少し期待外れ!?新型スカイラインのドリンクホルダーの数と使い勝手

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された日産のプレミアムセダン新型スカイライン(SKYLINE)は車内も広く、快適に過ごせる機能やアイテムも充実しています。

ただ、このクルマに用意されているドリンクホルダーに関しては、数/使い勝手ともに少し期待外れだった感じが…。

マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のドリンクホルダーは、いくつ&どこに用意されていなのでしょうか?また、私がこのクルマのドリンクホルダーで残念に感じた部分は、どこだったのでしょうか?

2019年4月にデビューを果たしたこの新型モデルのドリンクホルダーの配置場所や個数、使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型スカイラインの運転席周りのドリンクホルダーの数や配置をチェック

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された日産のプレミアムセダン新型スカイライン(SKYLINE)の運転席周りに用意されているドリンクホルダーの数と配置場所を確認してみたところ、次のようになっていました。

■新型スカイラインの運転席周りのドリンクホルダー

センターコンソール…2個
ドア内側パネル …2個

このクルマでは運転席周りに合計4個のドリンクホルダーを用意しており、十分な数を用意しています。

では、このセンターコンソール部分に用意されている使い勝手は、どうだったのでしょうか?

この新型モデルの運転席周りに用意されているドリンクホルダーのデザインや使い勝手を確認してみましょう。

センターコンソールのドリンクホルダー

新型スカイライン(SKYLINE)のセンターコンソールには2個ドリンクホルダーが用意されているのですが、このようなデザインになっています。

■センターコンソールのドリンクホルダー

このクルマでは、シルバーの加飾を施したドリンクホルダーを縦に2個配置。

ただ、ドリンクホルダーが剥き出しになっているため、センターコンソール部分の高級感を損なっている感じが…。

高級感あふれるプレミアムセダンと言う事を考えると、ドリンクホルダーにリッド(蓋)を付けて、生活感を出さないようなデザインにしても良かったのかなと思いました。

ディーラーさんも太鼓判を押す使い勝手の良さ

このように見た目のデザイン性にちょっと物足りなさを感じた新型スカイライン(SKYLINE)のセンターコンソール部分のドリンクホルダーですが、使い勝手に関しては、思ったよりも良いと思いました。

私がこのセンターコンソール部分のドリンクホルダーで良いと思ったのは、置いたドリンクを固定するためのストッパーです。

ドリンクホルダーに置いた飲み物を固定するためのストッパーが用意されているクルマは多いですが、このクルマのドリンクホルダーのストッパーは、他のモデルよりもバネがしっかりとしている感じが…。

なので、置いた飲み物をしっかりと固定してくれます。

ディーラーさん曰く、普通の日産車に採用されているドリンクホルダーのストッパーは0.5Gぐらいの横揺れに対応できるように設計されているそうですが、このクルマのストッパーは、その倍の1.0Gの横揺れまで対応しているとか…。

私もこのクルマを試乗した際に、このセンターコンソール部分にドリンクを置いて運転をさせて貰ったのですが、バネの強いストッパーのおかげか、走行中カタカタと音を立てる事もなく、快適に運転をする事ができました。

ドア内側パネルのドリンクホルダー

また、新型スカイライン(SKYLINE)のフロントドアの内側パネルに組みこまれているドリンクホルダーのデザインは、このようになっています。

■ドア内側パネルのドリンクホルダー

このドア内側パネルの部分のドリンクホルダーに500mlのペットボトルを置いてみると、このような感じに…。

このクルマでは大きなスピーカーを備えている事もあり、ドリンクホルダーのスペースは小さめ…。なので、ドリンクホルダーの上空にスペースのゆとりがないく、飲み物の出し入れがしにくいです。

また、収納したドリンクが少し斜めになってしまうのも、気になるところ…。

センターコンソール部分のドリンクホルダーの使い勝手は良かった新型スカイライン(SKYLINE)ですが、正直なところ、ドア内側パネル部分のドリンクホルダーの使い勝手は、あまり良いとは思いませんでした。

新型スカイラインの後部座席のドリンクホルダーの数や配置をチェック

一方、新型スカイライン(SKYLINE)の後部座席のドリンクホルダーの配置場所と個数を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型スカイラインの後部座席のドリンクホルダー

センターアームレスト…2個

このクルマの後部座席に用意されているドリンクホルダーを確認してみたところ、後部座席の中央に備わっているセンターアームレスト部分に2個のみ。

後部座席のドア内側パネルにはドリンクホルダーが用意されていないこともあり、ドリンクホルダーの数に少々物足りなさを感じてしまいました。

センターアームレストのドリンクホルダーをチェック

今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の引き出して使用する後部座席用のセンターアームレスト部分にドリンクホルダーを2個用意しています。

このセンターアームレストに備わっているドリンクホルダーは、このようなデザインになっています。

■後部座席のセンターアームレストのドリンクホルダー

このスペースに飲み物を置いてみると、このような感じに…。

この後部座席のセンターコンソール部分のドリンクホルダーは深さはあまりありません。
また、このクルマの後部座席のセンターアームレストは垂直ではなく、少し手前下がりになっているのも気になるところです。

姿勢を変えずに飲み物に手が届くのはとても良いですが、このクルマの車格の事を考えると、もう少しデザイン性・使うがってに優れたドリンクホルダーにしても良いのかなと思いました。

2019年4月にマイナーチェンジをして新発売された日産のプレミアムセダン新型スカイライン(SKYLINE)のドリンクホルダーの数&使い勝手を確認してみたところ、このようになっていました。

このクルマに用意されているドリンクホルダーは6個となっており、競合車・ライバル車よりもちょっと少なめ…。また、後部座席のドリンクホルダーなど、使い勝手も気になるところがありました。

ドリンクホルダーは、車内で快適に過ごすための重要なアイテムの一つです。

もしこれからこのクルマの試乗に行かれる方は、ペットボトルや缶の飲み物を持参するなどして、ドリンクホルダーの実力や使い勝手をご自身で確かめてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする