新型ヴェゼルはクルーズコントロールも改善【特徴&性能、進化のポイントを徹底解剖】

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの人気SUV新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、全グレードにクルーズコントロール(クルコン)を標準装備しています。

そんな新型モデルに備わっているクルーズコントロール(クルコン)も、様々なところが進化をしていました。

今回デビューを果たした新型モデルに備わっているクルーズコントロール(クルコン)は、どのような性能&特徴を備えていたのでしょうか?また、どんな進化を遂げたのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に用意されているクルーズコントロール(クルコン)の特徴や魅力、進化のポイントをわかりやすく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェゼルのクルーズコントロール【特徴や機能を徹底解説】

高速道路などを運転をする時に重宝をするクルーズコントロール(クルコン)ですが、車種によって、機能や性能に違いがあるんですよね。

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のクルーズコントロール(クルコン)は、次のような性能&特徴を備えていました。

クルコンのスイッチはハンドルの右側のスポーク部分に搭載

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)では、ハンドルの右側のスポーク部分にクルーズコントロール(クルコン)の起動や設定用のスイッチを搭載。

■新型ヴェゼルのクルコンの機能&設定スイッチ

また、今回デビューを果たした新型モデルでは、クルーズコントロール(クルコン)の設定は非常に簡単です。

ハンドルの右側の備わっているステアリングスイッチの中央部分のクルマとメーターが描かれているスイッチを押すと、クルーズコントロールが起動し、スタンバイ状態になります。

■新型ヴェゼルのクルコンの起動スイッチ

そして、走行中に”SET/-“と書かれたスイッチを押すと、現在走行しているスピードが設定速度となり、クルーズコントロール(クルコン)が作動します。

■新型ヴェゼルのクルコンの車速設定スイッチ

このようにこの新型モデルのクルーズコントロール(クルコン)の設定は非常に簡単なので、機械の操作が苦手な人でも簡単にクルーズコントロール(クルコン)を使うことができます。

このように使い勝手&操作性の良さも、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のクルーズコントロール(クルコン)の魅力の一つかもしれませんね。

停車まで対応するクルコンを標準装備

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に用意されているクルーズコントロール(クルコン)の注目ポイントの一つは、減速時の対応です。

今回デビューを果たしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、前走車が減速すると自車が自動的に減速をしてくれる追従タイプのクルーズコントロール(クルコン)を全グレードに標準装備しているのですが、減速時は、完全停車まで対応。

つまり、渋滞の時など前走車が停車すると、自車の適切な車間距離を保って自動的に停車をしてくれます。

完全停車まで対応しているクルーズコントロール(クルコン)は、まだ意外と少ないんですよね。

渋滞している時でも安心して利用することができるクルーズコントロール(クルコン)を備えているのは、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の魅力&メリットの一つなのかなと思いまいた。

新型ヴェゼルのクルコンは時速30km~から設定可能

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)では、走り始めてすぐにクルーズコントロール(クルコン)を使えるわけではありません。

この新型モデルでは、時速30km/h以上にならないと、クルーズコントロール(クルコン)を使用することができません。

ただ、前走車を検知している場合、時速30km/h以下でもクルコンを利用することができますよ。(※この時のクルコンの設定速度は時速30㎞/hとなります。)

新型ヴェゼルのクルーズコントール【先代より進化したところとは?】

このような機能&性能を備えている新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のクルーズコントロール(クルコン)ですが、先代モデルよりも様々な点で進化を遂げていました。

この新型モデルのクルーズコントロール(クルコン)は、どこが変わったのでしょうか?進化のポイントを紹介したいと思います。

前走車の検知能力【進化のポイント1】

2021年4月にデビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のクルーズコントロール(クルコン)が先代モデルよりも大きく進化したところが、前走車の検知能力です。

この新型モデルでは、前走車の検知にフロントガラスの上部に備わった単眼カメラを採用しているのですが、先代モデルよりも検知できる範囲が広くなったんですよね。

■新型ヴェゼルの単眼カメラ

そのおかげもあり、今回デビューを果たした新型モデルは、隣レーンからの割り込みや車線変更の検知能力が向上し、クルーズコントロール使用時の加減速がよりスムーズになりました。

先行車との車間距離【進化のポイント2】

また、先行車との車間距離も、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のクルーズコントロール(クルコン)の進化をしたポイントの一つです。

この新型モデルは、先代モデルと同様、先行車との車間距離を4段階から選ぶことができるようになっています。

■新型ヴェゼルのクルコンの車間距離設定スイッチ

ただ、今回デビューを果たした新型モデルは、カメラの検知能力が高まったこともあり、先代モデルよりも適切な車間距離を保てるようになりました。

■新型ヴェゼルのクルコン時の車間距離比較

そのおかげもあり、今回デビューを果たした新型モデルは、クルーズコントロールの安心感が増したように感じました。

まとめ:性能がワンランクアップした新型ヴェゼルのクルーズコントロール

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のクルーズコントロール(クルコン)は、このような性能&特徴を備えていました。

■新型ヴェゼルのクルコンのまとめ

・全グレードに追従型のクルーズコントロールを標準装備
・新型ヴェゼルのクルコンは停車まで対応
・設定速度は30km/h~
・先代モデルよりもスムーズな加減速

この新型モデルは、使い勝手の良い停車まで対応しているクルーズコントロール(クルコン)を全グレードに標準装備。

また、先代モデルよりも加減速がスムーズになり、クルーズコントロールを使って走行している時の乗り心地が良くなったのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02