新型ヴェゼルは荷物の積載性はどう?【テールゲートの高さ&荷室開口部の広さをチェック】

2021年4月にデビューをしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の魅力の一つは、広くて使い勝手の良い荷室・ラゲッジスペースです。

今回デビューを果たした新型モデルは荷室開口部は広いため、また、テールゲートも開け閉めがしやすい高さになっているため、荷物の積み下ろしは、比較的しやすいです。

ただ、この新型モデルの積載性&荷物の積み下ろしのしやすさで気になったところも…。

今回デビューを果たした新型モデルの荷室開口部の広さ、テールゲートの高さは、どれくらいだったのでしょうか?また、この新型モデルの積載性で気になったところは、どこだったのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室・ラゲッジスペースの積載性、テールゲートの高さを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェゼルの荷室開口部の広さをチェック

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室開口部は、このようなデザインをしています。

■新型ヴェゼルの荷室開口部

パッと見た感じ、荷室開口部が広くて、荷物の積み下ろしがしやすそうですよね。

この新型モデルに荷室開口部の横幅は1メートル以上あり、長尺物を積み込みやすくなっているのが好印象でした。

荷室開口部の下端の高さは標準的

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室開口部の下端の地上からの高さは約715mmとなっており、コンパクトSUVとしては、標準的な高さとなっています。

■新型ヴェゼルの荷室開口部の下端の高さ…約715mm

ただ、この新型モデルは荷室・ラゲッジスペースの掃き出し口のフロアの段差がないため、スーツケースや段ボールなどの重たい荷物の積み下ろしも比較的しやすいのかなと感じました。

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、LEDのラゲッジランプを左右両側の壁面に備えており、夜間の暗い場所でも、積み込んだ荷物を探しやすくなっているのも好印象でした。

新型ヴェゼルは背の高い荷物の積み込むには不向き

ただ、2021年4月にフルモデルチェンジをした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室・ラゲッジスペースを実際に確認をして、気になったとこもありました。

それは、荷室開口部の傾斜です。

荷室開口部を横から見ると一目瞭然なのですが、この新型モデルは、サイドウィンドウ後方の”Cピラー”が寝ているため、荷室開口部を横から見た時、垂直ではなく斜めになっているんですよね。

■新型ヴェゼルの荷室開口部

なので、背の高い荷物を積み込む時には、注意が必要です。

この背の高い荷物を積み込みにくい荷室開口部の形状は、競合車・ライバル車よりも見劣りをするこの新型モデルの欠点&デメリットの一つなのかなと思いました。

ちなみに、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、先代モデルと同様に後部座席の座面を跳ね上げて、後部座席まわりを収納スペースをして活用するチップアップ機能を備えています。

■新型ヴェゼルのチップアップ機能

この新型モデルに背の高い荷物を積み込む際は、荷室・ラゲッジスペースを使用するよりも、後部座席をチップアップした方が良いかもしれませんね。

新型ヴェゼルのテールゲートの高さ&開け閉めのしやすさをチェック

また、2021年4月にデビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のテールゲートの高さ&開け閉めのしやすさは、どうなっていたのでしょうか?

この新型モデルのテールゲートの高さや開け閉めのしやすさを確認してきたので、紹介したいと思います。

テールゲートのグリップの高さは若干高め

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のテールゲートを開けると、このような感じなります。

■新型ヴェゼルのテールゲートを開けた時の様子

今回デビューを果たした新型モデルのテールゲートのグリップの高さは約1,890mmとなっており、競合車・ライバル車と比較すると、少し高めになっています。

■新型ヴェゼルと競合車の荷室開口部の高さ

競合車・ライバル車よりも若干高めの設定になっているこの新型モデルのテールゲートの高さですが、女性でもラクラク手が届く位置になっています。

また、テールゲートも見た目ほど重たくありません。

なので、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、競合車・ライバル車よりも荷室の開け閉めがしにくいとは思いませんでした。

ちなみに、この新型モデルを試乗した際、身長が150cmちょっとの私の妻にも荷室・ラゲッジスペースの使い勝手を確認してもらったのですが、何の問題もなくスムーズにテールゲートの開け閉めをしていましたよ。

上位モデルはパワーテールゲートを標準装備

また、2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のハイブリッド車の上位モデル”Zグレード”&”PLaY(プレイ)”では、スイッチを押すだけで自動的にテールゲートが開閉をする”パワーテールゲート”が標準装備されています。

■新型ヴェゼルのパワーテールゲートスイッチ

■パワーテールゲートスイッチ付きの新型ヴェゼルのスマートキー

スイッチ一つで自動開閉してくれるパワーテールゲートが標準装備されているのは、かなり嬉しいですよね。

しかも、この新型モデルのパワーテールゲートは、足の動きを検知してテールゲートを開け閉めしてくれる”ハンズフリー機能”と、クルマから離れると自動的にテールゲートが閉まり、自動施錠もしてくれる”予約クローズ機能”付きです。

下記の動画(3分50秒あたり)でも予約クローズの使い勝手について詳しく説明をしてくれているのですが、実際に使用してみると、非常に便利です。

【新型】ホンダヴェゼルの使い方を納車レディが説明します | HONDA VEZEL e:HEV 2021

荷室・ラゲッジスペースを使う機会が多い方や、テールゲートの開け閉めを手動で行うのが面倒だと思う方は、パワーテールゲートが標準装備されている新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の上位モデルの購入を検討しても良いかもしれませんね。

まとめ:荷物を積みやすい新型ヴェゼルの荷室・ラゲッジスペース

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室開口部の広さ&テールゲートの開け閉めのしやすさを確認したところ、このようになっていました。

■新型ヴェゼルの荷室開口部&テールゲートのまとめ

・荷室開口部の下端の高さは標準的
・掃き出し口とフロアで段差がないため、荷物の積み下ろしがしやすい
・荷室開口部に傾斜があるため、背の高い荷物の積載は不向き
・テールゲートの高さは競合車よりも少し高め
・上位モデルはパワーテールゲートを標準装備

今回デビューを果たした新型モデルに荷室・ラゲッジスペースは、開口部が広く、また、掃き出し口と荷室フロアで段差がないため、スーツケースや段ボールなどの重たい荷物の積載に適しています。

ただ、開口部が傾斜をしているため、背の高い荷物の積み込みには、少し注意が必要です。

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の上位モデル”Zグレード”や”プレイ(PLaY)”では、足の動くだけでテールゲートを開け閉めすることができるハンズフリー機能付きのパワーテールゲートを標準装備しているのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02