先代より使いにくい?新型ヴェゼルのセンターコンソールの使い勝手を徹底レビュー

2021年4月にデビューを果たしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、先代モデルよりも機能&装備が充実しており、先代モデルよりも快適に過ごせるクルマになっていました。

ただ、センターコンソールのデザイン&使い勝手に関しては、先代モデルの方が良いような感じが…。

この新型モデルに用意されているセンターコンソールは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この新型モデルのセンターコンソールの使い勝手で気になったところは、どこだったのでしょうか?

2021年4月にデビューを果たしたホンダの人気コンパクトSUV新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のセンターコンソールのデザインや使い勝手、残念に感じたところを包み隠さずお話したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェゼルのセンターコンソールのデザインをチェック

2021年4月にデビューを果たしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のセンターコンソールは、このようなデザインをしています。

■新型ヴェゼルのセンターコンソール

オーソックスなシングルタイプに変更

先代モデルのセンターコンソールは、上下に分かれた2段組(ブリッジタイプ)のセンターコンソールを標準装備していました。

■先代モデルのセンターコンソール

しかし、今回デビューを果たした新型モデルでは、先代モデルのようなブリッジタイプのセンターコンソールをやめてオーソドックスなデザインに…。

■新型ヴェゼルのセンターコンソール

そのおかげもあり、運転席まわりはスッキリとしましたが、運転席まわりの収納力は、先代モデルよりも少し見劣りするように感じました。

ストレートゲート式のシフトレバーを標準装備

また、シフトレバーも注目の装備&アイテムの一つです。

先代モデルと同様にこの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)でも、センターコンソールの前方にシフトレバーを備えているのですが、今回デビューを果たした新型モデルでは、オーソドックスなストレートゲート方式のシフトレバーを標準装備。

■新型ヴェゼルのシフトレバー

この新型モデルのシフトレバーには、ステッチが施されたシフトブーツがあしらわれており、高級感のある見た目を演出。

センターコンソールに運転操作系のスイッチを集約

また、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のシフトレバーの後方には、運転操作に関するスイッチ類が集約されています。

■センターコンソールに備わっているスイッチ類

・ドライブモードスイッチ
・ヒルディセントコントロール
・電動パーキングブレーキ
・オートブレーキホールド

今回デビューを果たした新型モデルでは、スポーツ/ノーマル/エコの3つのモードから選ぶことができるドライブモードスイッチや、一定の速度で下り坂を走行することができる”ヒルディセントコントロール”などを搭載。

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)では、快適な運転をサポートしてくれる電動パーキングブレーキやオートブレーキホールドも、全グレード標準装備となっていました。

ドリンクホルダーを2個装着

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)では、センターコンソールにドリンクホルダーを2個用意。

■センターコンソールのドリンクホルダー

置いたドリンクをしっかりと固定をするストッパーも備わっており、安心感があるデザインになっているのが好印象でした。

センターコンソールの前方にUSBポートを2個用意

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)では、センターコンソールの前方にUSBポートが2個用意されています。

■新型ヴェゼルのUSB

先代モデルのUSBポートは、センターコンソールの下段に備わっていたため、少し使い勝手が悪かったんですよね。

しかし、今回デビューを果たした新型モデルでは、使いやすい位置にUSBポートを設置。

また、USBポートの近くには、トレイが用意されており、充電中のスマホやiPhoneを収納することができるようになっていたのも好印象でした。

アームレスト付きのセンターコンソールボックスを標準装備

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)では、センターコンソールの後方にアームレスト付きのコンソールボックスを標準装備。

■アームレスト付きのセンタコンソールボックス

アームレスト部分には、ソフトパッドがあしらわており、スタイリッシュなこの新型モデルに相応しいデザインに…。

また、この新型モデルのセンターコンソールボックスの中身を確認してみたところ、このよな感じに…。

■センターコンソールボックスの収納力

この新型モデルのセンターコンソールボックスは、先代モデルよりもサイズが大きく、十分な収納力を確保。

ただ、今回デビューを果たした新型モデルは、アームレスト部分が先代モデルのように前後にスライドしなくなってしまったのは、少々残念でした。

新型ヴェゼルのセンターコンソールの残念だったところとは?【欠点&デメリット】

このようにオーソドックスなデザインに生まれ変わった新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のセンターコンソールですが、「先代モデルの方が良かったかも…」と感じたところがありました。

この新型モデルのセンターコンソールを実際に確認してみて、残念に思ったところは、どこだったのでしょか?

この新型モデルに用意されているセンターコンソールよりも先代モデルの方が良いと思ったところを包み隠さずお話したいと思います。

センターコンソールの収納力

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)よりも先代モデルの方が良かったと思ったことの一つが、センターコンソールの収納力です。

上下2段に分かれたブリッジ形状のセンターコンソールを採用していた先代モデルでは、下段の収納スペースに長財布やポーチ、スマホ/iPhoneなどを収納することができて、意外と便利だったんですよね。

■先代モデルのセンターコンソール

先代モデルに乗っている友人に話を聞いたところ、「先代モデルのヴェゼルはセンターコンソールに色々なアイテムを置いておけるので、とても助かっている」と、言っており、かなり気に入っている様子でした。

しかし、この新型モデルでは、オーソドックスなデザインのセンターコンソールを備えたこともあり、運転席まわりにポーチや長財布などをポンっと気軽に置いておくことができる収納スペース・小物入れはなくなってしまいました。

この少し大きめのアイテムを収納するスペースがなくなってしまったのは、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のセンターコンソールの少し残念なところでした。

ドリンクホルダーの使い勝手

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のセンターコンソールを確認して残念に感じたのは、ドリンクホルダーの使い勝手です。

先代モデルのセンターコンソールに備わっているドリンクホルダーは、底面の深さは2段階から調整することができました。

■先代モデルのドリンクホルダー

また、ストッパーも展開/収納することができ、さまざまなボトルの形状にも対応するふたつの仕掛けが組み込まれていました。

そのため、500mlのペットボトルもスッポリと収納することができ、シフトレバー操作の邪魔にならない作りになっていました。

しかし、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のドリンクホルダーは、先代モデルと比較すると、かなりシンプルな作りに…。

■新型ヴェゼルのドリンクホルダー

様々な工夫を凝らした先代モデルのドリンクホルダーと比較すると、「少し面白みのないデザインになっていしまったな…。」と、少し残念に感じてしまいました。

まとめ:オーソドックスに生まれ変わった新型ヴェゼルのセンターコンソール

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のセンターコンソールは、シフトレバーやドリンクホルダー、運転操作に関するスイッチなどが備わったオーソドックスなデザインに生まれ変わりました。

ただ、今回デビューを果たした新型モデルのセンターコンソールは、長財布やポーチなどを気軽に置ける少し大きめの収納スペースがなくなってしまったのが少々残念でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02