新型スカイラインのトランクスルーの広い!?【開口部を計測してみた】

2019年9月にマイナーチェンジをした新型スカイライン(SKYLINE)のターボ車は、長尺物を積みこむのに便利なトランクスルーを備えています。

また、グレードによっては、後部座席を収納して、トランクの奥行きを拡大する機能も…。

そんな新型スカイライン(SKYLINE)のターボ車に備わっているトランクスルーのデザイン、使い勝手はどうだったのでしょうか?また、トランクスルーの開口部の広さは、どうだったのでしょうか?

新しく生まれ変わったこの新型モデルのターボ車に備わっているトランクスルーの広さを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型スカイラインのトランクスルー【センターアームレストを収納した時の広さは?】

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のターボ車では、後部座席の中央に備わっているセンターアームレスト部分を収納して、荷室を広くするトランクスールを全グレードに標準装備しています。

実際にこの新型モデルのガソリン車(ターボ車)に用意されているセンターアームレストを収納するトランクスルーをしてみると、このような感じに…。

■新型スカイラインのトランクスルーをした時の様子

後部座席のセンターアームレストを収納してトランクスルーをすると、トランク側からダッシュボードまで確認することができる広さに…。

センターアームレスト部分を収納した時のみのトランクスルーは開口部がそれ程広くないので、収納できるアイテムは限られてしまいます。ただ、車内全体をぶち抜きで使用できるこの奥行きの広さは、トランクスルーの魅力の一つなのかなと思いました。

センターアームレストを収納した時のトランクスルーの開口部の広さは?

そんな新型スカイライン(SKYLINE)の後部座席のセンターアームレストを収納した時のトランクスルーの開口部の広さは、どれくらいだったのでしょうか?

先日、このクルマを試乗した時、センターアームレスト部分を収納した時のトランクスルーをの開口部の広さを確認してみたところ、このようになっていました。

■センターアームレストを収納した時の開口部の広さ

横幅:約250mm
高さ:約150mm

センターアームレストを収納した時のトランクスルーの広さは、横幅約15cmしかないので、開口部は小さく感じます。なので、収納でいるアイテムは釣り竿やスキー板など、限られてしまうと思います。

また、センターアームレストを収納した際、高さが約13cmほど段差ができてしまうのも気になるところです。

ただ、後部座席に2人乗車した状態でも、長尺物を積みこめるのは、この荷室アレンジの良いところなのかなと思いました。

新型スカイラインのトランクスルー【後部座席を収納した時の広さは?】

また、新型スカイライン(SKYLINE)の特別仕様”400R”では、後部座席の背もたれを収納するトランクスルーも標準装備されています。

実際に400Rの後部座席を全部収納した時のトランクは、このような感じになります。

■後部座席を収納した時の400Rのトランク

センターコンソール部分のみを収納したトランクスルーと比較して、やはり開口部が格段に広くなりましたね。

相変わらず背の高い荷物を積み込むのには不向きですが、収納できるアイテムの幅はだいぶ広がったように感じました。

後部座席を収納した時のトランクスルーの開口部の広さ

そんな新型スカイライン(SKYLINE)の400Rの後部座席を収納した時のトランクスルーの広さを確認したところ、次のようになっていました。

■後部座席を収納した時の開口部のサイズ

横幅:約790mm
高さ:約330mm

やはり後部座席全体を収納すると、トランクスルーの開口部の横幅は、かなり広くなりますね。なので、スノーボードやサーフィンボードなど、横幅の広いアイテムを積み込む可能です。

また、センターアームレストのみを収納した時と比較して、高さに若干の余裕が生まれるのも好印象でした。

ちなみに、トランク・荷室の奥行きを広くする事ができる”可倒式の後部座席”を収納しているのは、400Rのみです。

ただ、この”可倒式の後部座席”はメーカーオプションとして用意されているので、他のグレードのガソリン車(ターボ車)でも装着することは可能です。(メーカーオプション価格は、44,000円)

ちょっと大きめの長尺物を積み込む方は、荷室・ラゲッジスペースの奥行きを広くすることができる”可倒式の後部座席”の装着を検討してみても良いかもしれませんね。

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のガソリン車に用意されているトランクスルーの広さと使い勝手を確認してみたところ、このようになっていました。

ガソリン車(ターボ車)には、荷室の奥行きを広くすることができるセンターコンソールが備わっているおかげもあり、ハイブリッド車よりも荷室・ラゲッジスペースの使い勝手が優れている感じが…。

また、ガソリン車(ターボ車)の荷室・ラゲッジは、ハイブリッド車よりもサイズが大きくなっているのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする