新型スカイライン400Rと標準モデルの外装の4つの違い【実車画像で比較】

2019年9月にデビューをした新型スカイライン(SKYLINE)の400Rは、V6ツインターボエンジンを搭載したガソリン車の”GT タイプSP”をべ0スに走行性能を高めたハイスペック仕様です。

そんなこの新型モデルの400Rとそれ以外のモデル(標準モデル)の外装・エクステリアを見比べてみたところ、4つの違いが…。

2019年9月に新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の400Rと標準モデルの外装・エクステリアは、それぞれどのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この2台のモデルの外装・エクステリアの4つの違いとは、何だったのでしょうか?

実車画像を使って、400Rと標準モデルの外装・エクステリアの違いを見比べてみたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型スカイライン400Rと標準モデルの外装・エクステリアをチェック

新型スカイライン400Rとガソリン車の”GTタイプSP”の外装・エクステリアは、それぞれこのようなスタイルになっています。

こちらは、スカイライン史上最高となる405馬力を備えたスポーツ仕様”400R”の外装・エクステリアです。

■400Rの外装・エクステリア

一方、こちらは、マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の標準モデルの外装・エクステリアです。

■標準モデルの外装・エクステリア
グレード:ハイブリッドGTタイプSP

 

今回デビューをした新型スカイライン(SKYLINE)の400Rと標準モデルのボディサイズは、全く同じになっています。

■新型スカイラインのボディサイズ

全長:4,810mm
全幅:1,800mm
全高:1,440mm

また、シャープなデザインになっているヘッドライトやボディの下部に設置されている横長のデザインになっているウィンカー、復活した丸形4灯のリヤコンビネーションランプなど、基本的は同じデザインになっています。

■新型スカイラインのヘッドライト

ただ、この400Rと標準モデルの外装・エクステリアを見比べてみたところ、次のような違いがありました。

タイヤ&ホイールのデザイン【新型スカイライン400Rの違い1】

今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の400Rと標準モデルの外装・エクステリアの大きな違いの一つが、タイヤ&ホイールのデザインです。

ハイスペック仕様の”400R”では、引き締まった足回りを演出するガンメタ塗装を施した19インチサイズのタイヤ&ホイールを標準装備しています。

■400Rのタイヤ&ホイール

また、400Rには、スポーツモデルらしさを強調する赤いブレーキキャンパーが標準装備されています。

■400Rのレッドのブレーキキャンパー

一方、標準モデルの足回りには、当然のことながら赤いブレーキキャンパーは装着されていません。

また、ホイールもデザインにも若干の違いが…。

私が見たモデルは、ハイブリッド車の”GTタイプP”だったのですが、このモデルのホイールはスポークの一部の断面をスパッと切ったような切削加工を施したデザインに…。

■標準モデルのタイヤ&ホイールのデザイン
グレード:ハイブリットGTタイプP

スパっと切れているスポークの断面がオシャレですよね。

400Rはスポーツモデルらしいチカラ強いデザインになっていたのに対し、標準モデルのタイヤ&ホイールは、プレミアムセダンらしいオシャレなデザインになっていました。

メッキ加飾の輝き【新型スカイライン400Rの違い2】

また、新型スカイライン(SKYLINE)の400Rと標準モデルでは、外装・エクステリアにあしらわれているメッキの加飾にも若干の違いがあります。

このクルマでは、フロントマスクのVモーショングリルやサイドウィンドウモール、
リヤコンビネーションランプを繋ぐようなバックドアガーニッシュなどに、メッキの加飾があしらわれています。

ただ、400Rと標準モデルでは、採用されているメッキの明るさに違いがありました。

こちらはスポーツ仕様の400Rのフロントグリルなのですが、このグレードでは明るさを抑えたクロームメッキとなっていました。

■400Rのフロントグリル

また、サイドウィンドウモールやバックドアガーニッシュにも明るさを抑えたクロームメッキを採用しており、400Rらしい引き締まった見た目を上手に演出していました。

一方、標準モデルでは、フロントグリルやサイドウィンドウモール、バックドアガーニッシュにオーソックスなメッキ加飾を採用。

■標準モデルのフロントグリル

キラキラと光り輝くメッキ加飾を採用している標準モデルの外装・エクステリアは、プレミアムセダンと呼ぶのに相応しい高級感あふれるデザインになっていました。

サイドミラーのデザイン【新型スカイライン400Rの違い3】

また、新型スカイライン(SKYLINE)のスポーツ仕様の400Rと標準モデルでは、サイドミラーのデザインにも違いがありました。

どちらのモデルもウィンカー付きのサイドミラーを採用しているのは同じなのですが、サイドミラーのカラーに違いが…。

■400Rのサイドミラー

■標準モデルのサイドミラー

標準モデルのサイドミラーはボディと同じカラーになっていたのに対し、400Rはブラック塗装を施したサイドミラーを標準装備。

私が見たモデルの400Rのボディカラーはブリリアントホワイトパールだったので、ブラックアウト化されたサイドミラーが際立っています。

この外装・エクステリアの良いワンポイントアクセントになっているブラックアウト化されたサイドミラーも、この2台のモデルの大きな違いの一つなのかなと思いました。

専用グレードバッチ(エンブレム)【新型スカイライン400Rの違い4】

また、今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の400Rと標準モデルでは、後ろ姿も異なります。

スポーツ仕様になっている400Rでは、リヤの右側にに専用デザインのグレードバッチ(エンブレム)を採用。

■400Rの専用グレードバッチ

リヤコンビネーションランプなど、この2台のモデルの基本的な後ろ姿は同じデザインになっているのですが、専用エンブレムが備わっているだけで、見た目の印象が大きく変わりますね。

このスポーツマインドを刺激する専用グレードバッチ(エンブレム)を装着しているのも、400Rと標準モデルの大きな違いの一つかなと思いました。

2019年4月にマイナーチェンジをして新発売された日産のプレミアムセダン新型スカイライン(SKYLINE)の400Rと標準モデルの外装・エクステリアを見比べてみたところ、それぞれこのようなデザインになっていました。

この2台のモデルはホイールのデザインやメッキ加飾など、外装・エクステリアの様々なパーツに違いが…。

そのおかげもあり、新型スカイライン(SKYLINE)のスポーツ仕様”400R”は、標準モデルとは一味違うヤンチャ感のある見た目になっていました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする