ドコが違う?新型ヴェゼルの4つのグレードの特徴や装備の違いを徹底解説】

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、ガソリン車/ハイブリッド車あわせて4つのグレードをラインナップしていますが、グレードによって、機能や装備に差があります。

また、グレードによって、安全装備や装着することができるオプションなどにも違いがありました。

そんな新型モデルの4つのグレードの外装&内装は、それぞれどのようなデザインをしていたのでしょうか?また、グレードによって、どのような違いがあったのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の4つのグレードの特徴や魅力、装備の違いなどについて分かりやすく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェゼルのGグレードの特徴は?【機能&装備をチェック】

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の唯一のガソリン車”Gグレード”の外装・エクステリアは、このようなデザインをしています。

■Gグレードの外装

■Gグレードの内装
内装色:ブラック

また、この新型モデルの唯一のガソリン車”Gグレード”は、次のような特徴&魅力を備えていました。

ハイブリッド車とはひと味違う外装・エクステリア

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のGグレードは、4つのグレードの中で車体本体価格が一番安い最廉価モデルに位置をしています。

ただ、この新型モデルのGグレードの外装・エクステリアには、LEDヘッドライトやフォグランプ、16インチサイズのアルミホイールが備わっており、廉価モデルとは思えないほど機能&装備は充実しています。

■Gグレードのアルミホイール

また、この新型モデルのGグレードは、ガソリン車専用のブラックを基調にしたホンダ エンブレムをフロントとリアに採用。

■Gグレードのホンダ エンブレム

そのおかげもあり、Gグレードの外装・エクステリアは、ハイブリッド車とはひと味違う雰囲気を醸し出していました。

内装・インテリアの機能&装備も充実

新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)ののGグレードは、ウレタン製のハンドルやファブリック素材のシートが標準装備となっているため、内装・インテリアの豪華さは、上位モデルよりも少し見劣りをします。

■Gグレードのシート

ただ、フルオートエアコンやUSBポート(運転席/助手席)、タッチセンサー式のLEDのルームランプが備わるなど、最廉価モデルとしては十分すぎるほどの機能&装備を搭載。

■Gグレードのフルオートエアコン

実用性と快適性を兼ね備えた車内空間になっていました。

また、シフトレバーやハンドル・ステアリングホイールなど、ガソリン車とハイブリッド車で機能に若干の違いがある装備もあるので、そこも要注目ですよ。

安全性は上位モデルよりも若干劣る

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の最廉価モデル”Gグレード”でも、最新の安全装備がセットになった”ホンダ センシング(HONDA SENSING)”は標準装備されています。

なので、自動ブレーキや誤発進抑制機能、先行車発進お知らせ機能など、基本的な安全装備は備わっています。

ただ、廉価モデルのGグレードでは、高速道路での車線変更をサポートしてくれるブラインドスポットモニターや、バックでの出庫をする際の後方の視界をサポートする”後退出庫サポート”の用意はないので、ご注意くださいね。

新型ヴェゼルのXグレードの特徴は?【機能&装備をチェック】

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のハイブリッド車の最廉価モデル”Xグレード”は、このようなデザインをしています。

■Xグレードの外装

■Xグレードの内装
内装色:ブラック

また、この新型モデルのXグレードは、次のような特徴や魅力を備えていました。

基本的な外装のデザインはGグレードと同じ

ハイブリッド車の最廉価モデルに位置をするXグレードの外装・エクステリアは、基本的には、ガソリン車のGグレードと同じになっています。

そのため、外装・エクステリアをパッと見ただけでは、ハイブリッド車とガソリン車の見分けることができません。

ただ、フロント&リアのエンブレムのカラーやリアに備わったe:HEV専用エンブレムなど、ガソリン車の廉価モデルに位置をするGグレードと違う部分もありました。

■新型ヴェゼルのハイブリッド車専用エンブレム

内装にはハイブリッド車らしい機能&装備を搭載

また、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のXグレードの内装・インテリアに備わっている機能や装備は、ガソリン車のGグレードと基本的には同じです。

なので、ハンドル・ステアリンホイールは、Gグレードと同様ににウレタン製を採用。

また、シートもファブリック素材となっており、上位モデルに位置をする”Zグレード”と比較すると、見た目のデザイン性&豪華さで見劣りをします。

ただ、ハイブリッド車のXグレードでは、回生ブレーキの強さを調節することができる”減速セレクター”や、レバータイプのドライブモード切替スイッチなど、ガソリン車のGグレードには用意されていない機能&装備も用意されていました。

上位モデルよりも見劣りをするXグレードの安全装備

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のハイブリッド車の廉価モデル”Xグレード”は、Gグレードと同様にホンダ センシング(HONDA Sensing)は標準装備となっています。

なので、Xグレードでも、自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ)や誤発進抑制機能、歩行者事故低減ステアリングなどはしっかりと備わっています。

ただ、ガソリン車のGグレードと同様に高速道路の車線変更をする際に重宝をするブラインドスポットインフォメーションや後退出庫サポートは用意されていません。

また、メーカーオプションで用意されている真上から見下ろすような視点で自車と周囲のクルマを確認することができる”マルチビューカメラシステム”も装着できないので、ご注意くださいね。

新型ヴェゼルのZグレードの特徴は?【機能&装備をチェック】

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の中で圧倒的な人気を誇る”Zグレード”の外装&内装は、このようなデザインをしています。

■Zグレードの外装

■Zグレードの内装

また、この新型モデルのZグレードは、次のような特徴&魅力を備えていました。

ラグジュアリー感を強調した外装・エクステリア

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のZグレードは、プラチナクロームメッキ加飾を施したサイドシルガーニッシュを装着するなど、ヴェゼルらしい高級感&上質感を演出したデザインに…。

■Zグレードのメッキ調のサイドシルガーニッシュ

また、18インチサイズのタイヤ&ホイールを採用したZグレードは、下位モデルに位置をするXグレードやGグレードよりも迫力のあるサイドスタイルになっていました。

ワンランク上の高級感を演出した内装・インテリア

また、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のZグレードは、内装・インテリアの高級感や上質感も他のグレードとは異なります。

この新型モデルのZグレードは、XグレードやGグレードと同様にブラックを基調にした内装・インテリアを採用しています。

ただ、ダッシュボードやシフトレバーまわり、ドア内側パネルにメッキ加飾を採用。

また、シートも、ファブリック素材ではなく、シートサイドに合成レザーのような肌触りを楽しめるプライムスムースをあしらったコンビシートを採用。

そのおかげもあり、Zグレードは、他のグレードよりもワンランク上の高級感&上質感を楽しめる内装・インテリアになっていました。

また、後部座席まわりにUSBポートや送風口が備わるなど、下位モデルよりも機能や装備が充実していて、居心地が良い車内空間になっているのも好印象でした。

他のグレードにはない機能を備えているZグレード

圧倒的な人気を誇る新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のZグレードの魅力&メリットの一つは、他のグレードには用意されていない機能&装備を備えていることです。

Zグレードのみに用意されている機能の一つが、運転席と助手席で別々に温度調節をすることができる左右独立コントロール式のエアコンです。

■Zグレードのエアコン

また、進行方向を照らしてくれるアクティブコーナリングライトを備えているのも、Zグレードのみとなっています。

■Zグレードのヘッドライト

このように機能や装備が充実しているのも、今回dビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のZグレードの魅力の一つですよ。

コンパクトSUVの中でトップクラスの安全装備を搭載

また、2021年4月にデビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のZグレードは、安全装備も充実しています。

この新型モデルのZグレードは、自動ブレーキや誤発進抑制機能だけではなく、高速道路での車線変更をサポートするブラインドスポットインフォメーションも標準装備されています。

また、メーカーオプションで用意されている純正ナビを装着すれば、バックで出庫する際、左右後方から接近をしてくるクルマをお知らせしてくれる”後退出庫サポート”も備わります。

このように下位モデルでは装着することができない安全装備がそなわっているのも、他のグレードにはないZグレードの魅力やメリットの一つです。

新型ヴェゼルのプレイ(PLaY)の特徴は?【機能&装備をチェック】

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の最上位モデルに位置をする”プレイ(PLaY)”の外装&内装は、このようなデザインをしています。

■プレイ(PLaY)の外装

■プレイ(PLaY)の内装
内装色:グレージュ

また、この新型モデルの”プレイ(PLaY)”は、次のような魅力&特徴を備えていました。

他のグレードとはひと味違う外装

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の最上位モデル”プレイ(PLaY)”の魅力の一つは、外装・エクステリアのデザインです。

この新型モデルの”プレイ(PLaY)”は、トリコロールカラーの加飾”カラーバーオーナメント”をあしらったフロントグリルや、インパクトのあるパッションレッドカラーをしたサイドシルガーニッシュを採用。

■プレイ(PLaY)のカラーバーオーナメント

■パッションレッドカラーのサイドシルガーニッシュ

そのおかげもあり、この新型モデルの”プレイ(PLaY)”は、他のグレードとはひと味違うエレガントで遊び心のある外装・エクステリアになっていました。

内装も他のグレードとは異なる専用デザインを採用

また、内装・インテリアのカラー&デザインも、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の最上位モデル”プレイ(PLaY)”の注目ポイントの一つです。

Zグレードなど他のモデルでは、ブラックを基調にしたスタイリッシュな内装・インテリアを採用していましたが、最上位モデルに位置をする”プレイ(PLaY)”では、4つのグレードの中で唯一グレージュの内装を採用。

そのおかげもあり、この新型モデルのZグレードは、他のグレードとは全く異なる雰囲気の車内空間に…。

また、一面ガラス張りのパノラマルーフを採用しているこの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の”プレイ(PLaY)”は、他のグレードでは味わえない圧倒的な開放感を楽しめるのも魅力の一つですよ。

機能や装備の充実度はZグレードよりも劣る

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の最上位モデル”プレイ(PLaY)”は、他のグレードでは味わえない様々な魅力やメリットがあります。

ただ、この新型モデルのプレイ(PLaY)は、Zグレードよりも機能&装備は若干見劣りすます。

例えば、Zグレードに標準装備されていた左右独立コントロール式のエアコンは、この新型モデルのプレイ(PLaY)には用意されていません。

■プレイのエアコン

また、カーブを曲がった際、行き先を照らしてくれるアクティブコーナリングもZグレード専用装備となっており、プレイ(PLaY)には用意されていません。

このように機能や装備は、一つ下のグレードよりも少し見劣りをするのでご注意くださいね。

安全装備は充実

このようにZグレードよりも機能や装備は見劣りをする新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の最上位モデル”プレイ(PLaY)”ですが、イザと言う時のドライバーや同乗者の身を守ってくれる安全装備に関しては、Zグレードと同様に充実しています。

例えば、高速道路での車線変更をサポートしてくれる”ブラインドスポットインフォメーション”は、Zグレードと同様にこの新型モデルのプレイ(PLaY)も標準装備となっています。

また、この新型モデルのプレイ(PLaY)では、他のグレードではオプションで用意されている純正ナビ”ホンダコネクト ディスプレイ”が標準装備となっているため、出庫サポートサービスも備わっています。

■プレイに標準装備のホンダコネクト ディスプレイ

見た目のデザイン性だけではなく、ドライバーや同乗者を守ってくれる安全装備が充実しているのも、プレイ(PLaY)の良さの一つなのかなと思いました。

まとめ:上位モデルと下位モデルで大きな差がある新型ヴェゼル

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の4つのグレードの特徴や装備の違いを確認してみたところ、上位モデルと下位モデルで大きな差がありました。

GグレードやXグレードは、コスパの良さが光りますが、その分、上位モデルと比べると、車内の豪華さや機能&装備で若干の物足りなさが…。

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の魅力や良さを最大限に味わいたいのなら、上位モデルに位置をするZグレードやプレイ(PLaY)が良いのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02