新型スカイラインの収納スペース&小物入れは少なめ!?【使い勝手を徹底解剖】

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された日産の新型スカイライン(SKYLINE)は、プレミアムセダン車と呼ぶのに相応しい高級感と使い勝手の良さを備えています。

ただ、この新型モデルは高級感や上質感を優先したためか、収納スペース&小物入りは、ちょっと少なめに…。

なので、ドライブ中、スマホやボックスティッシュの置き場には、ちょっと困る可能性が…。

マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)では、どのような収納スペース/小物入れを用意していたのでしょうか?また、このクルマに備わっている収納スペース/小物入れの使い勝手や大きさは、どうだったのでしょうか?

実車画像を使って、この新型モデルの収納スペース/小物入れの広さや配置場所、使い勝手を確認したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型スカイラインの運転席周りの収納スペースを確認

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の運転席まわりは、このようなデザインになっています。

■新型スカイラインの運転席周り

今回、私が見たモデルはハイブリッド車の最上位モデル”GTタイプSP”だったのですが、センターコンソールやドア内側パネルには、オプション設定の木目調パネルがあしらわれおり、スポーティーさと高級感を兼ね備えたデザインに…。

ただ、この画像を見て分かる通り、オープントレーなど使い勝手の良い収納スペースの用意は無し…。必要最小限の収納スペースのみを用意しているような感じでした。

そんな新型モデルの運転席周りでは、どのような収納スペースを用意していたのでしょうか?

このクルマの運転席・ダッシュボードに用意されている収納スペース/小物入れを詳しく見ていきましょう。

リッド付き小型ボックス

今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の収納スペースを確認していて印象的だったのが、センターコンソールの前方部分の収納スペースです。

先代モデルでは、センターコンソールの前方には灰皿が用意されていたのですが、今回マイナーチェンジをして新型モデルでは、リッド(蓋)付きの小物入れに…。

実際にリッド(蓋)を開けてみると、このような感じに…。

このスペースには、小物入れだけではなく、12V120Wまで対応しているシガーソケットも用意。

そのため、収納スペース自体のサイズはちょっと小さめです。
また、深さも約80mmとそれ程深くありません。

なので、ミントタブレットやガム、スマホを充電するためのケーブルなど、収納できるアイテムは限られてしまうため、使い勝手はイマイチな感じが…。

個人的には、シガーソケットを別の場所に設置して、もう少し広い収納スペースが欲しかったです。

センターコンソールボックス

今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の中でも比較的大きな収納スペースとなっているのが、ドリンクホルダーの後方に備わっているセンターコンソールボックスです。

上に持ち上げるタイプになっているこのセンターコンソールボックスのリッド(蓋)を開けてみると、このような感じに…。

このクルマのセンターコンソールボックスは、USBソケットが2つ用意されている事もあり、内部は少しイビツな感じに…。また、サイズ自体は、CDケースがスッポリト収まるくらいのサイズとなっており、それ程広くありません。

なので、ボックスティッシュをこのセンターコンソールに収納するのは、ちょっと難しそうな感じが…。

ただ、このクルマのセンターコンソールボックスには、起毛処理が施されており高級感のある見た目になっているのはプレミアムセダン車らしくて良かったです。

また、ボックス内の後方には、ボールペンなどを収納しておくのに便利な小さなトレーが備わっているのも好印象でした。

グローブボックス

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のグローブボックスは、このようなデザインになっています。

横に広いワイド感のあるデザインになっているものの、思ったよりも奥行きはありません。なので、車検証を入れると、他のアイテムを収納する余裕はほとんどなくなってしまうような感じが…。

ただ、このクルマのセンターコンソールボックスは施錠することができるため、貴重品の収納場所として重宝するのかなと思いました。

また、センターコンソールボックスと同様に起毛処理が施されており、高級感のあるデザインになっているのも好印象でした。

オーバーヘッドコンソール

新型スカイライン(SKYLINE)のルームランプ部分には、ワンタッチで開閉することができるオーバーヘッドコンソールが全グレード標準装備されています。

実際にオーバーヘッドコンソールを開けてみると、このような感じに…。

このオーバーヘッドコンソールの中には、収納したアイテムに傷がつくのを防ぐためのマットが敷かれています。なので、運転用のメガネやサングラスなどを収納しておくのにピッタリです。

また、このクルマは運転席周りに収納スペースが多く無いため、ポケットティッシュやウェットティッシュなどを収納しておくのも良いのかなと思いました。

ドア内側パネルポケット

今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のドア内側パネルの下部には、飲み物や雑誌、折り畳み傘などを収納できるポケットを用意されています。

ただ、このクルマはスピーカーのサイズが大きい影響で、ドアポケット自体は小さめ…。
このスペースにペットボトルのドリンクを置くと、スマホやiPhoneくらいしか収納できません。

また、ドアハンドル部分も収納スペースとして使用することができますが、こちらもかなり小さめ…。

この新型モデルでは、ドア内側パネルに2つ収納スペースを用意していますが、どちらもサイズが小さいため、収納できるアイテムは限られてしまうのかなと思いました。

新型スカイライン 後部座席周りの収納スペース/小物入れをチェック

また、2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)は、運転席まわり同様に後部座席まわりの収納スぺース/小物入れの数は少なくなっていました。

この新型モデルの後部座席には、どのような収納スペース/小物入れが用意されていたのでしょうか?

実車画像を使って、後部座席周りの収納スペース/小物入れを確認していきたいと思います。

シートバックポケット

この新型モデルでは、運転席/助手席のシートバックに雑誌や地図などを収納できるシートバックポケットを用意しています。

クルマによっては、スマホやiPhoneなどを収納できる小さいサイズのシートバックを用意しているところもありますが、このクルマでは、オーソドックスなタイプのシートバックバックポケットを用意。

ただ、このクルマに用意されているシートバックポケットは、厚みがある女性のファッション雑誌などもラクラク収納できる使い勝手に優れたデザインになっていました。

ドア内側パネル

また、今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)は、後部座席のドア内側パネルにも収納スペース/小物入れを用意しています。

ただ、この新型モデルでは、他のクルマで良く見るようなドア内側パネルの下部にポケットは用意されていません。小物入れとして使用できるのは、ドアハンドル部分です。

なので、この新型モデルの後部座席周りの収納スペース/小物入れは、競合車・ライバル車よりも少ないような感じが…。

後部座席に乗車中、財布やスマホなどをどこかに置いておきたい方は、シートに中央に備わっているドリンクホルダーを収納スペースとして活用した方が良いかもしれませんね。

まとめ:新型スカイラインの収納スペースの少なさは要注意

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された日産のプレミアムセダン車新型スカイライン(SKYLINE)の収納スペース/小物入れの数や使い勝手を確認してみたところ、このようになっていました。

このクルマの収納スペース/小物入れは、競合車・ライバル車よりも少なめになっています。特に後部座席まわりの収納スペース/小物入れの少なさは、少々気になりました。

このクルマの購入を検討している方は、試乗をする際、収納スペースの数や使い勝手もしっかりと確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする