新型ヴェゼルの床下収納【ハイブリッド車とガソリン車でドコが違う?】

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室・ラゲッジスペースは、ハイブリッド車とガソリン車で大きな違いはありません。

ただ、フロア下に用意されている床下収納(サブトランク)に関しては、ハイブリッド車とガソリン車で大きな差が…。

今回デビューを果たした新型モデルのハイブリッド車とガソリン車の床下収納(サブトランク)は、どのようなデザインをしていたのでしょうか?また、ガソリン車とハイブリッド車の床下収納(サブトランク)は、どのような違いがあったのか?

実査画像を使って、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のラゲッジスペースのフロア下に備わっている床下収納(サブトランク)のサイズやデザインの違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェゼルのガソリン車の床下収納をチェック

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の唯一のガソリン車”Gグレード”の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインをしています。

■ガソリン車の荷室・ラゲッジスペース

ホイールハウスの張り出しが少ないスッキリとしたデザインが魅力のこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースですが、荷室フロアの手前に用意されているストラップを引っ張って持ち上げると、床下収納(サブトランク)が登場します。

■ガソリン車の床下収納

ガソリン車は床下全面に収納スペースを用意

今回デビューを果たした新型モデルのガソリン車では、荷室・ラゲッジフロアの下全面が収納スペースになっており、収納力があります。

また、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のガソリン車の床下収納(サブトランク)は、4カ所に仕切られており、使い勝手が良い感じが…。

洗車道具やタオル、車検証など使用頻度の少ないアイテムをたっぷりと収納できるようになっていたのが、好印象でした。

ガソリン車の床下収納の深さは少し浅め

荷室フロア下全面が収納スペースになっている新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のガソリン車ですが、床下収納(サブトランク)の広さを確認してみたところ、次のようになっていました。

■ガソリン車の床下収納の深さ…約15cm

今回デビューを果たした新型モデルのガソリン車の床下収納(サブトランク)の深さは約15cmとなっており、少し浅めに…。

なので背の高い荷物や厚みのあるアイテムは積み込みにくいですが、ちょっとしたアイテムを収納するには、十分な広さとなっていました。

ガソリン車の床下収納は発泡スチロール素材

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のガソリン車の床下収納(サブトランク)で気になったのは、収納スペースに使用されている素材です。

今回デビューを果たした新型モデルのガソリン車の床下収納では、プラスチックではなく、発泡スチロール素材の床下収納(サブトランク)を採用。

ただ、発泡スチロール素材は、プラスチックよりも耐久性や汚れに弱いんですよね。

広さや使い勝手は十分に満足することができる新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のガソリン車の床下収納(サブトランク)ですが、丈夫さや汚れの強さに少し不安を感じました。

新型ヴェゼルのハイブリッド車の床下収納をチェック

一方、2021年4月にデビューをした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインをしています。

■ハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペース

そんな新型モデルのハイブリッド車の荷室フロアを持ち上げて、床下収納(サブトランク)を確認してみたところ、このようになっていました。

■ハイブリッド車の床下収納

ハイブリッド車は荷室フロアの手前のみ

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のガソリン車は、荷室・ラゲッジスペースのフロア下全面に床下収納(サブトランク)を用意していました。

しかし、ハイブリッド車は、荷室の前方部分にバッテリーを積み込んでいることもあり、収納スペースとして活用することができるのは、手前部分のみ。

そのため、床下収納(サブトランク)の収納量&使い勝手は、ガソリン車の方が良いように感じました。

ハイブリッド車の床下収納は、ガソリン車よりも深い

このように奥行きはガソリン車よりも狭くなっていた新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のハイブリッド車の床下収納(サブトランク)ですが、深さは、ガソリン車よりもありました。

そんな新型モデルのハイブリッド車の床下収納(サブトランク)の深さを確認してみたところ、次のようになっていました。

■ハイブリッド車の床下収納…約25cm

今回デビューを果たした新型モデルのハイブリッド車の床下収納(サブトランク)は約25cmとなっており、ガソリン車よりも約10cmほど深くなっていました。

そのため、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のハイブリッド車では、ガソリン車の床下収納(サブトランク)には収納することができなかった背の高いアイテムも収納することができるようになっていました。

ハイブリッド車の床下収納はプラスチック素材を採用

また、床下収納(サブトランク)に使用されている素材も、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のハイブリッド車の魅力の一つです。

ガソリン車では丈夫さに不安が残る発泡スチロール素材の床下収納(サブトランク)を採用していましたが、この新型モデルのハイブリッド車では、プラスチック素材を採用。

この新型モデルの床下収納(サブトランク)は、取り外しをすることはできませんが、汚れた時などサッと拭き取るだけでキレイになるのは、とても良いと思いました。

まとめ:ハイブリッドとガソリンで床下収納が異なる新型ヴェゼル

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のハイブリッド車/ガソリン車それぞれの床下収納(サブトランク)は、このようなデザインになっていました。

■新型ヴェゼルの床下収納のまとめ

・ガソリン車は、荷室フロア下全面に収納スペースを用意
・ハイブリッド車は、荷室の手前部分のみ
・床下収納の深さはハイブリッド車の方があり

今回デビューを果たした新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの広さ&使い勝手は、ハイブリッド車とガソリン車で大差ありません。

ただ、ハイブリッド車とガソリン車で床下収納のサイズや使い勝手に違いが…。

荷室・ラゲッジスペースの使い勝手を重要視する方は、購入する前に床下収納のサイズや使い勝手もしっかりと確認をした方が良いかもしれませんね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02