通常の奥行きは思ったよりも狭い!新型ヴェゼルの荷室サイズを確認してみた

フルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)を見て少し意外だったのは、荷室・ラゲッジスペースのサイズです。

この新型モデルは、コンパクトSUVの中でトップクラスのボディサイズを誇っていますが、後部座席まわりの広さを優先したためか、通常時の荷室の奥行きは、競合車よりもひと回り狭くなっていました。

そんな新型モデルの荷室・ラゲッジスペースのサイズは、どれくらいだったのでしょうか?また、この新型モデルの荷室サイズは、競合車・ライバル車とどのくらい違いがあったのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室・ラゲッジスペースのサイズを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

通常時の新型ヴェゼルの荷室・ラゲッジスペースの広さはどれくらい?

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの人気コンパクトSUV新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインをしています。

■新型ヴェゼルの通常時の荷室

パッと見ると十分な広さを備えているように感じるこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースですが、通常時の荷室サイズを確認してみたところ、このようになっていました。(※荷室幅は最小部分で計測)

■新型ヴェゼルの通常時の荷室サイズ

競合車よりも荷室の奥行きは狭い

今回デビューを果たしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の通常にの荷室の奥行きは約760mmとなっており、競合車・ライバル車の中で一番狭くなっています。

■新型ヴェゼルと競合車の荷室のサイズ比較

コンパクトSUVの中でこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの奥行きが一番狭いと言うのは、ちょっと意外ですよね。

ただ、新型ヴェゼル(VEZEL)の荷室幅は、一番狭いホイールハウス部分でも約1,100mmあり、コンパクトSUVの中でトップクラスの数値となっています。また、荷室高も約780mmと十分な広さを確保しています。

そのため、荷室・ラゲッジスペースの奥行きの狭さは一切気にりませんでした。

むしろ、ラゲッジスペースまわりの機能&装備が充実していることもあり、競合車・ライバル車の荷室・ラゲッジスペースよりも使い勝手が良さそうな印象さえ持ちました。

後部座席収納時の新型ヴェゼルの荷室・ラゲッジスペースの広さはどれくらい?

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、後部座席を収納して、荷室・ラゲッジスペースのエリアを拡大することができます。

後部座席の背もたれの肩口に用意されているレバーを操作して、後部座席を収納してみると、このような感じになります。

■新型ヴェゼルの後部座席を収納した時の荷室

後部座席を収納すると、荷室・ラゲッジスペースの奥行きがかなり広くなりますね。

この新型モデルは荷室開口部も広いため、スーツケースやゴルフバッグ、ベビーカーなどの大きい荷物も積み込みがしやすそうです。

そんな新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースの広さを確認してみたところ、このようになっていました。

■後部座席を収納した時の新型ヴェゼルの荷室サイズ

収納時の荷室の奥行きはコンパクトSUVの中でトップ

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の後部座席まわりの居住スペースは競合車・ライバル車よりも広いこともあり、後部座席を収納時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、コンパクトSUVの中でトップの広さに…。

■新型ヴェゼルと競合車の後部座席収納時の荷室サイズ

ちょっとコレは嬉しいですよね。

若干窮屈さはありますが、車中泊をすることができるだけの荷室・ラゲッジスペースの広さを備えているのは、この新型モデルの魅力・メリットの一つなのかなと思いました。

後部座席を収納した時の使い勝手の良さも魅力の一つ

このように後部座席を収納すると、荷室の奥行きが競合車よりも広くなる新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室・ラゲッジルームですが、後部座席を収納した時の使い勝手の良さも魅力の一つです。

新型ヴェゼル(VEZEL)と同じくらいの荷室の広さを誇っている日産の新型キックス(KICKS)は、後部座席を収納した時、荷室と後部座席の境目のところで、約10cmくらいの段差が生じてしまうんですよね。

■後部座席を収納した時の新型キックスの荷室

そのため、後部座席を収納した時の新型キックス(KICKS)の荷室・ラゲッジスペースは、お世辞にも使い勝手が良いとは言えません。

しかし、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、後部座席を収納すると座面が足元に沈み込む”ダウンダイブ方式”を採用していることもあり、荷室と後部座席の境目に大きな段差ができないフルフラットな荷室・ラゲッジスペースに…。

■後部座席を収納した時の新型ヴェゼルの荷室

そのため、競合車の一つでもある新型キックス(KICK)よりも、大きい荷物の積み込みがしやすいです。

後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースが広いだけではなく、使い勝手に優れるのも、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました

まとめ:荷室の狭さが気にならない新型ヴェゼルの荷室・ラゲッジスペース

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの人気コンパクトカー新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室・ラゲッジスペースのサイズを確認したところ、このようになっていました。

■新型ヴェゼルの荷室サイズのまとめ

・通常の荷室の奥行きは、競合車の中で一番狭い
・後部座席を収納した時の荷室の奥行きは競合車の中でトップ
・広いだけではなく、使い勝手の良さも魅力の一つ

ちょっと意外だったんですが、今回デビューを果たした新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、コンパクトSUVの中で一番狭くなっていました。

ただ、荷室幅や荷室高が十分に確保されているおかげで、思ったよりも荷室・ラゲッジスペースの狭さ&使い勝手の悪さを感じませんでした。

また、この新型モデルの上位モデルには、スイッチ一つで開け閉めをすることができる”ハンズフリーアクセスパワーゲート”が備わるなど、荷室・ラゲッジスペースまわりの機能や装備が充実しているのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02