先代の方が良かった?新型ルークスの後方&斜め後方の視界を実車画像で徹底レビュー

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産の新型ルークス(ROOX)の魅力の一つは、スッキリとした見晴らしの良い運転席からの視界です。

ただ、後方の視界&視認性に関しては、先代モデルの方が良かった感じが…。

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をさいた日産のスーパーハイト系ワゴン車新型ルークス(ROOX)の後方の視界は、どのようになっていたのでしょうか?また、先代モデルよりも劣っていると感じた理由は、何だったのでしょうか?

新しく生まれ変わった日産のスーパーハイト系ワゴン車の後方視界を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ルークスの後方の視界&見やすさをチェック

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産のスーパーハイト系ワゴン車新型ルークス(ROOX)の真後ろの視界は、このようになっています。

■新型ルークスの真後ろの視界

新型ルークスのリヤガラスは広い

この新型モデルは背の高いスーパーハイト系ワゴン車と言うこともあり、非常に大きなリヤガラスを備えています。後部座席のヘッドレストをあげても、まだ半分以上余裕が…。

また、バックミラー越しでも、ご覧の通り、後方が確認しやすくなっています。

後部座席に乗車する人がいても、リヤガラスが塞がらずにしっかりと後方確認することができるのは、スーパーハイト系ワゴン車の新型ルークス(ROOX)ならではだなと思いました。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルは、後ろ姿が垂直のボックスタイプになっていることもあり、後方の車体感覚が掴みやすいのも好印象でした。

インテリジェントルームミラーの用意はナシ

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)では、セレナやキックスなどに採用されているクルマ後方のカメラ映像をルームミラーに映し出す”インテリジェント ルームミラーモード”の用意はありません。

■セレナのインテリジェント ルームミラーモード

ただ、この新型モデルはリヤガラスが大きく、後部座席に座る人や荷物で後方の視界が完全に塞がれることはないため、”インテリジェント ルームミラー”の用意がなくても困るシーンはほとんどないのかなと思いました。

新型ルークスの斜め後方の視界&見やすさをチェック

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の斜め後方の視界は、どのようになっていたのでしょうか?

この新型モデルの斜め後方の視界&視認性を、運転席から確認してみたところ、このようになっていました。

■新型ルークスの斜め後方の視界

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、サイドウィンドウも大きいこともあり、斜め後方の視界も良いクルマに仕上がっています。

ただ、今回デビューを果たしたこの新型モデルの斜め後方の視界&視認性は、先代モデルと比べると少し見劣りをするのかなと、試乗をして思いました。

先代より新型モデルの方が見劣りすると思った理由とは?

今回フルモデルチェンジをしてデビューを果たした新型ルークス(ROOX)よりが先代モデルよりも斜め後方の視界が劣ると思った理由が、三角窓(リヤクォーターガラス)の視認性です。

先代モデルは、ベルトライン(サイドウィンドウの下端の高さ)が低かったこともあり、大きくて視認性の良い三角窓(リヤクォーターガラス)のところに備えていました。

■先代モデルのリヤクォーターガラス

そのため、斜め後方の視認性も十分に良かったです。

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、リヤエンドをピョコンと跳ね上がるデザインにしている影響で、三角窓(リヤクォーターガラス)が四角形ではなく、少し切れ上がったデザインになっています。

■新型ルークスのサイドスタイル

■新型ルークスのリヤクォーターガラス

そのため、先代モデルと比較して、この新型モデルは斜め後方に少し死角が多いような感じがしました。

ちなみに、この新型モデルの競合車・ライバル車でもあるスズキのスペーシア(SPACIA)やホンダのN-BOX(Nボックス)の斜め後方の視界&視認性を確認してみたところ、このようになっていました。

■スズキ スペーシアの斜め後方の視界

■ホンダ N-BOXの斜め後方の視界

三角窓の下端が切れ上がっている新型ルークス(ROOX)とは異なり、スズキのスペーシア(SPACIA)やホンダのN-BOX(Nボックス)の三角窓は、先代モデルに近いスクエアに違いカタチに…。

運転のしやすさ&利便性に関しては、高速道路での運転をラクにしてくれるプロパイロット機能やオートブレーキホールドが備わっているこの新型モデルの方が一枚も二枚も上手です。

ただ、こと後方の視界性&安心感に関しては、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)よりも競合車・ライバル車の方が優れているように感じました。

まとめ:斜め後方の視界性に少し課題が残る新型ルークス

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の後方&斜め後方の視界を確認してみたところ、このようになっていました。

この新型モデルでは、大きなリヤガラスを備えていることもあり、真後ろの視界に関しては、申し分ありません。

ただ、安全性&視認性よりも見た目のデザインを優先したこともあり、斜め後方に関しては、新型ルークス(ROOX)よりも先代モデルの方が良かった感じが…。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、先代モデルよりも悪くなった斜め後方の視界&視認性もしっかりと確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする