新型ヴェゼルはUSBをいくつ用意?【配置や個数、使い勝手を徹底解説】

2021年4月にデビューをしたホンダの人気コンパクトSUV新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、スマホやiPhoneなどをするのに重宝するUSBポートを全グレード標準装備しています。

ただ、用意されているUSBポートの数は、グレードによって異なります。

今回デビュー果たした新型モデルの角グレードは、それぞれいくつのUSBポートを用意していたのでしょうか?また、この新型モデルに用意されているUSBポートの使い勝手はどうだったんでしょうか?

フルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に用意されているUSBポートの数や使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェゼルはUSBポートをいくつ用意?

2021年4月にデビュー果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の各グレードのUSBポートの数を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型ヴェゼルの各グレードのUSBの数

全グレード、運転席まわりにUSBを用意

今回デビュー果たした新型モデルは全グレード、運転席まわりにUSBポートを2つ用意しています。

上位モデルに位置をする”プレイ(PLaY)”や”Zグレード”だけではなく、ハイブリッド車の廉価モデル”Xグレード”やガソリン車の”Gグレード”でもUSBポートが2つ用意されているのは、かなり嬉しいですよね。

このように下位モデルでも複数のUSBポートが用意されているのは、競合車・ライバル車と新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の大きな違いの一つのように感じました。

後部席まわりにUSBを備えているのは上位モデルのみ

ただ、2021年4月にデビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)で、後部座席まわりにUSBポートを用意しているのは、ハイブリッド車の最上位モデル”プレイ(PLaY)”と充実した機能や装備が魅力の”Zグレード”のみです。

ハイブリッド車の最廉価モデル”Xグレード”やガソリン車の”Gグレード”では、後部座席まわりにUSBポートが標準装備されていないのでご注意を…。

新型ヴェゼルのUSBポートの配置&使い勝手はどう?【グレード別に紹介】

2021年4月にデビューを果たしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、グレードによって用意されているUSBポートの数に違いがありましたが、USBの使い勝手は、どうだったのでしょうか?

この新型モデルに用意されているUSBポートの配置&使い勝手を、グレード別に紹介したいと思います。

プレイ&ZグレードのUSBの使い勝手

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の上位モデル”プレイ(PLaY)”や”Zグレード”では、フロントシートまわりに2個、後部座席まわりに2個、合計4つのUSBポートを備えていたのですが、次のような使い勝手になっていました。

使い勝手に優れたフロントシート用のUSBポート

この新型モデルの”プレイ(PLaY)”と”Zグレード”では、ダッシュボードの中央下部にフロントシート用のUSBポートを用意しています。

■フロントシート用のUSBポート

USBポートの近くには、スマホやiPHONEを収納するのに便利な小さな収納ボックスも用意されており、充電中のスマホやiPhoneの置き場に困る心配もありません。

また、最上位モデルに位置をする”プレイ(PLaY)”では、”置くだけ充電”も標準装備となっているため、スマホやiPhoneの充電に困ることはないのかなと思いました。

ただ、この新型モデルのフロントシートのUSBで注意が必要なのは、備わっているUSBポートの性能です。

今回デビューを果たした新型モデルのフロントシート用のUSBポートは、助手席側のみ急速充電に対応したタイプとなっており、運転席側のUSBポートは、急速充電に対応していません。

ただし、メーカーオプションで用意されているホンダコネクト ナビを装着すると、運転席側も急速充電に対応したタイプのUSBにアップグレードされるようですよ。

後部座席まわりのUSBの使い勝手も良好

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の上位モデル”プレイ(PLaY)”と”Zグレード”では、センターコンソールの後方に後部座席用のUSBポートを2つ用意しています。

■後部座席用のUSBポート

この新型モデルの後部座席用のUSBポートは、短時間で充電をすることができる急速充電タイプとなっており、使い勝手は良好。

また、この新型モデルの”プレイ(PLaY)”と”Zグレード”では、スマホやiPhoneを収納するのに便利な小型ポケットが付いたシートバックポケットを助手席側だけではなく、運転席側にも用意。

■新型ヴェゼルのシートバックポケット

充電中のスマホやiPhoneを置いておけるスペースをしっかりと確保してくれているのも、嬉しいポイントの一つでした。

Xグレード&GグレードのUSBの使い勝手

一方、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のハイブリッド車の廉価モデルに位置をする”Xグレード”とガソリン車の”Gグレード”のUSBポートの配置&使い勝手は、このようになっていました。

フロントシートまわりのUSBポートの使い勝手は上位モデルと同じ

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の廉価モデル”Xグレード”と”Gグレード”のフロントシート用のUSBポートは、上位モデルと同様にダッシュボードの中央下部に備わっていました。

■フロントシートまわりのUSB

上位モデルと同様に充電中のスマホやiPhoneを置いておけるスペースも用意されており、使い勝手の良いデザインになっていました。

ただ、上位モデルと同様に運転席側のUSBポートは、標準仕様のままでは急速充電に対応していないのでご注意を…。

ディーラーオプションで後部座席まわりにUSBポートを装着可能

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の下位モデル”Xグレード”と”Gグレード”では、後部座席用のUSBポートは標準装備されていません。

ただ、この新型モデルでは、後部座席用のUSBポートがディーラーオプションで用意されています。

ちょっとコレは嬉しいですよね。

この後部座席用USBポートのオプション価格は1万1000円(税込み)とかなりお買い得なので、装着する価値は十分にあるのかなと思いました。

ただ、この新型モデルの”Xグレード”と”Gグレード”では、運転席側にスマホなどを収納することができる小型ポケット付きのシートバックポケットが用意されていません。

■下位グレードの運転席側のシートバック

そのため、ディーラーオプションでUSBポートを装着したとしても、使い勝手&快適性は、上位モデルよりも少し劣るので、ご注意くださいね。

まとめ:USBポートが充実している新型ヴェゼル

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に用意されているUSBポートの数や配置、使い勝手を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型ヴェゼルのUSBのまとめ

・上位モデルは車内に4つのUSBポートを用意
・下位モデルはフロントシートまわりのみUSBを用意
・ディーラーオプションでUSBポートを増設可能

今回デビューを果たした新型モデルの上位グレードでは、各シートに1つずつUSBポートを備えており、使い勝手&快適性に優れた車内空間に…。

また、この新型モデルの下位グレードは後部座席まわりにUSBの用意がなかったのですが、ディーラーオプションで装着することができるようになっていのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02