新型ヴェゼルはオートブレーキホールドも進化【先代と変わったところとは?】

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、先代モデルと同様、ブレーキペダルから足を離しても停車状態をキープしてくる”オートブレーキホールド”を全グレードに標準装備しています。

先日、この新型モデルを試乗した時に気づいたのですが、今回デビューを果たした新型モデルに用意されているオートブレーキホールドは、先代モデルのものよりも使い勝手が良くなっていました。

新型モデルのオートブレーキホールドは、先代モデルのものよりもドコが進化したのでしょうか?また、オートブレーキホールドの使い勝手は、どうだったのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に標準装備されているオートブレーキのデザインや進化のポイント、使い勝手を確認してきたので、紹介します。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

どこが進化した?【新型ヴェゼルのオートブレーキホールドを徹底チェック】

2021年4月にデビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に用意されているオートブレーキホールドの

■新型ヴェゼルのオートブレーキホールドスイッチ

センターコンソールにスイッチを配置

今回デビューを果たしたモデルは、ハイブリッド車/ガソリン車どちらもセンターコンソールの中央に備わっているスイッチ類の一番下の部分にオートブレーキホールドスイッチを搭載。

■ハイブリッド車のセンターコンソールスイッチ

■ガソリン車のセンターコンソールスイッチ

スイッチのサイズ自体は少し小さめです。

ただ、運転席から手が届きやすいため、操作性は良いです。

また、オートブレーキホールドのスイッチの一上に備わっている電動パーキングスイッチと形状が異なるため、押し間違える心配がないのも好印象でした。

オートブレーキの作動は非常に簡単

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に用意されているオートブレーキホールドの設定は、非常に簡単です。

センターコンソールに備わっているオートブレーキホールドスイッチを押すと、マルチインフォメーションディスプレイに「オートブレーキホールド スタンバイ」と表示され、スタインバイ状態になります。

また、オートブレーキホールドをスタンバイ状態にすると、メーターの右下にこのように「BRAKE HOLD」と書かれた表示が点灯します。

■オートブレーキホールドのスタンバイ状態

オートブレーキホールドの設定&起動は、たったこれだけです。

このような感じでオートブレーキホールドをスタンバイ状態にすると、ブレーキペダルから足を離しても停車状態をキープしてくれます。

ちなみに、オートブレーキホールドが作動中は、オートブレーキホールドのスタンバイ状態を表す「BRAKE HOLD」の下に「A」と描かれたマークが点灯をします。

■オートブレーキホールド作動時のメーター表示

もしオートブレーキホールドがしっかりと作動をしているか不安な方は、ブレーキペダルから足を離す前に、このメーターの表示を確認するようにすれば良いですよ。

また、オートブレーキホールドの解除は非常に簡単で、アクセルペダルを踏み込むと、機能が解除され、発進することができますよ。

新型ヴェゼルのオートブレーキは前回の設定を維持

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)と先代モデルで大きく変わったのは、エンジンを再始動した時のオートブレーキホールドの状態です。

先代モデルは、エンジンを一度切ってしまうと、オートブレーキのスタンバイ状態が解除されてしまったんですよね。

なので、オートブレーキホールドを使用するのは、エンジンを立ち上げるたびに、オートブレーキホールドスイッチを操作して、スタンバイ状態にする必要がありました。

■先代モデルのオートブレーキホールドスイッチ

しかし、今回デビューを果たした新型モデルでは、エンジンを切る前の設定を維持。

つまり、オートブレーキホールドを使った状態でエンジンを切ると、エンジン立ち上げ後もオートブレーキホールドのスタンバイ状態を維持してくれます。

なので、新しく生まれ変わった新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)では、先代モデルのようにエンジンを立ち上げるたびに、オートブレーキホールドスイッチを押して、システムを立ち上げる必要はありません。

「えっ、オートブレーキホールドの進化ってこれだけ!?」と、思う方もいるかもしれません。

先代モデルに乗っていた方は共感してもらえると思いますが、たったこれだけの変更で、オートブレーキホールドの使い勝手は、格段に良くなったように感じました。

使い勝手はどうだった?【新型ヴェゼルのオートブレーキホールドの感想】

前回の状態を引き継いでくれるようになった新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のオートブレーキホールドですが、使い勝手、操作性は、予想以上に良かったです。

今回デビューを果たした新型モデルのオートブレーキホールドを使ってみて、良いと思ったところはどこだったのか?実際に使用をした感想をを紹介したいと思います。

発進時のスムーズさ【オートブレーキホールドの魅力1】

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に用意されているオートブレーキホールドを実際に使用してみて良いと思ったのが、停車後の発進時のスムーズさです。

先ほども申し上げた通り、この新型モデルは、アクセルペダルを踏み込むと、オートブレーキペダルは解除され、再発進&加速をすることができます。

ただ、以前、試乗をしたアルファードやヴェルファイアでは、オートブレーキペダルを解除した後の再発進&加速の直後に、ギクシャク感というかカクっと急ブレーキがかかる感じがあったんですよね。

しかし、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のオートブレーキは、ギクシャク感がなくスムーズに発進&加速していきます。

また、アクセルペダルを踏み込んだ時、タイムラグなくスムーズに発進をしていく感じも好印象でした。

バック&駐車もスムーズ【オートブレーキホールドの魅力2】

また、新しく生まれ変わった新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)を試乗して驚いたのが、バックをした時です。

クルマによっては、リバース(R)に入れた時でも、オートブレーキホールドが作動するようになっている場合があります。

意外と、バックや駐車をする時って、ブレーキを踏むたびにオートブレーキホールドが作動するのは、意外と面倒なんですよね。

しかし、今回デビューを果たした新型モデルでは、リバースに入れた時は、オートブレーキホールドが作動しないように設定されています。

そのおかげもあり、この新型モデルは、バックや駐車もストレスを感じることなく、非常にスムーズに行うことができました。

まとめ:使い勝手&操作性が良くなった新型ヴェゼルのオートブレーキホールド

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に用意されているオートブレーキホールドは、このようなデザイン&使い勝手になっていました。

■新型ヴェゼルのオートブレーキホールドのまとめ

・全グレードにオートブレーキホールドを標準装備
・前回の設定を引き継いでくれるように進化
・オートブレーキホールドの解除後の発進もスムーズ
・バックをする時はオートブレーキホールドは介入しない

今回デビューを果たした新型モデルでは、全グレードにオートブレーキホールドが標準装備されているのですが、エンジンを切る前の設定をそのまま引き継いでくれるように進化。

そのおかげもあり、新しく生まれ変わった新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)では、毎回、オートブレーキホールドスイッチを押す手間から解放されました。

また、e:HEVと名付けられたハイブリッドシステムとの相性も良く、オートブレーキホールドを解除した後、ギクシャク感なくスムーズに発進&加速していくのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02