座り心地が良い!新型スカイライン 400R専用スポーツシートの魅力とは?

外装や内装に様々な専用装備を備える新型スカイライン(SKYLINE)のハイスペック仕様”400R”は、ホールド感に優れた専用デザインの”スポーツシート”を標準装備してます。

また、この400Rのスポーツシートには、他のグレードには用意されている様々な機能も…。

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のシートは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、座り心地は、どのようになっていたのでしょうか?

他のグレードとは一線を画した400R専用シートの見た目や機能性、座り心地を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型スカイライン400Rの専用シートのデザインをチェック

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のハイスペック仕様”400R”の運転席&後部座席は、それぞれこのようなデザインになっています。

■400Rの運転席

■400Rの後部座席

この400Rのシートでは、サイドにレッドのダブルステッチをあしらったスポーツモデルらしいデザインに…。また、シートサイドには、立体感のあるキルティングを採用して、オシャレ感を演出。

こちらは、400Rのベースとなっている”GTタイプSP”に標準装備されているブラックの本革シートなのでが、400Rと比較すると、シートのデザインや雰囲気が全く異なりますよね。

■GTタイプSPに採用されている本革シート

今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の400Rシートは、標準モデルのシートとは一線を画したスポーティーさと上品さを兼ね備えたデザインとなっていました。

新型スカイライン400Rのスポーツシートは、座り心地もワンランク上

また、2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の400Rは、見た目のデザインだけではなく、座り心地も他のグレードよりも優れています。

この400Rに採用されている”スポーツシート”は、他のグレードに採用されている”標準シート(ノーマルシート)”よりもサイドサポートの張り出しが大きくなっています。

実際にスポーツシートを採用している400Rとそれ以外のシートのサイドサポートを見比べてみると、こんなにも大きな差が…

■400Rに採用されているスポーツシートのサイドサポート

 

■標準シートのサイドサポート

このように見比べると、サイドサポートの張り出しに大きな違いがあるのが分かりますよね。

なので、スポーツシートを採用している400Rとそれ以外のグレードでは、座り心地に大きな差が…。

サイドサポートが控えめになっているノーマルシート(標準シート)は座っている時の姿勢を変えやすく、良くも悪くも自由度が高い座り心地になっています。

一方、大きなサイドサポートが身体をしっかりと支えてくれる400Rの”スポーツシート”に座ってみると、自然にすっと背筋が伸びる感じが…。自分でもビックリするくらい、骨盤がしっかりと立っているのが分かります。

身長175cm中肉中背の私がピッタリな座り心地なので、恰幅(かっぷく)が良い方がこのスポーツシートに座ると、若干窮屈に感じるかもしれません。

ただ、シートのサイズがピッタリの会う人には、肩口や足回りのサイドサポートがしっかりとしている400Rのスポーツシートは、座った瞬間に、「長時間ドライブでも疲労を感じにくいな…」と思う、ホールド感が高い座り心地になっていました。

新型スカイラインのスポーツシートは、快適性を高める機能が盛り沢山

また、2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の400Rでは、長時間ドライブでも快適に座れるための工夫が施されています。

その一つが、座面の長さを拡大することができる”サイサポートエクステンション”です。
実際にこの新型モデルに用意されているサイサポートエクステンションを使用してみると、座面はこのようになります。

■標準時の400Rの座面

■サイサポートエクステンション使用時の400Rの座面

サイサポートエクステンションを使用している時と使用していない時では、シートの座面の長さが異なりますよね。

また、”サイサポートエクステンション”を使用すると、座り心地が全然違います。

サイサポートエクステンションを使用すると、シートの座面が膝の後ろまでしっかりとカバーしてくれるおかげで、長時間運転でも足がとってもラクです。

また、新型スカイライン(SKYLINE)の400Rに標準装備されているスポーツシートは、腰周りの張り出しを調整できる”電動ランバーサポート”も標準装備しています。

このように、今回マイナーチェンジをして新発売された新型モデルのハイスペック仕様”400R”は、長距離ドライブの時の疲労を軽減してくれる機能が充実してるのも魅力の一つだと思いました。

まとめ:400Rのシートは長距離ドライブする人にはピッタリ

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の400Rのシートは、レッドのステッチとキルティングをあしらった専用のデザインになっていました。

また、400Rのシートには、座面の長さを調整することができる”サイサポートエクステンション”や電動ランバーサポートなど、快適性を高める機能を多数用意。

ベースとなっているガソリン車の”GTタイプSP”と比較すると、400Rの方が70万円ほど車体本体価格は高くなっています。

決して安い価格差ではありませんが、ハイスペック仕様の”400R”は、この価格に見合う走りとシートの良さを備えているように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする