グレードで違う!?新型スカイラインのメーカーオプション一覧

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された日産のプレミアムセダン車新型スカイライン(SKYLINE)は機能や装備が充実しているため、メーカーオプションはそれほど多くありません。

ただ、快適性やラグジュアリー感を高めるアイテムを中心に様々なメーカーオプションを用意しています。

そんな新型モデルのメーカーオプションですがは、グレードによって用意されているアイテムに若干の違いが…。

マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)では、どのようなメーカーオプションを用意していたのでしょうか?また、用意されているメーカーオプションの価格は、いくらだったのでしょうか?

マイナーチェンジをして再デビューを果たしたこの新型モデルに用意されているメーカーオプションを、グレード別に紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型スカイラインの上位モデル”GTタイプSP”のメーカーオプション

日産からデビューをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)は大きく分けて3つのグレードを用意していますが、その中で最上位モデルに位置をする”GTタイプSP”では、次のようなメーカーオプションを用意していました。

■GTタイプSPに用意されているメーカーオプション

スポーティパッケージ 143,000円 ターボ車のみ
BOSEサウンドシステム 223,300円
本木目フィニッシャー 77,000円
リヤ可倒式シート 44,000円 ターボ車のみ
電動ガラスサンルーフ 121,000円

今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の最上位モデル”GT”では、BOSEサウンドシステムやサンルーフ(電動ガラスサンルーフ)など、快適性や車内のエンターテイメントを高めるアイテムを多数用意していました。

スポーティーパッケージは、ターボ車のGTタイプSPのみに用意

そんなGTタイプSPに用意されているメーカーオプションの特徴の一つが、走りの質と乗り心地の良さを高めてくれる”スポーティーパッケージ”を用意していることです。

このスポーティーパッケージを装着すると、シートがホールド感の高いスポーツシートに変更されるだけではなく、ショックアブソーバーも専用のチューニングに…。乗り心地と操縦安定性を高めてくれます。

■スポーティパッケージに含まれるアイテム&機能

・本革スポーツシート
・運転席パワーシート
・助手席パワーシート
・スポーツサスペンション
・インテリジェント ダイナミックサスペンション)
・スポーツブレーキ

ちなみに、このスポーティーパッケージを装着できるのは、ターボ車(ガソリン車)の最上位モデルに位置をする”GTタイプSP”のみです。

コスパも良いですし、スカイラインらしい快適で気持ち良い走りを楽しみたい人には、ピッタリなオプションなのかなと思いました。

リヤ可倒式シートは、ターボ車のみ用意

また、後部座席を収納して、荷室・ラゲッジスペースの奥行きを広くすることができるリヤ可倒式シートは、ターボ車のみに用意されています。

■後部座席を収納した時のトランク

後部座席の背もたれを収納して、トランク・ラゲッジスペースの奥行きを拡大できると、大きい荷物を積みこむ時に便利ですよね。

このようにトランクを様々な形にアレンジできるのは、ハイブリッド車にはないガソリン車の魅力の一つなのかなと思いました。

ちなみに、こちらの記事では、ハイブリッド車とガソリン車の荷室・ラゲッジスペースの違いについてまとめています。

サイズやアレンジなどの違いについて詳しく知りたい方は、上記の記事を確認してみてくださいね。

新型スカイラインの中間モデル”GTタイプP”のメーカーオプション

新型スカイライン(SKYLINE)の中間モデルに位置をする”GTタイプP”では、次のようなメーカーオプションを用意していました。

■GTタイプPに用意されているメーカーオプション

切削光輝19インチアルミホイール 220,000円
電動ガラスサンルーフ 121,000円
BOSEサウンドシステム 223,300 円
リヤ可倒式シート 44,000 円 ターボ車のみ
本木目調フィニッシャー 77,000円
アルミ調フィニッシャー 55,000円 ターボ車のみ

サンルーフ(電動ガラスサンルーフ)やBOSEサウンドシステムなど、快適性を高めるアイテムは、中間モデルの”GTタイプP”でも用意。

また、本木目調フィニッシャーやアルミ調のフィニッシャー(ターボ車のみ)を用意しており、車内の雰囲気を変えるアイテムを用意しているのも、この”GTタイプP”の特徴の一つです。

一回り大きい19インチのタイヤ&ホイールをオプションで用意

今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の中間モデル”GTタイプP”では、18インチサイズのタイヤ&ホイールが標準装備となっています。

ただ、最上位の”GTタイプSP”と同じ19インチサイズのタイヤ&ホイールにオプションで変更する事が可能です。

こちらは、実際に19インチサイズのタイヤ&ホイールを装着した”GTタイプP”です。

■19インチタイヤ&ホイールを装着したGTタイプP

やはりタイヤ&ホイールが大きくなると、見た目の印象&迫力が変わって見えます。

19インチサイズのタイヤ&ホイールを装着すると、最上位モデルの”GTタイプSP”との外装・エクステリアの差がほとんどなくなるので、中間モデルの”GTタイプP”を選んで、19インチサイズのタイヤ&ホイールに変更するのも良いかもしれませんね。

新型スカイラインの最廉価モデル”GT”のメーカーオプション

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の最廉価モデルに位置をする”GT”に用意されているメーカーオプションは、次のようになっていました。

■GTグレードに用意されているメーカーオプション

切削光輝19インチアルミホイール 220,000円
リヤ可倒式シート 44,000 円 ターボ車のみ
電動ガラスサンルーフ 121,000円
アルミ調フィニッシャー 55,000円 ターボ車のみ

BOSEサウンドシステムや木目調のフィニッシャーの設定はなし

今回、マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の最廉価モデル”GT”は、サンルーフ(電動ガラスサンルーフ)やリヤ可倒式シートの用意はあるものの、車内のオーディオ環境を高めるBOSEサウンドシステムの用意はなし。

また、大人っぽい落ち着いた雰囲気の内装・インテリアにしてくれる木目調のフィニッシャー(加飾)の用意もありません。

このように最廉価モデルの”GTグレード”は、他のグレードよりも選べるオプションが少なくなっているので、ご注意くださいね。

新型スカイラインの”400R”のメーカーオプション

スカイライン史上最高となる405馬力を誇る特別モデル”400R”では、次のようなメーカーオプションを用意していました。

■400Rに用意されているメーカーオプション

BOSEサウンドシステム 223,300円
電動ガラスサンルーフ 121,000円

400Rに用意されているオプションは最小限

今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の400Rでは、キャリパー付きのタイヤ&ホイールなどの専用アイテムを外装や内装に多数用意。

また、荷室の奥行きを広くすることができる”リヤ可倒シート”も、この400Rでは標準装備となっています。

なので、400Rに用意されているメーカーオプションは、”BOSEサウンドシステム”とサンルーフ(電動ガラスサンルーフ)の2つのみと最小限に…。

ただ、個人的には、400Rは走りの良さを楽しむクルマなので、快適性を高めるBOSEサウンドシステムや電動ガラスサンルーフは無理して装着しなくても良いのかなと思いました。

まとめ:グレードによってはオプションの選択肢が少ないので要注意!

2019年9月に用意されている日産のプレミアムセダン車”新型スカイライン(SKYLINE)”では、このようなメーカーオプションを用意していました。

今回デビューをした新型モデルでは、グレードによって、用意されているメーカーオプションが大きく異なります。

特に最廉価モデルのGTグレードや走りに特化をした400Rでは、用意されているメーカーオプションが他のグレードよりも少なめに…。この2つのグレードでは、欲しいオプションが装着できない可能性もあるので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする