収納力も抜群!新型ルークスの収納スペース&小物入れの使い勝手を徹底チェック

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産のスーパーハイト系ワゴン車新型ルークス(ROOX)の魅力の一つは、収納スペースの多さです。

この新型モデルは、運転席まわりだけではなく、後部座席まわりにも収納スペースがたくさん用意されており、アイテムの置き場に困る心配は無い感じが…。

また、この新型モデルには、競合車・ライバル車にはない収納スペースが用意されているのも好印象でした。

そんな新型モデルでは、どのような収納スペース&小物入れを用意していたのでしょうか?また、このクルマに用意されている収納スペース&小物入れの使い勝手は、どうだったのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ルークス(ROOX)の収納スペース&小物入れの配置や使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ルークスの運転席まわりの収納スペースをチェック

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のダッシュボードは、このようなデザインになっています。

■新型ルークスのダッシュボード

この新型モデルのダッシュボードは、上下2段に分かれた大型サイズに…。

そのおかげもあり、この新型モデルの運転席まわりの収納スペースはたくさん用意されていました。

そんな新型モデルの運転席まわりには、どのような収納スペース&小物入れが用意されていたのでしょうか?実車画像を使って、紹介したいと思います。

スマホを収納に便利な助手席&センタートレイ

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の運転席まわりに用意されている収納スペースの一つが、インパネの中央から助手席にかけて用意されている”ロングトレイ”です。

■新型ルークスのロングトレイ

この新型モデルに用意されているロングトレイは奥行き&高さがないため、大きいアイテムを積み込むのには、ちょっと不向きです。

ただ、スマホやiPhoneなどを置いておくのには、ピッタリな収納スペースなのかなと思いました。

ちなみに、ディーラーさんの話によると、7インチサイズのタブレットくらいまでなら収納できるようになっているそうですよ。

ティッシュを収納するのに便利なスライドボックス

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)では、グローブボックスのz上段に引き出して使用することができる収納スペース”スライドボックス”を用意しています。

■新型ルークスのスライドボックス

この新型モデルに用意されているスライドボックスは、薄型のボックスティッシュをスッポリと収納することができるサイズに…。

意外とボックスティッシュを置くスペースを備えているクルマって、少ないんですよね。

そんな中、この新型モデルはスリム型のみとは言え、ボックスティッシュを置いておくことができる収納スペースを用意しているのは、とても良いと思いました。

引き出して使えるセンタースライドトレイ

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)に用意されている収納スペース・小物入れの中で便利だなと思ったのが、インパネ中央に備わっている”センタートレイ”です。

■新型ルークスのセンタースライドトレイ

インパネの中央に用意さrているセンタースライドトレイを引き出してみると、このような感じになります。

このセンタースライドトレイは奥行きが約100mm、左右幅が約165mmあり、ハンバーガーやホットスタッフなどを置いておくのに便利な感じが…。

また、スライドトレイの上段には、引き出して使用をするドリンクホルダーも用意しており、飲み物を置くスペースとして使用できるのも好印象でした。

ゴミ箱にピッタリなセンターロアボックス

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のインパネ中央下部には、開閉式の収納スペース”センターロアボックス”が用意されています。

■新型ルークスのセンターロアボックス

サイズがあまり大きくないので収納力はイマイチですが、ゴミ箱代わりに使用するには、ちょうど良いのかなと思いました。

ちょっと小さめなグローブボックス

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)に用意されているグローブボックスのサイズ感は、少し小さめです。

■新型ルークスのグローブボックス

ただ、この新型モデルでは、それ以外のスペースに様々な収納スペースが用意されているので、これくらいのサイズでも問題はないのかなと思いました。

買い物袋を掛けておくのに便利なコンビニフック

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)では、助手席側の足元に開閉式のコンビニフックを搭載しています。

■新型ルークスのコンビニフック

耐荷重3kgまで可能なので、スーパーマーケットなどで購入した買い物袋を掛けておくのに便利なのかなと思いました。

また、ディーラーさんに教えて貰ったのですが、使用していないエコバッグなどを、このスペースに掛けておくのも良いアイディアだと思いました。

進化を遂げた助手席アンダーボックス

今回フルモデルチェンジをした新型ルークス(ROOX)の注目の収納スペースが、助手席の下に用意されている”シートアンダーボックス”です。

■新型ルークスのシートアンダーボックス

助手席の下に備わっているアンダーボックスを引き出してみると、このような感じに…。

シートアンダーボックス自体は、デイズ(DAYZ)など他の日産車にも備わっているのですが、この新型モデルでは、二重底に進化。

■シートアンダーボックスの下段の収納スペース

シートアンダーボックスの下段も、思ったよりもサイズが大きく、使用用途が一気に広がったように感じました。

また、この新型モデルのシートアンダーボックスは、運転席側からだけではなく、後部座席側からでも引き出せるようになっていたのも好印象でした。

ちなみに、シートアンダーボックスの下段には、普段使わない車検証などを収納しておくのがおすすめのようですよ。

人目につかない運転席ロアボックス

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の標準モデルの運転席の足元には、ワイド感のある”運転席ロアボックス”を用意しています。

■運転席ロアボックス

折り畳み傘や長財布など、あまり一目に触れさせたくないアイテムを収納しておくのにピッタリなのかなと思いました。

ちなみに、新型ルークス(ROOX)の上位モデルに位置をするハイウェイスターでは、このスペースにニーエアバッグが備わっている事もあり、運転席ロアボックスの用意がないので、ご注意を…。

収納力に優れるドア内側パネルのポケット

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の収納スペース・小物入れを確認していて良いと思ったのが、ドア内側パネルの下部に備わっているポケットです。

■新型ルークスのドア内側パネル

この新型モデルのドア内側パネルに用意されているポケットはサイズが大きく、ドリンクを置いた状態でもA4サイズの雑誌や地図を収納できる広さに…。

また、折り畳み傘なども収納できそうです。

この広くて使い勝手の良いドア内側パネルのポケットも、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の良さの一つかなと思いました。

新型ルークスの後部座席まわりの収納スペースをチェック

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、後部座席まわりの収納スペース・小物入れも充実しています

そんな新型モデルの後部座席まわりに用意されている収納スペース・小物入れを確認してみることにしましょう。

シンプルだけと使いやすいシートバックテーブル

オプションになってしまうのですが、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)では、フロントシートの裏側に折り畳み式のテーブルが2つ用意されています。

■新型ルークスのシートバックテーブル

見た目はとってもシンプルなのですが、ドリンクホルダーが2個、そして、コンビニフックが備わった使い勝手の良いデザインになっていました。

競合車よりも使いやすいシートバックポケット

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の後部座席まわりの収納スペースで良いと思ったのが、助手席のシート裏に備わっているシートバックポケットです。

この新型モデルでは、シートの上段と下段にポケットが用意されているのですが、上段はスマホを収納するのに便利なサイズに…。

■シートバックポケット(上段)

一方こちらは、シートの下段に用意されているシートバックポケットです。

■シートバックポケット(下段)

下段に用意されているポケットは、一般的なポケットよりも深さが浅くなっており、収納したアイテムが取り出しやすい感じが…。

ただ、今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルでは、シートバックが用意されていたのは、助手席側のみ。運転席側にシートバックポケットが用意されていないのが、少々残念でした。

左右別設計の後部座席シートサイドポケット

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の後部座席の左右には、ドリンクと小さいアイテムを収納するための収納スペース”シートサイドポケット”が用意されています。

ただ、この新型モデルに用意されているシートサイドポケットは、左右で別設計になっています。

運転席側に用意されているシートサイドポケットは、ドリンクホルダーが2個収納できるサイズに…。

■運転席側のシートサイドポケット

一方、助手席側は、ドリンクホルダー1つに小物入れが収納できるサイズになっていました。

■助手席側のシートサイドポケット

まとめ:新型ルークスの収納は数が多いだけではなく、使い勝手も良好

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の収納スペース&小物入れは、このような配置&使い勝手になっていました。

この新型モデルでは、ボックスティッシュを収納するのにピッタリな”助手席スライドボックス”を備えるなど、使い勝手の良い収納スペースが多いのが好印象。

新型ルークス(ROOX)は荷室・ラゲッジスペースも多いですし、これだけ多くの収納スペースが用意されていれば、小さいお子さんがいるご家庭でも荷物の置き場に困る心配は無いのかな思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする