新型ヴェゼルの後部座席の快適性は悪くなった?【試乗で気になった3つの不満】

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの人気SUV新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、先代モデルと同様に広々とした後部座席を備えています。

ただ、快適性に関しては、先代モデルよりも少し劣っているような感じが…。

今回デビューを果たした新型モデルの後部座席で気になったところ&不満は、どこだったのでしょうか?また、先代モデルの後部座席の方が良かったと思ったところは、どこだったのでしょうか?

フルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の後部座席の快適性で気になったところ&不満を、包み隠さずお話したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

圧迫感&窮屈感【新型ヴェゼルの後部座席の不満1】

2021年4月にデビューを果たしたホンダの人気コンパクトカー”新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)”の後部座席で気になったのは、予想以上の圧迫感&窮屈感です。

この新型モデルは、コンパクトSUVの中でトップクラスの車内の広さとなっています。

■新型ヴェゼルと競合車の室内高比較

ただ、この新型モデルの後部座席に座ってみると、思った以上に圧迫感&窮屈感を感じます。

圧迫感を感じる原因の一つは天井の高さ

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の後部座席に座った時に圧迫感・窮屈感を感じる原因の一つは、天井の高さです。

この新型モデルは、クーペスタイルを強調したため、後方に行くにつれて天井のラインが下がっているんですよね。

そのため、身長約175㎝の私が座ると、頭のてっぺんから天井まで手の平2枚分くらい(約6cm)くらいの余裕しかなく、天井の低さが少し気になる座り心地になっていました。

サイドウィンドウの形状も圧迫感を感じる原因の一つ

また、後部座席の横に備わっているサイドウィンドウの形状も、圧迫感&窮屈感を感じる原因の一つです。

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、クーペスタイルを強調するために、サイドウィンドウの下端(ベルトライン)が高く、しかも、下端のラインが切れ上がっているデザインになっているんよね。

■新型ヴェゼルのサイドウィンドウ

また、今回デビューを果たした新型モデルは、後部座席のドアハンドルをサイドウィンドウの後方(Cピラー)に埋め込むデザインをしているため、Cピラー自体が少し太めになっているます。

■新型ヴェゼルのCピラー

そのため、この新型モデルの後部座席に座ると、若干暗く感じます。
(Zグレードは、ブラック基調になっているため余計に…)

このベルトラインの高さやCピラーの太さも、後部座席に座った時に圧迫感を感じる原因の一つなのかなと思いました。

リヤセンターアームレスト【新型ヴェゼルの後部座席の不満2】

また、フルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の後部座席で残念に思ったことの一つが、リヤセンターアームレストです。

今回デビューを果たした新型モデルでは、後部座席の背もたれの中央に引き出して使用するタイプのセンターアームレストが標準装備されています。

■新型ヴェゼルのリヤセンターアームレスト

この新型モデルのリヤセンターアームレストには、ドリンクホルダーが2個用意されていたのはとても良いと思ったのですが、使い勝手&快適性に関しては、先代モデルよりも劣るように感じました。

リヤセンターアームレストで気になったのは高さ

今回デビューを果たした新型モデルの後部座席に用意されているリヤセンターアームレストで気になったことの一つは、高さです。

先代モデルのリヤセンターアームレストは、新型モデルのものよりもサイズは小さかったのですが、ドア内側パネルのアームレストとほぼ同じ高さに設定されていたため、肘(ひじ)をかけやすかったんですよね。

■先代モデルのリヤセンターアームレスト

しかし、今回デビューを果たした新型モデルのリヤセンターアームレストは設置位置が先代モデルよりも位置が低くなったため、肘のかけ心地が悪くなったような感じが…。

また、この新型モデルのリヤセンターアームレストは、先代モデルのように水平状態をキープしてくれないのも気になるところでした。

リクライニング機能【新型ヴェゼルの後部座席の不満3】

また、フルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の後部座席で残念だったことの一つが、リクライニング機能が備わっていなかったことです。

先代は2段階から調節できるリクライニング機能を搭載

フルモデルチェンジをする前の先代モデルの後部座席では、2段階から調節することができるリクライニング機能が標準装備されていたんですよね。

■リクライニング機能を備えている先代モデルの後部座席

しかし、今回デビューを果たした新型モデルでは、リクライニング機能が備わっていないため、背もたれの角度を自分好みに調節をすることができません。

背もたれをリクライニングすると、頭上空間(ヘッドクリアランス)にゆとりが生まれるため、先代モデルよりも室内高が低くなったこの新型モデルにこそ、リクライニング機能を装備をして貰いたかったのですが…。

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の後部座席は、先代モデルよりもシートサイズが大きくなり、座り心地自体は格段に良くなっていましたが、リクライニング機能が備わっていないのは、少しがっかりしました。

まとめ:先代モデルよりも快適性が劣る新型ヴェゼル

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の後部座席に座ってみたところ、色々と気になるところがありました。

■新型ヴェゼルの後部座席の快適性の不満まとめ

・天井が低く、先代モデルよりも圧迫感&窮屈感を感じる
・リヤセンターアームレストの快適性&使い勝手
・背もたれの角度を調節できない

今回デビューを果たした新型モデルの後部座席は、広々とした足元空間(ニークリアランス)や急速充電に対応したUSBポート、エアコンの送風口など、様々な魅力&メリットがあります。

ただ、実際の数値以上に狭く感じる圧迫感やリクライニング機能など、欠点&デメリットも…。

もしこれから、この新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の試乗に行かれる方は、後部座席の居住性や快適性をしっかりと確認をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02