気になるところも…。新型ヴェゼルの荷室の広さや積載性、使い勝手を総チェック

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、使う人の気持ちを考えた使い勝手の良い荷室・ラゲッジスペースを備えています。

ただ、競合車と比べてみると、若干気になるところも…。

今回デビューを果たした新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、どれくらいの広さとなっていたのでしょうか?また、この新型モデルの荷室・ラゲッジルームの使い勝手は、どうだったのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室・ラゲッジスペースの広さや積載性、使い勝手を徹底解剖します。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェゼルの荷室開口部のデザイン&積載性をチェック

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室開口部は、このようなデザインをしています。

■新型ヴェゼルの荷室開口部

荷室開口部は大きめ

今回デビューを果たしたこの新型モデルの荷室開口部は、横幅が1メートル近くあり、家具や家電などの大きい荷物も積み込みやすい形になっています。

ただ、この新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、競合車・ライバル車よりも荷室開口部の傾斜が大きいため、背の高い荷物の積み込みには、若干不向きなように感じました。

上位モデルは電動パワーゲートを標準装備

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のテールゲートを開けた時のグリップの高さは約1,890mmと若干高めになっています。

ただ、上位モデルに位置をするZグレードやプレイ(PLaY)では、スイッチ一つで開け閉めすることができる電動パワーゲートが標準装備されているため、開け閉めは非常にスムーズに行うことができますよ。

また、この新型モデルの電動パワーゲートには、ハンズフリー機能や予約クローズ機能が備わっているのも好印象でした。

新型ヴェゼルの荷室の広さ&使い勝手をチェック

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、荷物が積み込みやすい広い開口部を備えていましたが、使い勝手は、どうだったのでしょうか?たくさんの荷物を積めるようになっていたのでしょうか?

新しく生まれ変わったこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの広さや装備、使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

荷室まわりの装備&アイテムは充実

2021年4月にデビューをした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、競合車・ライバル車よりも荷室まわりの機能&装備が充実しています。

競合車よりも優れているアイテムの一つが、夜間に荷室まわりを照らしてくれるラゲッジランプです。

競合車・ライバル車の多くは、豆球のラゲッジランプを荷室の左右のどちらか一方に備えているだけですが、この新型モデルは、LEDのラゲッジランプを荷室の左右に設置。

■新型ヴェゼルのラゲッジランプ

そのおかげもあり、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室・ラゲッジスペースは、競合車よりも荷物を探しやすくなっていました。

また、それ以外にも、コンビニフックや小型ポケットなど、使い勝手の良い装備がたくさん用意されているのも好印象でした。

荷室アレンジはシンプル

競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)では、後部座席の中央のみを収納することができる4対2対4分割方式の後部座席を採用したいたため、荷室アレンジのバリエーションも豊富でした。

■新型ヤリスクロスの荷室

しかし、今回デビューを果たしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、6対4分割方式の後部座席を採用してるため、シートアレンジはシンプルです。

ただ、収納した後部座席がフラットになるなど、シートを収納した時の荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は非常に良いように感じました。

先代よりも狭くなった新型ヴェゼルの荷室

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の注目ポイントの一つが、荷室・ラゲッジスペースの広さです。

この新型モデルは、後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さを優先したため、先代モデルよりも荷室・ラゲッジスペースの奥行きがひと回り狭くなってしまいました。

■新型ヴェゼルの荷室サイズ

また、今回デビューを果たしたこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、競合車・ライバル車よりも荷室サイズが狭くなっているので、荷室にたくさんの荷物を積み込みたいと思っている方はご注意を…。

新型ヴェゼルの荷室・ラゲッジスペースの注意点とは?

予約クローズ機能付きの電動パワーテールゲートを標準装備するなど、競合車・ライバル車にはない魅力を備えている新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室・ラゲッジスペースですが、注意しなければいけない点もありました。

この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの注意点は、何だったのか?包み隠さずお話したいと思います。

プレミアムオーディオを付ける時の荷室サイズ

2021年4月にフルモデルチェンジヲして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の上位モデルでは、車内に10つのスピーカーを備えることができるプレミアムオーディオを用意しています。

ただ、プレミアムオーディオを装着すると、荷室にウーファーが備わるため、荷室の横幅が狭くなります。

■プレミアムオーディオ装着時の荷室

トノカバーが標準装備なのはZグレードのみ

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)では、収納した荷物の”目隠し”になるトノカバーを用意しています。

■新型ヴェゼルのトノカバー

この新型モデルに用意されているトノカバーは固定式となっており、荷物の積み下ろしの邪魔にならないので、非常に使い勝手は良いです。

ただ、このトノカバーが標準装備されているのは、上位モデルに位置をする”Zグレード”のみです。

最上位モデルに位置をするプレイ(PLaY)をはじめ他のグレードでは、トノカバーは標準装備ではなく、ディーラーオプション設定になっているのでご注意くださいね。

ハイブリッド車とガソリン車で異なる床下収納

また、床下収納(サブトランク)も、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室・ラゲッジスペースの注意ポイントの一つです。

今回デビューを果たしたこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの広さや使い勝手は、ガソリン車とハイブリッド車で全く同じになっています。

ただ、唯一、床下収納(サブトランク)に関しては、ガソリン車とハイブリッド車で差が…。

特にハイブリッド車に関しては、ガソリン車よりも床下収納(サブトランク)のサイズが小さくなっているので、ご注意くださいね。

まとめ:広さに物足りなさを感じる新型ヴェゼルの荷室

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっていました。

■新型ヴェゼルの荷室のまとめ

・大きい荷物も積み込みやすい大きな開口部を採用
・予約機能付きの電動パワーテールゲートを一部グレードに標準装備
・荷室アレンジはオーソドックス
・競合車よりも奥行きは狭め
・プレミアムオーディオを備えると荷室幅が狭くなる
・ハイブリッド車とガソリン車で床下収納の大きさが異なる

予約機能付きの電動パワーテールゲートを上位モデルに位置をするZグレードやプレイ(PLaY)に標準装備するなど、この新型モデルは、荷室まわりの機能&装備は充実しています。

ただ、荷室・ラゲッジスペースの奥行きなど、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室・ラゲッジスペースは、気になるところもありました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02