新型スカイラインのプロパイロット2.0の乗り心地は予想以上【スゴイと思ったところとは?】

2019年9月にビッグマイナーチェンジをして日産エンブレムを備えた新型スカイライン(SKYLINE)の注目の機能の一つが、半自動運転機能のプロパイロット2.0です。

スイッチ一つで車線変更や追い越しを行ってくれるなど、大幅に進化を遂げた”プロパイロット2.0″ですが、乗り心地も格段に良くなっていました。

日産の新型セレナ(SENENA)やエクストレイル(X-TRAIL)などに搭載されているプロパイロットと比較して、この新型モデルのプロパイロット2.0は、どこが良くなっていたのでしょうか?また、乗り心地にどのような違いがあったのでしょうか?

新型スカイライン(SKYLINE)に搭載されているプロパイロット2.0が、セレナなどに搭載されているプロパイロットよりも大幅に進化したと感じたところを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型スカイラインのプロパイロット2.0は直進安定性が格段にアップ

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された日産の新型スカイライン(SKYLINE)に搭載されている半自動運転機能”プロパイロット2.0″を使用してみて驚いた事の一つが、直進安静性が格段に良くなったことです。

日産の新型セレナ(SERENA)やエクストレイル(X-TRAIL)に採用されているプロパイロットは単眼カメラで白線を検知して、その中央を走るようなシンプルな仕組みになっています。

■新型セレナに搭載されている単眼カメラ

なので、セレナ(SERENA)やエクストレイル(X-TRAIL)のプロパイロットは、大げさに言うと、

「白線の左側によると右側にハンドルを切り、逆に右側に寄り過ぎると左側にハンドルを切る…」

というのを連続して繰り返しているため、直進安定性はイマイチでした。

また、このハンドルの微操舵が、乗り心地に悪さに繋がっていました。

しかし、今回ビックマイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)に搭載されている同一車線自動運転技術の”プロパイロット2.0″は、直進安定性が格段にアップ。

車高の低さ、ボディ剛性などの影響もあると思いますが、まったくふらふらとしません。

また、ハンドオフ(手放し運転)が解除され、ハンドルに触れていないといけない場面でも、カクカクとした微修正がないため、とても快適にストレスフリーで運転(?)をすることができました。

新型スカイラインのプロパイロット2.0の直進安定性が良くなった理由

今回、新型スカイライン(SKYLINE)を試乗さいた際に、同乗してくれた営業マンの方にプロパイロット2.0の直進安定性が良くなった理由を聞いてみたところ、次の2つの機能が大きくかかかわっているようです。

その1:3D高精度地図データ

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のプロパイロット2.0の直進安定性の良さは、周囲を検知するアイテムとしてカメラやレーザー、ソナーだけではなく、【3D高精度地図データ】を活用しているのが大きいみたいですね。

この新型モデルに搭載されているプロパイロット2.0では、道路の勾配や傾斜、交通標識から車線の引き方まであらゆる情報を3Dデータ化した地図データを活用しているのですが、この3D高精度地図データは、自車の走行位置を誤差数cmレベルの高精度で把握できるという代物。

そのため、セレナなどに搭載されているプロパイロット2.0とは異なり、最新のプロパイロット2.0を採用したこの新型モデルは、常にビシッと車線の中央を走行できるようになっているようですよ。

その2:ダイレクト・アダプティブ・ステアリング(DAS)

また、今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)に全グレード標準装備されているダイレクト・アダプティブ・ステアリング(DAS)も、直進安定性に大きく影響を与えているようです。

この新型モデルに全グレード標準装備されているダイレクト・アダプティブ・ステアリング(DAS)とは、簡単に言いますと、ステアリング操作を電気信号に変換をして、タイヤに伝えるという機能のことです。(詳しくは、下記の動画をご覧ください)

■ダイレクト・アダプティブ・ステアリング(DAS)

【日産】 次世代ステアリング技術

このダイレクト・アダプティブ・ステアリング(DAS)のメリットの一つは、タイヤとステアリング・ハンドルが物理的に繋がっていないため、路面のうねりや細かな路面の凹凸にハンドルを取れることがないということです。

また、今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)に搭載されているダイレクト・アダプティブ・ステアリング(DAS)では、運転手が意識する必要のないレベルのごく僅かなハンドル操作などはあえて伝えないようにしているそうです。

つまり、この新型モデルでは、ステアリング・ハンドルは全く動いていない状態なのに、実はクルマの内部では、ダイレクト・アダプティブ・ステアリング(DAS)と3D高精度地図データにより、非常に細かい位置修正を常に繰り返しているとのこと。

私も実際にこの新型モデルを試乗したのですが、ディーラーさんにこのことを教えて貰うまで、クルマの内部でダイレクト・アダプティブ・ステアリング(DAS)が細かい位置修正を繰り返ししているなんて、全く気づきませんでした。

また、白線内をヨタヨタすることなく、車線の真ん中をス~~ッと走り抜けてくれるので、とても快適です。

この快適な直進安定性と乗り心地の良さは、今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のプロパイロット2.0の大きな特徴&魅力の一つなのかなと思いました。

ちなみに、こちらの記事では、新しくなったこのクルマのハンドルのデザインや操舵感に関して、もっと詳しくまとめています。もしこのクルマのハンドルが気になる方は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

新型スカイラインのプロパイロット2.0のカーブを曲がった時の安心感

また、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のプロパイロット2.0を試乗して良かったと感じたのが、カーブを曲がった時の安心感です。

日産の新型セレナ(SERENA)や新型エクストレイル(X-TRAIL)などに用意されているプロパイロットでは、設定した速度で走行するシンプルな仕組みになっているため、首都高などの大きなカーブも、減速することなく設定した速度のまま突入をします。

また、前走車が検知できなくなると、カーブを曲がっている最中でもお構いなしに設定したスピードまで加速してきます。

なので、運転をしていて怖いと感じることも…。

しかし、今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のプロパイロット2.0では、カーブを曲がる手前で緩やかに減速して、カーブを駆け抜けていってくれます。そして、カーブを曲がり切ったところで、設定したスピードまで滑らかに加速していってくれます。

このカーブの曲がり方は、まさにベテランのドライバーさんが運転しているような安心感と乗り心地です。

カーブ手前で減速できる理由

では、なぜこの新型スカイライン(SKYLINE)に搭載されているプロパイロット2.0は、カーブの手前で減速をすることができるのでしょうか?

こちらに関しても、試乗に同行したディーラーさんに聞いてみたのですが、どうやら先ほど紹介した3D高精度地図データには、道路のカーブのこう配やR(アール)の大きさや傾きなどの情報も含まれているようです。

また、今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)では、前方を検知するために3つのカメラをフロントガラスに搭載しており、新型セレナ(SERENA)や新型エクストレイル(X-TRAIL)よりも検知範囲が広がったのも大きく影響しているようです。

■新型スカイラインの3眼式カメラ

これらの情報を元にどれくらいの速度でカーブに進入すれば良いのか計算をしているから、自然で滑らかなハンドル制御を行えるようですよ。

カーブを曲がる時の安心感や滑らかなハンドル制御もプロパイロット2.0の良いところの一つなのかなと思いました。

まとめ:新型スカイラインのプロパイロット2.0の乗り心地はケタ違いに良くなった

複数のカメラやセンサー、ソナーと3D高精度地図データを活かした新型スカイライン(SKYLINE)のプロパイロット2.0の乗り心地は、新型セレナ(SERENA)や新型エクストレイル(X-TRAIL)に搭載されているプロパイロットよりもケタ違いに良くなっていました。

このプロパイロット2.0を試乗してみて特に良いと感じたのは、直進安定性です。

プロパイロットのような自動運転に限らずハンドルを自動操舵してくれる機能は徐々に普及をしてきていますが、直進安定性やカクカク感のないハンドル制御に関しては、新型スカイライン(SKYLINE)が一番優れているような感じが…。

システム使用料などちょっと残念に感じる部分も若干はありましたが、この新型モデルに搭載されているプロパイロット2.0の乗り心地に関しては、個人的には、大満足でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする