デザイン&機能に差が!新型ヴェゼルのヘッドライトの違いをグレード別に紹介

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、全グレード、LEDヘッドライトを標準装備しています。

ただ、グレードによって、ウィンカーの光り方や備わっている機能が異なります。

また、下位モデルと上位モデルのLEDヘッドライトを見比べてみると、細かなデザインの違いが…。

今回デビューを果たした新型モデルの各グレードのヘッドライトは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、グレードによって、どんな違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のLEDヘッドライトのデザインや機能性、点灯時の様子の特徴や違いを紹介します。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

Xグレード/Gグレードの特徴&注目ポイントは?【新型ヴェゼルのヘッドライト1】

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のハイブリッド車の下位モデルに位置をする”Xグレード”、ガソリン車の”Gグレード”のヘッドライトは、このようなデザインをしています。

■Gグレード/Xグレードのヘッドライト

また、この新型モデルの”Xグレード”、”Gグレード”のヘッドライトを点灯すると、このような感じになります。

■Gグレード/Xグレードのヘッドライト:点灯時

 廉価モデルでもLEDヘッドライトを標準装備

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)では、下位モデルに位置をする”Xグレード”&”Gグレード”でも、LEDヘッドライトを標準装備しています。

下位モデルでも、ハロゲンではなく、LEDのヘッドライトを標準装備しているのは、かなり嬉しいですよね。

そのおかげもあり、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の下位モデルは、上位モデルと比べても遜色のないスタイリッシュなフロントマスクになっていました。

オーソドックスなタイプのウィンカーを採用

このようにスタイリッシュなデザインをしている新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の”Xグレード”と”Gグレード”のヘッドライトですが、上位モデルと異なるのが、ウィンカーの光り方です。

上位モデルに位置をする”Zグレード”や”プレイ(PLaY)”では、流れるウィンカー(シーケンシャルウィンカー)を採用していましたが、下位モデルでは、チカチカと点灯をするオーソドックスなタイプのウィンカーを標準装備。

■Gグレードのウィンカー

ただ、この新型モデルのウィンカーにもLEDを採用していることもあり、下位モデルならではの安っぽさは感じませんでした。

オートレベリング機能の用意はなし

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の下位モデルに位置をする”Xグレード”と”Gグレード”では、自動的に照射範囲の高さを調節してくれるオートレベリング機能の用意はなく、マニュアルレベリングとなっています。

そのため、運転席の右側には、照射範囲の高さを調節するレバーが備わっています。

■新型ヴェゼルのレベリングスイッチ

ここらへんも、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の上位モデルと下位モデルのヘッドライトの大きな違いの一つなのかなと思いました。

Zグレードの特徴&注目ポイントは?【新型ヴェゼルのLEDヘッドライト2】

また、機能や装備の充実度が魅力の新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の上位モデル”Zグレード”のヘッドライトは、このようなデザインをしています。

■ZグレードのLEDヘッドライト

また、この新型モデルのZグレードのヘッドライトを点灯すると、このような感じになります。

■ZグレードのLEDヘッドライト:点灯時の様子

今回デビューを果たした新型モデルのZグレードも、下位モデルに位置をする”Xグレード”と”Gグレード”と同じフルLEDヘッドライトを採用しています。

ただ、細かいところのデザインや機能に違いがありました。

Zグレードはユニット内の加飾にメッキを採用

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の上位モデル”Zグレード”のヘッドライトの注目ピントの一つは、ヘッドライト内のデザインです。

この新型モデルの”Zグレード”は、下位モデルに位置をする”Gグレード”や”Xグレード”と異なり、ヘッドライト内にメッキの加飾を採用。

このようにZグレードとGグレードのヘッドライトを見比べると、デザインの違いが一目瞭然ですよね。

■メッキの加飾あしらったZグレードのヘッドライト

■オーソドックスなデザインのGグレードのヘッドライト

そのおかげもあり、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の上位モデル”Zグレード”は、下位モデルに位置をする”Xグレード”と”Gグレード”よりも高級感&上質感のあるヘッドライトのデザインになっていました。

流れるウィンカーを標準装備

また、ウィンカーのデザイン&点灯方法も、注目ポイントの一つです。

下位モデルに位置をする”Xグレード”と”Gグレード”では、チカチカと点滅をするオーソドックスなデザインのウィンカーを標準装備していました。

しかし、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の上位モデルに位置をする”Zグレード”では、最近トレンドの流れるウィンカー(シーケンシャルウィンカー)を標準装備。

