新型ルークスは安全性能がスゴイ【競合車よりも優れている注目ポイントとは?】

全方位的に進化を遂げた日産のスーパーハイト系ワゴン車の新型ルークス(ROOX)ですが、競合車・ライバル車よりも優れていると感じたことの一つが、安全性能の高さです。

この新型モデルには、競合車・ライバル車にはない安全機能や装備が数多く用意。いざという時に頼りになる安心感の高いクルマに仕上がっていました。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の安全性能は、競合車・ライバル車よりもドコが優れていたのでしょうか?また、競合車・ライバル車に用意されていないこの新型モデル専用の安全装備は、何だったのでしょうか?

競合車・ライバル車にはないこの新型モデルの安全性能の凄いところ&魅力を、包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

前方衝突予測警報を軽自動車で初めて搭載【新型ルークスの安全性能の魅力1】

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の安全性能の魅力の一つは、軽自動車で初めて前方衝突予測警報(インテリジェントFCW)を搭載したことです。

■新型ルークスに標準装備されているインテリジェントFCW

【日産の安全への取り組み】インテリジェントFCW

この前方衝突予測警報(インテリジェントFCW)とは、自分のクルマの2台前の車の動きをミリ波レーダーでモニタリングをする機能です。

そして、そのクルマと衝突する可能性があると判断した場合、警告音とマルチインフォメーションディスプレイでの表示で注意を促します。

前走車がトラックで前方の視界が完全に奪われている時、前を走っていたトラックがパッと避けたら、前方を走っているクルマの速度が遅くて追突しようになった…。なんて場合ありますよね。

この前方衝突予測警報(インテリジェントFCW)では、このような不意の衝突事故を防いでくれます。

ちなみに、このような機能を備えている軽自動車は、日産車以外ありません。

このように2台先のクルマを検知して、より安全で快適な運転ができるようになっているのは、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

衝突時の安全性【新型ルークスの安全性能の魅力2】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした日産のスーパーハイト系ワゴン車”新型ルークス(ROOX)”で良いと思ったのは、万が一、事故にあってしまった時の安全性です。

ホンダのN-BOX(Nボックス)やダイハツのタント(TANTO)、スズキのスペーシア(SPACIA)は、3種類のエアバッグで衝突時の衝撃からドライバーを守ってくれます。

■競合車に備わっている3種類のエアバッグ

・運転席用&助手席用SRSエアバッグシステム
・SRSカーテンエアバッグ
・SRSサイドエアバッグ

新しく生まれ変わった日産の新型ルークス(ROOX)でも、これらの3種類のエアバッグは標準装備されています。

ただ、この新型モデルでは、これらの3つのエアバッグに加え、ドライバーの足まわりを保護する”ニーエアバッグ”も用意。

■新型ルークスに備わっているニーエアバッグ

事故に遭った際、硬いプラスチック素材のダッシュボードに膝などが衝突するのを防いでくれるのは、イザという時助かりますよね。

事故の衝撃で足を複雑骨折をしたなどの話も良く耳にしますし…。

このように事故に遭った際、エアバッグが上半身だけではなく、下半身もしっかりと事故の衝撃から保護してくれるのは、この新型ルークス(ROOX)の良いところなのかなと思いました。

ちなみに、ドライバーの足まわりを守ってくれる”ニーエアバッグ”が標準装備されているのは、上位モデルに位置をする”ハイウェイスター(HighwaySTAR)”のみです。

イザという時の安全性&安心感を考慮して、ニーエアバッグが標準装備されているハイウェイスター(HiwaySTAR)を選ぶのも良い考えなのかなと思いました。

SOSコール(ヘルプネット)を標準装備【新型ルークスの安全性能の魅力3】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の安全性能が凄いと感心をした理由の一つが、SOSコール(ヘルプネット)を用意していたことです。

このSOSコールとは、エアバッグが展開するくらい大きいレベルの事故に遭った際、位置情報とともに専用のオペレーターに自動的に接続をする機能です。

そして、オペレーターの呼びかけや問いかけ応答がない場合、オペレーターから警察や消防署に連絡をしてくれます。

このような機能が備わっていると、イザという時に助かりますよね。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)では、運転席の頭上部分に”SOSコール スイッチ”を搭載。

■新型ルークスのSOSコール スイッチ

急病時やあおり運転にあった時、手動で専用のオペレーターに連絡をできるようになっています。

あおり運転に遭って不安な時に、専用のオペレーターに助けを求めることができるのは、助かりますよね。

ちなみに、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の上位モデル”ハイウェイスター(HighwaySTAR)”では、SOSコールが標準装備となっています。

また、標準モデルのXグレードでも、メーカーオプションでSOSコールを用意しているため、装着することが可能です。

このように最廉価モデルの”Sグレード”を除いた全グレードでSOSコールを標準装備しているのは、この新型モデルの魅力の一つなのかなと思いました。

まとめ:軽自動車とも思えない安全性能を備えている新型ルークス

2020年3月にフルモデルチェンジをしてデビューを果たした日産のスーパーハイト系ワゴン車”新型ルークス(ROOX)”では、このように競合車・ライバル車には用意されていない安全装備がたくさん用意されていました。

競合車・ライバル車も魅力的なクルマに仕上がっていますが、安全性能に関しては、普通乗用車に勝るとも劣らない機能を備えているこの新型モデルが、頭一つ抜け出ているのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02