日産 新型ルークスの安全装備はココが凄い【魅力を欠点を大公開】

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産のスーパーハイト系ワゴン車新型ルークス(ROOX)の魅力の一つは、充実した安全装備です。

正直に言って、この新型モデルの安全装備システムは、軽自動車のレベルを遥かに超えています。ただ、「この機能も付けて貰いたかった…」と思うところもありましたが…。

この新型モデルの安全装備は、どこが優れているのでしょうか?逆にこの新型モデルの安全装備を確認してみて、ちょっと残念に感じたところ、競合車よりも劣っているなと感じたところは、どこだったのでしょうか?

日産からデビューを果たしたスーパーハイト系ワゴン車”新型ルークス(ROOX)”の安全装備の魅力や欠点を、包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ルークスの安全装備の魅力&メリットとは?

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)では、次のような安全装備システムを用意しています。

■新型ルークスの主な安全装備システム

・自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)
・インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)
・LWD(車線逸脱防止機能)
・インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)
・インテリジェントDA(ふらつき警報)
・標識検知機能
・SOSコール
・先行車発進お知らせ機能

このような安全装備を備えているこの新型モデルですが、次のような魅力&メリットがありました。

周囲の認識能力の高さ【安全装備の魅力1】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の安全装備の魅力&メリットの一つは、、認識能力の高さです。

今までの日産車は、前方のクルマや歩行者などを検知するデバイスとして、単眼カメラのみを使用していました。

■周囲を検知する単眼カメラ

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルから、単眼カメラに加えてミリ波レーダーを搭載。

■新型ルークスに採用されているミリ波レーダー

そのおかげもあり、この新型モデルの安全装備システムは、豪雨や濃霧など天候が悪い日の精度が良くなりました。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、周囲の検知能力が高くなったおかげで、同一車線自動運転技術の”プロパイロット機能”の性能もアップしました。

このように進化を遂げた安全装備システムを備えているのは、この新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

夜間ドライブの安全性【安全装備の魅力2】

また、夜間ドライブをする際の安全性も、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の魅力の一つです。

競合車・ライバル車の中には夜間の歩行者を検知できないところもありますが、この新型モデルでは、夜間の歩行者も検知。

事故が起こりやすい夜間ドライブの安全性が高まっているのも、この新型モデルの自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

軽自動車初となる前方衝突予測警報【安全装備の魅力3】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、自車の2台前のクルマを検知をして、より早いタイミングで衝突警報を発する”前方衝突予測警報(インテリジェントFCW)”を軽自動車で初めて搭載したのも注目ポイントの一つです。

■新型ルークスにも備わっている前方衝突予測警報

【日産の安全への取り組み】インテリジェントFCW

前走車に視線を遮る大型トラックが走行をしていて、その大型トラックが車線変更をしたら、目の前にトロトロと走っているクルマが急に現れた追突しそうになった…。

なんてこと、ありますよね。

“前方衝突予測警報”を備えたこの新型モデルは、このような予測がしにくい前方の車両の動きを素早く察知できるため、より安心して運転ができるようになっていました。

事故に遭った際のサポート力の高さ【安全装備の魅力4】

また、事故に遭った際のサポート力の高さも、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の魅力の一つです。

この新型モデルでは、アバッグが展開するような事故に遭った時やあおり運転を受けた際、専用のオペレーターがサポートしてくれる”SOSコール(ヘルプネット)”を、スーパーハイト系ワゴン車の中で唯一備えています。

■新型ルークスのSOSコールスイッチ

事故に遭ってパニックになりそうな時に専門家の適切なサポートやアドバイスを受けられるというのは、本当に心強いですよね。

このように事故に遭った際やトラブルに巻き込まれた際の安全性が高いのも、この新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

新型ルークスの安全装備の欠点&デメリットとは?

軽自動車で初となるインテリジェントFCW(前方衝突予測警報)を備えるなど、充実した安全装備が魅力の日産の新型ルークス(ROOX)ですが、安全面で少し残念に感じたところもありました。

私がこの新型モデルの安全装備で残念に思ったことは、何だったのでしょうか?この新型モデルの安全装備の欠点&デメリットを包み隠さずお話したいと思います。

競合車に劣る自動ブレーキの性能【安全装備の欠点1】

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の安全装備で残念だったことの一つが、競合車・ライバル車よりも少し見劣りをする自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)の認識能力です。

この新型モデルに搭載されている自動ブレーキは、夜間の歩行者は検知することができるようになったのですが、残念ながら、自転車は認識することができないんですよね。

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもあるホンダが誇るスーパーハイト系ワゴン車”Nボックス(N-BOX)”は、自転車を検知することができる自動ブレーキを標準装備しています。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、安全装備が格段に進化を遂げましたが、今度、マイナーチェンジをする時は、自転車も検知することができる自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)を備えて方しいなと思いました。

自動ブレーキが作動する上限速度【安全装備の欠点2】

また、2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の安全装備の残念だったことの一つは、自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)が作動する上限速度の低さです。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)に備わっている自動ブレーキの対自動車の作動上限は、時速約80km/hとなっています。

つまり高速道路を時速100km/hで走行中、前のクルマに衝突しそうになったとしても、この新型モデルの自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)は作動しないということになります。

ちょっとコレは残念ですよね。

ちなみに、ホンダの新型N-BOX(Nボックス)やダイハツのタント(TANTO)の自動ブレーキの作動上限は、時速約100km/hとなっています。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)も、競合車・ライバル車のように高速道路でも安心して使える自動ブレーキにして貰いたかったなと思いました。

まとめ:軽自動車でトップクラスの性能を誇る新型ルークスの安全装備

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)に用意されている安全装備を確認してみたところ、このようになっていました。

この新型モデルに備わっている自動ブレーキは、自転車を検知することができないなど、完璧ではありません。

ただ、この新型モデルは、イザという時に頼りになる”SOSコール”、軽自動車初となるインテリジェントFCW(前方衝突予測警報)など、競合車・ライバル車には用意されていない魅力的な安全装備が付いていました。

このような最新の安全装備を備えている新型ルークス(ROOX)の安全性は、スーパーハイト系ワゴン車の中で頭一つ抜け出ているように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする