オシャレで使いやすい!新型ヴェゼルのインパネのデザイン&装備を徹底解説

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、都会派SUVらしいスタイリッシュ&高級感ただようインパネ(ダッシュボード)を採用しています。

また、機能や装備も充実して、使い勝手の良いインパネ(ダッシュボード)になっていました。

この新型モデルのインパネ(ダッシュボード)は、どのようなデザインになっていたのでしょか?また、ハンドルやエアコンパネルなど、インパネまわりの機能&装備は、どのようになっていたのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のインパネ(ダッシュボード)のデザイン、機能&装備を、実車画像を使って、徹底解説していきたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェゼルのインパネのデザインをチェック

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダのコンパクトSUV新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のインパネ(ダッシュボード)は、このようなデザインをしています。

■新型ヴェゼルのダッシュボード

左右に広がる水平基調のインパネを採用

今回デビューを果たした新型モデルは、ワイド感を強調する薄型&水平基調のインパネ(ダッシュボード)を採用。

そのおかげもあり、先代モデルよりも運転席まわりがひと回り広くなったような感じが…。

また、インパネ(ダッシュボード)の中央部分には、肌触りが良いソフトパッドが施されており、ヴェゼルらしい高級感&上質感がただよう車内空間を演出しているのも好印象でした。

上位モデルはクロームメッキで加飾

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の上位モデルに位置をする”Zグレード”や”PLaY(プレイ)”では、ダッシュボードやシフトレバーまわりをクロームメッキで加飾を施しています。

■ダッシュボードのクロームメッキ加飾

■シフトレバーまわりのクロームメッキ加飾

そのおかげもあり、廉価モデルに位置をする”Xグレード”やガソリン車の”Gグレード”よりも、上位モデルに位置をする”Zグレード”や”PLaY(プレイ)”の方がワンランク上の高級感&上質感がありました。

■Gグレードのインパネ

■Zグレードのインパネ

ダッシュボードに共通デザインのダイヤルを装着

また、インパネ(ダッシュボード)にあしらわれたダイヤルも、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の注目ポイントの一つです。

この新型モデルでは、ナビやエアコンパネル、エアコンの送風口などインパネ(ダッシュボード)のいたるところに”ダイヤル”を採用しているのですが、今回デビューを果たした新型モデルでは、すべて共通のデザインに…。

■エアコンパネルのダイヤル

■エアコンの送風口のダイヤル

そのおかげもあり、統一感のあるデザインに…。

また、この新型モデルのインパネ(ダッシュボード)にあしらわれているダイヤルは、クロームメッキの加飾が施されており、お洒落な車内空間を演出していました。

新型ヴェゼルのインパネまわりの装備&機能をチェック

このようにスタイリッシュなデザインになっていた新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のインパネ(ダッシュボード)ですが、機能や装備も充実しています。

また、操作性&使い勝手も良かったです。

そんな新型モデルのインパネ(ダッシュボード)まわりの機能&装備を確認してきたので、紹介します。

ハイブリッド車とガソリン車でデザインが異なるメーター

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のメーターは、ハイブリッド車とガソリン車でメーターのデザインがことなります。

こちらは、ガソリン車のメーターのデザインです。

■ガソリン車のメーター

ガソリン車は、タコメーターとスピードメーターを備えたオーソドックスな2眼式のアナログメーターを標準装備。

一方、ハイブリッド車は、スピードメーターと7.0インチサイズの液晶ディスプレイを組み合わせたメーターパネルを採用。

■ハイブリッド車のメーター

そのおかげもあり、この新型モデルのハイブリッド車のメーターは、ガソリン車よりも先進感のあるデザインになっていました。

また、この新型モデルのハイブリッド車とガソリン車では、マルチインフォメーションディスプレイなどの表示項目などに違いがあるのも注目ポイントの一つですよ。

オーソドックスなデザインをしているハンドル

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のハンドル・ステアリングホイールは、このようなデザインをしています。

■新型ヴェゼルのハンドル

同じホンダから発売されている新型フィット4(FIT4)は、少し珍しい2本スポークのハンドル・ステアリングホイールを採用していましたが、今回デビューをした新型モデルでは、オーソドックスな3本スポークのハンドル・ステアリングを標準装備。

上位モデルには、グリップ部分をじんわりと温めてくれる”ステアリングヒーター”も備わっており、快適性に優れるのも好印象でした。

■新型ヴェゼルのステアリングヒータースイッチ

操作が少ししにくいスタータースイッチ

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)では、ハンドル・ステアリングホイールの右側後方にエンジンのスタータースイッチを備えています。

■新型ヴェゼルのスタータースイッチ

この新型モデルは、操作性に優れるスタータースイッチを全グレードに標準装備しているのはとても良かったのですが、ハンドルの後方にあるため、スイッチ操作が少ししにくいのが気になるところでした。

操作性に優れるシフトレバー

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のシフトレバーは、このようなデザインをしています。

■新型ヴェゼルのシフトレバー

先代モデルのハイブリッド車は電子式のシフトレバーを採用していましたが、今回デビューを果たした新型モデルでは、ハイブリッド車/ガソリン車どちらもオーソドックスなストレートゲート式のシフトレバーを採用。

そのため、初めてこの新型モデルに乗った人でも、違和感なく操作することができます。

ただ、この新型モデルのハイブリッド車とガソリン車では、シフトレバーのポジションなどに違いがあるのでご注意を…。

オーソドックスなデザインになったエアコンパネル

インパネ(ダッシュボード)の中央に備わっているエアコンパネルは、このようなデザインをしています。

■新型ヴェゼルのエアコン

先代モデルはタッチパネル式のエアコンパネルを採用していましたが、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、オーソドックスなダイヤル式のフルオートエアコンを標準装備。

そのおかげもあり、この新型モデルのエアコンパネルは、先代モデルよりも操作性に優れている感じが…。

ただ、この新型モデルのエアコン/ヒーターは、グレードによって備わっている機能がことなるので、ご注意くださいね。

通信機能を搭載した最新のホンダコネクト ナビを用意

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のインパネ(ダッシュボード)まわりの注目のアイテム&装備の一つが、ナビです。

この新型モデルの最上位グレード”プレイ(PLaY)”では、通信機能を搭載した最新の”ホンダコネクト ナビ(Honda CONNECT NAVI)”を標準装備。

■新型ヴェゼルのホンダコネクト ナビ

この新型モデルに用意されている”ホンダコネクト ナビ(Honda CONNECT NAVI)”は、運転席から近い右側にホーム画面やオーディオのボリュームなどを調整するダイヤルが備わっており、操作がしやすいデザインに…。

ただ、この新型モデルに用意されている”ホンダコネクト ナビ(Honda CONNECT NAVI)”は9インチワイドと十分な画面サイズとなっており、視認性に優れているのも好印象でした。

ダッシュボードにUSBポートを2つ標準装備

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、全グレード、エアコンパネルの下にUSBポートを2つ用意しています。

■新型ヴェゼルのインパネのUSBポート

上位モデルに位置をする”Zグレード”や”PLaY(プレイ)”だけではなく、下位モデルに位置をする”Xグレード”や”Gグレード”でも運転席まわりに2つUSBポートが標準装備されているのは、かなり嬉しいですよね。

このように車内で快適に過ごすための機能や装備が充実しているのも、今回デビューを果たしたこの新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

運転関連のスイッチはセンターコンソールに集約

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、シフトレバーの後方に電動パーキングブレーキやオートブレーキホールド、ドライブモード切替スイッチなどの運転関連のスイッチを集約。

■新型ヴェゼルの運転関連のスイッチ

ドライブモード切替スイッチはクリック式になるなど、運転中に操作しやすいデザインになっているのも好印象でした。

安全装備関連のスイッチはインパネ右下に集約

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)では、インパネ(ダッシュボード)の右下に安全装備のやクルマの周囲の障害物などを検知する”パーキングセンサー”をON/OFFするスイッチ、フロントガラス熱線スイッチなどが備わっています。

■ダッシュボード右下に用意されているスイッチ類

・VSA(ビークルスタビリティアシスト)スイッチ
・安全支援情報スイッチ
・パーキングセンサーシステムスイッチ
・フロントガラス熱線スイッチ
・ヘッドライトレベリングダイヤル
・パワーテールゲートボタン

頻繁に使用をするスイッチではありませんが、運転席から手が届きやすい範囲に配置されているのは、非常に好感がもてました。(※用意されているスイッチ類はグレードによって異なります。)

まとめ:デザインと機能性の両方を兼ね備えた新型ヴェゼルのインパネ

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの人気コンパクトカー新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のインパネ(ダッシュボード)は、このようなデザインをしていました。

ダッシュボードにレザー調のソフトパッドやクロームメッキをあしらったこの新型モデルのダッシュボードは、”都会派SUV”と呼ぶのに相応しい高級感・上質感あるデザインに…。

また、ダイヤル式のフルオートエアコンやプッシュ式のエンジンスターター、USBポートを全グレード標準装備するなど、装備&機能が充実しているのも好印象でした。

ただ、内装・インテリアの機能&装備は、ハイブリッド車とガソリン車で若干違いがあるので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02