新型ヴェゼルのスマートキーとパワースイッチ【デザインや使い勝手を徹底解剖】

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、非接触タイプのスマートキーとパワースイッチが、全グレードに標準装備されています。

ただ、今回デビューを果たした新型モデルのスマートキーは、先代モデルと少し違うデザインになっていました。

また、エンジンを立ち上げる時に使用するパワースイッチのデザインや配置場所も、先代モデルと違いがありました。

今回デビューを果たした新型モデルに用意されているスマートキー&パワースイッチは、どのようなデザイン&使い勝手になっていたのでしょうか?また、先代モデルとどんな違いがあったのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に標準装備されているスマートキー&パワースイッチのデザインや使い勝手を確認してきたので、紹介します。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェゼルのスマートキー【デザインや機能を実車画像でチェック】

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に用意されているスマートキーは、このようなデザインをしています。

■新型ヴェゼルのスマートキー:表面

■新型ヴェゼルのスマートキー:裏面

ハイブリッドとガソリンで同じデザインのスマートキーを採用

先代のヴェゼル/ベゼル(VEZEL)では、ハイブリッド車とガソリン車でスマートキーのカラーに違いがありました。

こちらは、先代モデルのハイブリッド車のメーターです。

■先代モデルのハイブリッド車のスマートキー

先代モデルのハイブリッド車は、表面にブルーをあしらったスマートキーを採用。

一方、こちらは、先代モデルのガソリン車のスマートキーです。

■先代モデルのガソリン車のスマートキー

先代モデルのガソリン車は、表面にブラックをあしらっており、ハイブリッド車よりも引き締まった印象のあるスマートキーになっていました。

しかし、今回デビューを果たした新型モデルでは、ハイブリッド車とガソリン車でスマートキーのデザインに違いはなく、すべてブラックに統一。

■新型ヴェゼルのスマートキー

コストなどの問題もあるのかもしれませんが、個人的には、先代モデルのようにハイブリッド車とガソリン車で別のデザインのスマートキーにして、特別感を演出しても良いのかなと思いました。

降車時オートドアロック機能を搭載

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)では、スマートキーを携帯した状態で車から離れると、ドアが自動的に施錠をしてくれる”降車時オートドアロック機能”を搭載。

時々、クルマの施錠をしたか不安になることってありますよね。

しかし、”降車時オートドアロック機能”を備えているこの新型モデルでは、このような不安から解放されますよ。

上位モデルではテールゲートの開閉スイッチを搭載

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の上位モデルに位置をする”プレイ(PlaY)”と”Zグレード”では、スイッチを押すだけでテールゲートを自動開閉することができる”パワーテールゲート”を標準装備しています。

なので、スマートキーにも、テールゲート開閉するためのスイッチが備わっています。

この新型モデルでは、足の出し入れでドアを開け閉めすることができるハンズフリー機能も備えています。

ただ、少し遠い距離からでもテールゲートを開け閉めすることができるスマートキーの解錠/施錠スイッチは、意外と重宝するのかなと思いました。

新型ヴェゼルのパワースイッチ【配置場所&操作性をチェック】

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に用意されているパワースイッチ/プッシュエンジンスタートは、このようなデザインをしています。

■新型ヴェゼルのパワースイッチ/プッシュエンジンスタート

ハンドルの右側にパワースイッチを搭載

先代モデルのヴェゼル/ベゼル(VEZEL)では、パワースイッチ/プッシュエンジンスタートがハンドルの左側に備わっていました。

■先代モデルのパワースイッチ/プッシュエンジンスタート

しかし、今回デビューを果たした新型モデルでは、ハンドル・ステアリングホイールの右側になっていました。

■新型モデルのパワースイッチ/プッシュエンジンスタート

パワースイッチの操作性は先代より悪くなった

先代モデルと設置位置が変わった新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のパワースイッチ/プッシュエンジンスタートを操作したところ、少し気になったところがありました。

それは、パワースイッチ/プッシュスタートエンジンの操作性です。

先代モデルは、ダッシュボードの中央にあるエアコンパネルのスグ脇にあったため、操作性が状に良かったのです。

しかし、今回デビューを果たした新型モデルのパワースイッチ/プッシュエンジンスタートは、ハンドルの裏側に備わっています。

そのため、ハンドル・ステアリングホイールを避けるように手を伸ばさなければいけないため、操作がしにくい感じが…。

このパワースイッチ/プッシュスタートエンジンの操作性の悪さは、少し気になるところでした。

スマホを使ってのエンジン始動の操作性もイマイチ

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、スマホ/iPhoneを使って、エンジンの始動をすることができるようになっています。

ただ、通信の問題などでスマホ/iPhoneからエンジンの始動をすることができない可能性もあるので、スマートキーと携帯は必須のようです。

また、スマホ/iPhoneでエンジンを立ち上げるためには、毎回、メーター部分に表示されるPINコードを入力しないといけないようです。

このようなことを考えると、スマホ/iPhoneでエンジンを立ち上げるよりも、普通にハンドルの右側に備わっているパワースイッチ/プッシュスタートエンジンを使った方が早いのかなと思いました。

まとめ:使い勝手の悪さも目についた新型ヴェゼルのスマートキー&パワースイッチ

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のスマートキー&パワースイッチは、このようになっていました。

■新型ヴェゼルのスマートキー&パワースイッチのまとめ

・スマートキー&パワースイッチを全グレードに標準装備
・スマートキーのデザインはブラックに統一
・降車時オートドアロック機能を搭載
・パワースイッチはハンドルの右側に搭載
・パワースイッチの操作性は悪くなった
・スマホ/iPhoneのエンジン始動の操作性はイマイチ

今回デビューを果たした新型モデルでは、降車時オー使い勝手の良いスマートキーを全グレードに標準装備していたのは好印象。

ただ、パワースイッチの設置場所やスマホ/iPhoneを使用してのエンジンの立ち上げのスムーズさに関しては、少し課題があるのかなと思いました。

もし、これからこの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の試乗に行かれる方は、ここらへんもしっかりと確認をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02