■ウィンカー点灯時のZグレードのヘッドライト

この新型モデルでは、ワイド感のあるヘッドライトを採用していることもあり、流れるウィンカーが非常に映えます。

このスタイリッシュな目元を演出する流れるウィンカーも、上位モデルに位置をする”Zグレード”の特徴&魅力の一つなのかなと思いました。

オートレベリング機能を標準装備

また、自動でヘッドライトの上下方向の照射範囲を調整してくれるオートレベリング機能を備えているのも、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のZグレードの特徴&魅力の一つです。

そのため、他のグレードとは異なり、この新型モデルの”Zグレード”のスイッチベースには、ヘッドライトの照射範囲を調整するレベリングスイッチの用意はありません。

■Zグレードのスイッチベース

このように他のグレードよりも安全性が高いのも、この新型モデルのZグレードのヘッドライトの特徴の一つなのかなと思いました。

アクティブコーナリングライトも標準装備

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の上位モデル”Zグレード”は、カーブを曲がる際、進行方向を照らしてくれる”アクティブコーナリングライト”も標準装備しています。

ちょっと分りにくいのですが、アクティブコーナリングライトは、ヘッドライトユニットの一番内側に備わっています。

■Zグレードのアクティブコーナリングライト

ちなみに、今回デビューをはたした新型モデルの4つのグレードの中で、夜間の安全性を高めてくれる”アクティブコーナリングライト”を用意しているのは、このZグレードのみです。

他のグレードでは、カーブの進行方向を照らしてくれるアクティブコーナリングライトの用意はありません。

もし夜間ドライブの安全性や運転のしやすさを最優先で考えるのなら、アクティブコーナリングライトやオートレベリング機能が備わっている新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のZグレードが良いかもしれませんね。

プレイ(PLaY)の特徴&注目ポイントは?【新型ヴェゼルのLEDヘッドライト】

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の最上位モデル”プレイ(PLaY)”のヘッドライトは、このようなデザインをしています。

■プレイ(PLaY)のヘッドライト

また、この新型モデルの”プレイ(PLaY)”のヘッドライトを点灯すると、このような感じになります。

■プレイ(PLaY)のヘッドライト:点灯時の様子

ヘッドライト内にメッキの加飾をあしらっているところなど、プレイ(PLaY)の基本的なヘッドライトのデザインは、一つ下のグレード”Zグレード”と同じになっています。

ただ、ヘッドライトの機能に関しては、若干の違いがありました。

オートレベリング機能の用意はなし

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の最上位モデル”プレイ(PLaY)”と”Zグレード”のヘッドライトの大きな違いの一つが、レベリング機能です。

“Zグレード”では、自動的に上下の照射範囲を調整する”オートレベリング機能”が標準装備されていました。

しかし、最上位モデルの”プレイ(PLaY)”では、オートレベリング機能の用意はなく、廉価モデルと同じ手動でヘッドライトの照射範囲を調整するマニュアルレベリング機能を搭載。

そのため、プレイ(PLaY)のスイッチベースには、ヘッドライトの照射範囲を調整する、レベリングスイッチが用意されていました。

■プレイのレベリングスイッチ

アクティブコーナリングライトの用意もなし

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の最上位モデル”プレイ(PLaY)”は、進行方向を照らしてくれるアクティブコーナリングライトの用意もありません。

そのため、夜間ドライブの視認性&安全性は、Zグレードよりも見劣りします。

新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のプレイ(PLaY)は最上位モデルにも関わらず、”Zグレード”よりもヘッドライトの機能が少し見劣りするのは、少し気になるところでした。

流れるウィンカーは標準装備

Zグレードと比較すると、夜間の安全性&視認性が劣る新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のプレイ(PLaY)ですが、流れるウィンカー(シーケンシャルウィンカー)は、標準装備されています。

■プレイ(PLaY)のシーケンシャルウィンカー

流れるウィンカーは、やはりオシャレで良いですね。

また、フロントグリルに備わっているトリコロールカラーの加飾”カラーバーオーナメント”との相性も良く、スタイリッシュで遊び心のあるフロントマスクを演出しているように感じました。

まとめ:グレードによってデザインや機能が異なる新型ヴェゼルのヘッドライト

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のヘッドライトのデザインや機能を確認したところ、このようになっていました。

■新型ヴェゼルのヘッドライトのまとめ

・全グレードLEDヘッドライトを標準装備
・Zグレードとプレイは流れるウィンカーを標準装備
・オートレベリング&アクティブコーナリングライトはZグレードのみ

全グレード、LEDヘッドライトを標準装備しているのは、競合車・ライバル車にはないこの新型モデルの魅力の一つです。

ただ、オートレベリング機能&アクティブコーナリングライトが用意されているのは、Zグレードのみなど、グレードによって、ヘッドライトまわりの機能やデザインが異なるので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02