるように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする