新型ヴェゼルのボディサイズ&室内サイズ【先代との細かな違いを徹底解説】

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のボディサイズは、先代モデルとほぼ同じです。

ただ、先代モデルとプロポーションが変わったこともあり、全く異なる見た目の印象に…。

また、運転席や後部座席の位置が見直されたおかげで、運転のしやすさや後部座席の居心地も大きく変わっていました。

そんな新型モデルのボディサイズ&室内サイズは、どのような感じだったのでしょうか?また、先代モデルと比較して、どこが変わったのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のボディサイズ&室内サイズを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェゼルのボディサイズをチェック

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)と先代モデルの外装・エクステリアは、このようなデザインをしています。

■新型ヴェゼルの外装
グレード:Zグレード

■先代モデルの外装
グレード:Xグレード

先代モデルよりも伸びやかなフォルムでクーペ感が増したこの新型モデルですが、ボディサイズを比較したところ、このようになっていました。

■新型ヴェゼルと先代モデルのボディサイズ比較

全長&ホイールベースは先代モデルと同じ

先代モデルよりも存在感が増したホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)ですが、全長&ホイールベースに関しては、先代モデルと全く同じになっています。

ただ、18インチサイズのタイヤ&ホイールを装着したこの新型モデルのZグレードは、先代モデルよりも最低地上高を10mmほど高く、そして、全高を15mmほど下げてボディを薄くしました。

そのおかげで、今回デビューを果たした新型モデルは、先代モデルよりもスタイリッシュで伸びやかな感じが…。

また、先代モデルよりも薄型デザインになったおかげで、タイヤ&ホイールの存在感が増したのも印象的でした。

ルーフのデザインを変更して高さを抑えた新型ヴェゼル

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の外装・エクステリアで注目なのは、ルーフのデザインです。

先代モデルは丸みを帯びがルーフを採用していましたが、今回デビューを果たした新型モデルでは、ルーフの形状をフルフラットにすることに変更。

■ルーフが丸みを帯びている先代モデル

■ルーフがフラットになっている新型モデル

このように見比べると、天井のデザインが大きくことなりますよね。

このルーフのデザインの変更によって、この新型モデルは、必要な車内空間を確保しつつ、全高を15mmほど抑えることに成功したようですよ。

新型ヴェゼルの室内サイズをチェック

また、2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)と先代モデルの荷室サイズは、このようになっていました。

■新型ヴェゼルと先代モデルの室内サイズ

先代モデルよりも広く感じた室内の横幅

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)と先代モデルの室内サイズを比較してみて驚いたのが、室内幅です。

数値上では、この新型モデルの室内幅は、先代モデルよりもなんと40mmも狭くなっていました。

ただ、この新型モデルは、スッキリとした薄型&水平基調のダッシュボードを採用していることもあり、また、サイドウィンドウが広くなったこともあり、圧迫感がなく、先代モデルよりもひと回り広く感じました。

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、競合車・ライバル車よりもシートサイズが大きく、ゆったりとした座り心地になっているのも好印象でした。

先代モデルよりもアイポイントが高くなった新型ヴェゼル

また、運転席からの見晴らしの良さ&視認性も、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の注目ポイントの一つです。

この新型モデルは、先代モデルよりもシート高(地上からシートの座面までの高さ)が実測で20mmほど、また、運転席のハイトアジャスターの調整量も上下に5mmずつアップしていました。

視界を遮らない上面がフラットなインパネ・ダッシュボードと相まって、今回デビューを果たした新型モデルは、非常に運転がしやすいクルマになっていました。

先代モデルよりも圧迫感を感じる後部座席まわり

ただ、2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)で気になったのは、後部座席まわりの居住スペースです。

実はこの新型モデルは、フロントシートのフレーム構造を変えることなどによって、後部座席の膝前や足元のスペースを35mmほど拡大しました。

■新型ヴェゼルの後部座席の足元空間

また、後部座席の背もたれの角度を先代モデルよりも2度ほど寝かせて、ゆったりと座れるようにしました。

ただ、先代モデルよりも頭上空間(ニークリアランス)が狭くなったこともあり、また、サイドウィンドウの後方の”Cピラー”の傾斜が強くなったため、窮屈さや圧迫感が増したような感じが…。

この後部座席に座った時に感じる圧迫感&窮屈さは、数値では表すことができない新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の欠点&デメリットの一つなのかなと思いました。

まとめ:数値上のサイズと実際の印象は大きく異なる新型ヴェゼル

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のボディサイズを確認してみたところ、このようになっていました。

■新型ヴェゼルのボディサイズ&室内サイズのまとめ

・全長&ホイールベースは先代モデルと同じ
・全高&全幅に関しては、先代よりもひと回り小さくなった
・運転席の着座位置が高くなったおかげで、視認性がアップ
・室内高が低くなったおかげで、後部座席の圧迫感は強くなった

今回デビューを果たした新型モデルは、先代モデルよりも全高を低く抑え、また、最低地上高を高くしたおかげで、伸びやかな印象に…。

ただ、先代モデルよりも天井が低くなったおかげで、後部座席に座った時の圧迫感や窮屈感は少し増したように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02