リクライニングは何段階?新型ルークスの後部座席の座り心地インプレッション

クラストップの広さを誇る新型ルークス(ROOX)の後部座席ですが、背もたれの角度を調節することができるリクライニング機能も備えています。

なので、背もたれを自分好みの角度に調節することが可能です。

そんな新型モデルの後部座席の背もたれの角度は、何段階から調整することができたのでしょうか?また、この新型モデルの後部座席の座り心地は、どうだったのでしょうか?

日産からデビューを果たした新型ルークス(ROOX)の後部座席のリクライニング機能や座り心地について確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ルークスの後部座席のリクライニングは何段階から調整可能?

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の後部座席は、このようなデザインをしています。

■新型ルークスの後部座席

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、中央分割方式の後部座席を採用しており、運転席側と助手席側で別々に背もたれの角度を調節することができるようになっていました。

リクライニング用レバーは背もたれに用意

また、この新型モデルでは、背もたれの肩口の両サイドにリクライニングするためのレバーを搭載。

■新型ルークスのリクライニング用レバー

後部座席側からだけではなく、荷室側からの操作ができる使い勝手の良い作りになっていました。

新型ルークスの後部座性のリクライニングはどれくらい?

このようなデザインになっている新型ルークス(ROOX)の後部座席ですが、どれくらいリクライニングする事ができるのでしょうか?

こちらが、この新型モデルの後部座席の背もたれを垂直にたてた時の様子です。

■背もたれを垂直に立てた新型ルークスの後部座席

そして、こちらが、リクライニング レバーを操作して、後部座席の背もたれを最大限までリクライニングした時の様子です。

■最大限までリクライニングした時の新型ルークスの後部座席

ちなみに、後部座席の片側だけを目一杯リクライニングすると、このような感じに…。

このように見ると、この新型モデルのリクライニング幅はかなり大きいですよね。

ディーラーさんの話によると、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、8段階から調整できるリクライニング機能を備えているとのこと。

この新型モデルでは、残念ながら背もたれをフルフラットにすることはできません。

ただ、これだけリクライニングをすることができれば、ドライブ中、好みの姿勢でゆったりと過ごすことができるのかなと思いました。

ちなみに、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、背もたれを倒したフロントシートと後部座席の座面を繋げる”リラックモード”を用意しています。

このようなシートアレンジをする際も、背もたれを大きく傾けることができるこの新型モデルのリクライニング機能は、重宝するのかなと思いました。

新型ルークスの後部座席の座り心地はどうだった?

このように8段階のリクライニング機能を備えている新型ルークス(ROOX)の後部座席ですが、座り心地は、どうだったのでしょうか?

私がこの新型モデルを試乗した限りでは、後部座席の座り心地は、期待を上回るものではありませんでした。

この新型モデルの後部座席の座り心地で気になったことは、何だったのでしょうか?

新型ルークス(ROOX)の後部座席の座り心地で気になったこと、競合車・ライバル車よりも劣ると感じたところを包み隠さず紹介したいと思います。

ホードル感【後部座席の座り心地の欠点1】

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の後部座席に座ってみて気になったことの一つが、ホールド感です。

この新型モデルのフロントシートは、”ゼログラビティシート”と名付けられたホールド感に優れたシートを採用しており、競合車と勝るとも劣らない座り心地になっていました。

■新型ルークスの運転席

しかし、この新型モデルの後部座席はサイドサポートの凹凸が少なく、フラットに近い形状に…。

■新型ルークスの後部座席

そのため、この新型モデルの後部座席は、背もたれに背中を付けた瞬間にシートサイドが体を支えてくれるような感覚は一切ありません。

また、この新型モデルの後部座席はホールド感が乏しいため、連続するカーブが続くワインディングロードや急こう配のカーブを曲がると、シートからずれるような感じがするのも気になるところでした。

座面のクッション性【後部座席の座り心地の欠点2】

また、座面のクッション性&フィット感も、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の後部座席の座り心地で気になったことの一つです。

この新型モデルの後部座席の座面は、どちらかと言うと硬めの座り心地になっています。

私自身は硬めの座り心地の方が好みなのですが、今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルは、硬めの座り心地というよりは座面がただ単に硬いだけ。

じんわりと沈み込み、体圧をしっかりと分散しているような感じはありません。

なので、長時間座っていると、お尻が痛くなりそうな感じが…。

個人的には、もう少し後部座席の座面に使用しているクッションにこだわっても良かったのかなと感じました。

まとめ:リクライニング機能は優れているけど、座り心地はイマイチ

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の後部座席のリクライニング機能&座り心地を確認したところ、このようになっていました。

この新型モデルの後部座席は、8段階のリクライニング機能を備えており、好みの角度に調整できるようになっていたのは好印象です。

ただ、シートの座り心地に関しては、イマイチです。

せっかく競合車・ライバル車よりも広くて快適な居住スペースを備えているのなら、後部座席の座り心地にもっとこだわっても良かったのかなと思いました。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、後部座席のホールド感や座り心地もしっかりとチェックをしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする