新型ヴェゼルの純正ナビはココが残念【欠点&デメリットを紹介】

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、純正ナビ”ホンダコネクト ディスプレイ”をメーカーオプションで用意しています。

この新型モデルの純正ナビ”ホンダコネクト ディスプレイ”は、ホンダコネクトのすべての機能が利用できなど、ディーラーオプションにはない魅力&メリットがあります。

ただ、この新型モデルの”ホンダコネクト ディスプレイ”には、欠点&デメリットも…。

今回デビューを果たしたこの新型モデルの純正ナビ”ホンダコネクト ディスプレイ”の欠点&デメリットは、何だったのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に用意されている”ホンダコネクト ディスプレイ”の欠点&デメリット、残念に感じたところを包み隠さずお話したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

価格の高さ【新型ヴェゼルの純正ナビの欠点1】

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の純正ナビ”ホンダコネクト ディスプレイ”の欠点&デメリットの一つが、価格の高さです。

市販ナビよりも7万円~10万円高い純正ナビ

この新型モデルに用意されている純正ナビのオプション価格はグレードによって若干異なるのですが、22万円~22万3600円となっています。

■新型ヴェゼルの純正ナビのグレード別価格

※PlaYでは、純正ナビは標準装備となっています。

ちなみに、ケンウッドの9インチサイズの彩速ナビ”MDV-M907HDL”の価格は13万円~15万円、パイオニアの9インチサイズのカロッツェリア”AVIC-RQ911-Eの価格が12万円~15万円くらいとなっています。

なので、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に用意されている純正ナビ”ホンダコネクト ディスプレイ”の方が、7万円~10万円ほど高いことに…。

純正ナビの”ホンダコネクト ディスプレイ”は専用デザインならではの統一感や、通信技術を活用して様々なサービスを提供する”ホンダコネクト”に対応しているところなど、市販のナビにはない魅力やメリットもあります。

ただ、9インチサイズのナビで22万~と言うのは、ちょっと高すぎるのかな…と、思ってしまいました。

オーディオ関係の物足りなさ【新型ヴェゼルの純正ナビの欠点2】

また、2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の純正ナビ”ホンダコネクト ディスプレイ”で残念だったことの一つが、オーディオ関係です。

この新型モデルに用意されている純正ナビ”ホンダコネクト ディスプレイ”の充実度は、ディーラーオプションナビや市販ナビよりも劣っていました。

CD/DVDプレイヤーの用意はナシ

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の純正ナビ”ホンダコネクト ディスプレイ”は、スマホやiPhoneの接続やストリーミングサービスで音楽を楽しむことが前提となっています。

そのため、この新型モデルの純正ナビには、CDプレイヤーの用意がありません。また、車内で映画やアニメを楽しめるDVDプレイヤーの用意もありません。

ちょっとコレは残念ですよね。

ちなみに、ディーラーオプションで用意されている”ギャザズ(Gathers)”では、純正ナビでは用意がないCD/DVDプレイヤーが用意されています。

■新型ヴェゼルのディーラーオプションナビ

また、市販ナビの多くは、CD/DVDプレイヤーが用意されています。(中にはBlu-rayに対応しているものも…)

なので、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)でCDやDVDを楽しみたい方は、純正ナビの”ホンダコネクト ディスプレイ”ではなく、ディーラーオプションナビや市販ナビにしてくださいね。

映像を楽しめるHDMIの用意もナシ

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に用意されている純正ナビの”ホンダコネクト ディスプレイ”は、ナビの画面に映像を映し出すHDMIも対応をしていません。

実は先代モデルには、車内で映像を楽しめるHDMI端子が用意されていんたんですよね。

■先代モデルのHDMI端子

DVDプレイヤーを用意していないこの新型モデルの純正ナビこそ、HDMI端子を用意して貰いたかったのですが…。

車内で映像を楽しめるHDMI端子を用用紙していないのも、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に用意されている純正ナビの残念なところでした。

下位グレードの機能の充実度【新型ヴェゼルの純正ナビの欠点3】

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)にメーカーオプションで用意されている純正ナビ”ホンダコネクト ディスプレイ”に装着することができます。

ただ、下位モデルに位置をする”Xグレード”や”Gグレード”では、純正ナビに用意されている一部機能が使用することができないので注意が必要です。

下位モデルは後退出庫サポートは利用不可

下位モデルに位置をする”Xグレード”や”Gグレード”で利用することができない機能の一つが、後退出庫サポートです。

“ホンダコネクト ディスプレイ”が標準装備されているプレイ(PLaY)や、順瀬ナビを装着した時の”Zグレード”では、バックで出庫をする時、左右後方から接近をしてくるクルマをお知らせしてくれる”後退出庫サポート”が搭載されるんですよね。

しかし、下位モデルに位置をする”Xグレード”や”Gグレード”では、純正ナビの”ホンダコネクト ディスプレイ”を装着しても、後退出庫サポートを利用することができません。

マルチビューカメラシステムも装着できない

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、真上から見下ろした視点で自車と周囲を確認することができるマルチビューカメラシステムをメーカーオプションで用意しています。

このマルチビューカメラシステムを利用するには、ホンダコネクト ディスプレイの装着する必要があります。

ただ、下位モデルに位置をする”Xグレード”や”Gグレード”は、ホンダコネクト ディスプレイを装着したとしても、マルチビューカメラシステムを装着することができません。

このように新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の下位モデルは、”ホンダコネクト ディスプレイ”のすべての機能を利用するこができないのでご注意くださいね。

まとめ:エンタテイメントを楽しみたい人には不向きな新型ヴェゼルの純正ナビ

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に用意されている純正ナビの”ホンダコネクト ディスプレイ”には、このような欠点&デメリットがありました。

■新型ヴェゼルの純正ナビの欠点のまとめ

・市販ナビよりも価格が高い
・CD/DVDプレイヤーの用意がない
・HDMI端子の用意もなし
・下位グレードは一部機能が利用できない

この新型モデルに用意されている純正ナビ”ホンダコネクト ディスプレイ”は、CD/DVDプレイヤーやHIDM端子がないなどの欠点&デメリットも…。

なので車内でエンタテイメントを存分に楽しみたい方には、この新型モデルの純正ナビは少し不向きなので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

コメント

  1. Junka より:

    「新型ヴェゼルの純正ナビのグレード別価格」にPLaYの価格22万円と記載されているのですが、PLaYにはホンダコネクトディスプレイ標準装備されているので意味が分かりません。
    標準装備のホンダコネクトディスプレイを外して、ディーラーオプションのGathersナビを付ける場合の費用ということでしょうか?

    • tesdrany1116 より:

      >「新型ヴェゼルの純正ナビのグレード別価格」にPLaYの価格22万円と記載されているのですが、PLaYにはホンダコネクトディスプレイ標準装備されているので意味が分かりません。
      申し訳ござません。記載ミスです。

      >標準装備のホンダコネクトディスプレイを外して、ディーラーオプションのGathersナビを付ける場合の費用ということでしょうか?
      PLaYでは、ホンダコネクトディスプレイが標準装備となっているため、
      Gathersナビは装着できない仕様になっています。

      混乱をさせてしまい申し訳ございませんでした。