快適で運転もしやすい!新型ヴェゼルの運転席の魅力&不満を徹底解説

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の魅力の一つは、運転に集中できるドライバーファーストのレイアウトです。

そのおかげもあり、この新型モデルは、競合車・ライバル車よりも広く、快適性に優れた運転席まわりになっていました。

そんな新型モデルの運転席は、どのようなデザインだったのでしょうか?また、どのような魅力&欠点、不満を備えていたのでしょうか?

新しく生まれ変わったホンダの人気SUV新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の運転席のデザインや魅力、残念だったところを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェゼルの運転席のデザイン&座り心地をチェック

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの人気コンパクトSUV新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の運転席は、このようなデザインをしています。

■新型ヴェゼルの運転席

シートサイズが大きくゆったりとした座り心地

今回デビューを果たしたホンダ新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、競合車・ライバル車よりもシートサイズが大きく、ゆったりとした座り心地に…。

この新型モデルの運転席は、サイドの張り出しが大きく、カーブを曲がった時にしっかりと身体を支えてくれる作りになっていますが、シートのメイン部分が広めになっているため、普段の時はタイト感&窮屈さは一切ありません。

また、この新型モデルの運転席は、柔らかくて座った瞬間にお尻が深く沈み込むような”ふかふか”とした感じと言うよりも、適度な硬さと弾力がある座り心地に…。

座った瞬間、適度にお尻が沈み込むこの新型モデル運転席は、ドライビング姿勢を安定させながら体圧もしっかりと分散してくれる座り心地になっているため、長時間ドライブでも快適に過ごすことができるのかなと思いました。

SUVよりもセダンやコンパクトカーのような着座位置

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の運転席に座って印象的だったのが、着座位置です。

この新型モデルは、競合車・ライバル車よりも床に対する運転席の座面が低めの設定になっており、SUVというよりは、インサイトなどのセダン車や新型フィット4(FIT4)のような着座位置&座り心地に…。

ただ、この新型モデルは、インパネの上面がフラットでスッキリとしているため、運転のしにくさ&視界の悪さはありませんでした。

新型ヴェゼルの運転席【競合車にはない魅力とは?】

このようなデザイン&座り心地になっていた新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の運転席ですが、競合車・ライバル車にはない魅力&メリットがありました。

この新型モデルの運転席が競合車・ライバル車よりも優れているところは、どこだったのでしょうか?実際にこの新型モデルを試乗して、競合車よりも良いと思ったところを紹介したいと思います。

運転席の足元空間の広さ

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の運転席が競合車よりも優れていると感じたところの一つは、足元空間(ニークリアランス)の広さです。

今回デビューを果たした新型モデルは、競合車・ライバル車よりも室内幅が広いこともあり、足元空間(ニークリアランス)にゆとりがあります。

■新型ヴェゼルの運転席の足元空間

そんな新型モデルの運転席の足元空間(ニークリアランス)で良いと思ったのが、左足まわりのゆとりです。

クルマによっては、センターコンソールの影響で、左側の足元空間(ニークリアランス)は狭い場合もあるのですが、今回デビューを果たした新型モデルは、左足付近も十分なスペースを確保しているため窮屈さは一切ありません。

また、今回デビューを果たした新型モデルは、センターコンソールのサイドに合成レザーをあしらっているおかげで、左足がセンターコンソールに触れても不快感がないのも好印象でした。

スイッチの操作のしやすさ

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の運転席まわりで印象的だったのは、スイッチの操作のしやすさです。

この新型モデルでは、センターコンソールのシフトレバーの後方に、ドライブモード切替スイッチや坂道を運転する時に重宝をするヒルディセントコントロール、オートブレーキホールド&電動パーキングブレーキのスイッチを備えているのですが、運転席から手が届きやすいため操作が非常にしやすいです。

■新型ヴェゼルのスイッチ

しかも、この新型モデルのセンターコンソールまわりのスイッチは、一つ一つ形状がことなるため、操作ミスをしにくくなっていたのも好印象でした。

運転席からの視界&見晴らし

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の運転席の魅力&メリットの一つは、視界&見晴らしの良さです。

この新型モデルは、上面がスッキリとした薄型&水平基調のインパネ・ダッシュボードを採用していることもあり、運転席からの視界が良いです。

■新型ヴェゼルのインパネ&ダッシュボード

また、先代モデルよりも斜め前方の視界&視認性に優れているのも好印象でした。

新型ヴェゼルの運転席【競合車よりも劣る欠点&デメリットとは?】

足元空間の広さや視界の良さなど、競合車・ライバル車にはない様々な魅力がある新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の運転席ですが、実際に試乗をしてみて、気になるところもありました。

この新型モデルの運転席の欠点&デメリットを紹介したいと思います。

電動パワーシートの用意はなし

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の運転席の残念だったところの一つが、シートの前後位置や高さ、背もたれの角度を自動で調整することができる電動パワーシートではなく、シンプルな手動式になっていたことです。

■新型ヴェゼルの運転席調整レバー

競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタの新型ヤリスクロス(YARISCROSS)では、電動パワーシートを用意していたんですよね。

■新型ヤリスクロスの運転席

この新型モデルの特徴を考えると、上位モデルに位置をする”Zグレード”や”PLaY”には、運転席の位置などを簡単に調節することができる電動パワーシートを用意しても良かったのかなと思いました。

センターアームレストの快適性&使い勝手

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の運転席まわりで気になったのは、運転席と助手席の間に用意されているセンターアームレストの使い勝手です。

■新型ヴェゼルのセンターアームレスト

先代モデルのセンターアームレストは、前後にスライドできるようになっていたおかげで、使い勝手が良かったんですよね。

■先代モデルのセンターアームレスト:後方時

■先代モデルのセンターアームレスト:前方時

しかし、今回デビューを果たした新型モデルのセンターアームレストは、先代モデルのように前後にスライドをすることができない固定式に…。

■新型ヴェゼルのセンターアームレスト

しかも、この新型モデルのセンターアームレストは、シフトレバーまで少し距離が遠いため、アームレストに腕を置いたままシフトレバーの操作が少ししにくいんですよね。

個人的には、先代モデルのようにこの新型モデルのセンターアームレストもスライド式にして貰いたかったです。

まとめ:快適性&運転のしやすさに優れる新型ヴェゼルの運転席

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の運転席は、このようなデザインをしていました。

■新型ヴェゼルの運転席

・競合車よりもシートサイズが大きく、ゆったりとした座り心地
・窮屈さがない足元空間
・ダッシュボードの上面がフラットで運転がしやすい
・ドライブモード切替スイッチなどの操作も良好
・電動パワーシートの用意はなし

今回デビューを果たした新型モデルの運転席は、シートサイズが大きく、また、足元空間(ニークリアランス)も広いため、競合車・ライバル車よりもゆったりとした座り心地に…。

電動パワーシートなどの用意がなかったのは少々残念でしたが、ワンランク上の高級SUVのような快適性&座り心地の良さがありました。

また、運転席からの前方の視界&視認性がよく、ストレスフリーで運転ができるのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02