新型ヴェゼルのメーター比較【ハイブリッドとガソリンの3つの違いとは?】

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)はハイブリッド車とガソリン車を用意していますが、メーターパネルのデザインや使い勝手に違いがありました。

そのため、運転席に乗り込んだ時の気分や雰囲気にも大きな差が…。

この新型モデルのハイブリッド車とガソリン車のメーターは、それぞれどのようなデザインをしていたのでしょうか?また、どのような違いがあったのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のハイブリッド車とガソリン車のメーターの違いを、実車画像を使って、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

メーターの種類と数【新型ヴェゼルのメーターの違い1】

2021年12月にデビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のメーターの違いの一つは、備わっているメーターの種類と数です。

ガソリン車は2眼式アナログメーターを標準装備

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のガソリン車”Gグレード”は、左右に大きなスピードメーターとタコメーターを配した2眼式のアナログメーターを標準装備。

■ガソリン車のメーター

オーソドックスな2眼式のアナログメーターを採用しているガソリン車のメーターは、先進性こそありませんが、誰が運転しても違和感なく使用することができる使い勝手&視認性に優れたメーターデザインになっていました。

ハイブリッド車は大画面液晶ディスプレイを搭載

一方、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のハイブリッド車は、2眼式のアナログメーターを標準装備していたガソリン車とは異なり、スピードメーターに大画面液晶ディスプレイを配したメーターを標準装備。

■ハイブリッド車のメーター

大画面の液晶ディスプレイを配したハイブリッド車のメーターは、ガソリン車よりもスタイリッシュで先進化のあるデザインになっているように感じました。

ちなみに、ガソリン車のGグレードにメーカーオプションで用意されている”ホンダコネクト ナビ”を装着すると、ハイブリッド車と同じデザインの大画面液晶ディスプレイを配したメーターになるのでご注意を…。

マルチインフォメーションディスプレイ【新型ヴェゼルのメーターの違い2】

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のハイブリッド車とガソリン車のメーターでは、マルチインフォメーションディスプレイの画面サイズや表示項目に違いがありました。

画面サイズがひと回り小さいガソリン車

今回デビューを果たした新型モデルのガソリン車に用意されているマルチインフォメーションディスプレイは、メーターパネルの中央に表示されます。

ただ、マルチインフォメーションディスプレイの画面サイズは、4.2インチサイズとなっており、ハイブリッド車よりもひと回り以上小さくなっています。

■ガソリン車のマルチインフォメーションディスプレイ

また、ガソリン車に用意されちえるマルチインフォメーションディスプレイの表示項目は、燃費性能&航続可能距離、コンパス、安全装備など、ハイブリッド車と共通の画面のみ。

アイドリングストップの累計時間や節約燃料など、ガソリン車ならではの表示項目の用意がないのが少し残念でした。

ハイブリッド車は7.0インチの液晶ディスプレイを採用

一方、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のハイブリッド車のマルチインフォメーションディスプレイの画面サイズは、7.0インチサイズとなっています。

■ハイブリッド車のマルチインフォメーションディスプレイ

そのため、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のハイブリッド車のマルチインフォメーションディスプレイは、ガソリン車のものよりも画面が見やすいです。

また、パワーフロー画面や出力/回生メーターなど、ハイブリッド車ならではのメーターを用意しているのも、特徴の一つなのかなと思いました。

■ハイブリッド車のパワーフロー画面

■ハイブリッド車の出力/回生メーター

ドライブモード切り替え時のグラフィック【新型ヴェゼルのメーターの違い3】

また、ドライブモードを切り替え時のグラフィック演出も、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のハイブリッド車とガソリン車で大きく異なります。

ガソリン車は特別な演出はなし

今回デビューを果たした新型モデルのガソリン車では、エンジンの出力を抑え燃費効率を重視する”ECONモード”が用意されています。

ただ、この新型モデルのガソリン車では、センターコンソールに備わっているECONスイッチを押しても、メーターの中央にECONマークが点灯するだけで、特別な演出は行われません。

■ガソリン車のECONマーク

ハイブリッド車は特別な演出を用意

一方、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のハイブリッド車は、スポーツモード/ノーマルモード/ECONモードの3つのドライブモードを用意しています。

そして、センターコンソールに備わっているドライブモード切替セレクターを操作して、ドライブモードを切り替えると、マルチインフォメーションディスプレイに各ドライブモードのイメージにマッチをした特別なグラフィックが登場します。

■スポーツモードにした時のメーター

■ノーマルモードにした時のメーター

■ECONモードにした時のメーター

このような特別な演出があると、気分が高まりますよね。

また、この新型モデルのハイブリッド車では、環境に配慮した低燃費運転をすると、メーターの上部がグリーンに光る”アンビエントメーター”も備えています。

■ハイブリッド車のアンビエントメーター

このようにドライビングモードを切り替えた時に様々なグラフィック演出があるのも、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のハイブリッド車のメーターの特徴の一つなのかなと思いました。

まとめ:デザインや視認性に大きな差がある新型ヴェゼルのメーター

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のハイブリッド車とガソリン車のメーターを比較してみたところ、このような違いがありました。

■新型ヴェゼルのメーターの違いのまとめ

・ガソリン車は2眼式アナログメーターを標準装備
・ハイブリッドは大型液晶ディスプレイを備えたメーターを搭載
・マルチインフォの画面サイズや表示項目に

今回デビューを果たした新型モデルのガソリン車は、オーソドックスな2眼式のアナログメーターを標準装備していたのに対し、ハイブリッド車は、スピードメーターと大きな液晶ディスプレイを配したメーターを標準装備。

そのおかげでもあり、ガソリン車よりもハイブリッド車の方が先進性のある車内空間になっていました。

また、、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のハイブリッド車とガソリン車は、メーター以外にも様々な違いが…。

この内外装の装備や機能の違いも、要注目ですよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02