【グレージュvsブラック】新型ヴェゼルの内装色はどっちがオシャレ?実車画像で比較

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、グレージュとブラックの2種類の内装色・インテリアカラーを用意しています。

先日、この新型モデルの2種類の内装色を見比べることができたのですが、ブラックとグレージュでは、車内の雰囲気に大きな差が…。

今回デビューを果たした新型モデルに用意されている2種類の内装色は、それぞれどのようなデザインになっていたのか?また、ブラックとグレージュの内装色・インテリアカラーでは、どのような違いがあったのか?

実車画像を使って、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に用意されている2種類の内装色・インテリアカラーを比べてみたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェゼルのブラックの内装色をチェック

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は4つのグレードを用意しているのですが、次の3つのグレードでは、オーソドックスなブラックの内装色・インテリアカラーを採用しています。

■ブラックの内装色を採用しているグレード

・Zグレード(e:HEV Z)
・Xグレード(e:HEV X)
・Gグレード

ただ、上位モデルに位置をする”Zグレード(e:HEV Z)”と下位モデルに位置をするXグレード(e:HEV X)&Gグレードでは、車内の加飾やシートの素材で違いがありました。

高級感がただようZグレードの内装・インテリア

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のハイブリッド車の上位モデル”Zグレード”の内装・インテリアは、このようなデザインをしています。

■Zグレードの内装・インテリア

ブラックを基調にしたこの新型モデルのZグレードの内装・インテリアは、シックで落ち着いた雰囲気の車内空間に…。

ただ、この新型モデルのZグレードでは、助手席側のダッシュボードやシフトレバーまわり、ドア内側パネルにプラチナメッキの加飾を採用。

■Zグレードのダッシュボード

■Zグレードのシフトレバーまわり

■Zグレードのドア内側パネル

ハンドル・ステアリングホイールも本革巻き仕様となっており、廉価モデルのハイブリッド車の廉価モデルに位置をするXグレード(e:HEV X)やガソリン車の”Gグレード”よりも高級感&上質感がただよう車内空間になっていました。

■Zグレードのハンドル

また、シートも注目ポイントの一つです。

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のZグレードでは、シートサイドに本革のような風合いを楽しめるプライムスムースを組み合わせたコンビシートを採用。

■Zグレードのシート

この新型モデルは、柔らかな雰囲気がただようナチュラルテイストのシートを採用していますが、シートサイドにプライムスムースを採用したZグレードは、カジュアルさの中にも高級感が感じられるお洒落なシートになっていました。

シンプルなXグレード/Gグレードの内装・インテリア

一方、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の下位モデルに位置をする”Xグレード”と”Gグレード”の内装・インテリアは、このようなデザインをしています。

■Xグレード/Gグレードの内装

この新型モデルのXグレード/Gグレードも、Zグレードと同様にダッシュボードやセンターアームレスト、ドア内側パネルに肌触りの良いソフトパッドを採用しています。

■Xグレード/Gグレードのダッシュボード

■Xグレード/Gグレードのセンターアームレスト

■Xグレード/Gグレードのドア内側パネル

なので、廉価モデル特有の安っぽさはありません。

ただ、Xグレード/Gグレードの内装・インテリアには、上位モデルに位置をするZグレードの内装・インテリアにあしらわれていたプラチナメッキの加飾がなく、ハンドルもウレタン製です。

■Xグレード/Gグレードのハンドル

また、Zグレードとは異なり、Xグレード/Gグレードのシートは、全面ファブリック素材のシートとなっています。

■Xグレード/Gグレードのシート

そのため、車内の高級感&上質感と言う点では、上位モデルのZグレードよりも少しります。

ただ、競合車・ライバル車の廉価モデルと比較すると、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のXグレード/Gグレードの内装・インテリアは、お洒落に仕上がっているように感じました。

新型ヴェゼルのグレージュの内装色をチェック

一方、2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、最上位モデルに位置をする”PLaY(プレイ)”のみグレージュの内装色・インテリアカラーを採用していました。

■グレージュの内装色を採用しているグレード

・PLaY(プレイ)

そんな新型モデルの最上位グレード”PLaY(プレイ)”の内装・インテリアをチェックしていきましょう。

遊び心があるPLaYの内装・インテリア

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の最上位モデル”PLaY(プレイ)”の内装・インテリアは、このようなデザインをしています。

■PLaY(プレイ)の内装・インテリア

この新型モデルの最上位モデルに位置をする”PLaY(プレイ)”では、ダッシュボードやセンターアームレスト、ドア内側パネルにグレージュのソフトパッドを採用。

また、シフトレバーまわりやハンドル・ステアリングホイールのステッチには、アクセントカラーのオレンジをあしらっています。

■PLaY(プレイ)のシフトレバー

ホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)と言うと、街中で映えるスタイリッシュな”アーバンスタイル”のSUVと言ったイメージがありますが、オレンジのアクセントカラーを採用したPLaY(プレイ)は、今までのヴェゼルのイメージとは一線を画す遊び心のある内装・インテリアになっていました。

また、シートもPLaY(プレイ)の注目ポイントの一つです。

■PLaY(プレイ)のシート

シートサイドにグレージュカラーのプライムスムースを採用しているPLaY(プレイ)ですが、リボンテープを座面と背もたれの中央にあしらった専用デザインになっているのも印象的でした。

まとめ:内装色によって車内の雰囲気が大きく異なる新型ヴェゼル

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に用意されているブラックとグレージュの内装色・インテリアカラーを確認してみたところ、このようになっていました。

■新型ヴェゼルの内装色のまとめ

・最上位モデルのPLaYのみグレージュの内装色を採用
・PLaY以外のグレードはオーソドックスなブラックの内装を内装
・スタイリッシュな車内空間を演出するブラック
・遊び心のある車内空間を演出するグレージュ

ブラックの内装色を採用しているハイブリッド車の”Zグレード”や”Xグレード”、ガソリン車の”Gグレード”は、ヴェゼルらしいスタイリッシュモダンな内装・インテリアに…。

一方、グレージュの内装色を採用しているPLaY(プレイ)は、SUVらしい遊び心のあるデザインになっていました。

このように今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、グレードによって、車内の雰囲気が大きく異なるので、試乗をする際は、この内装・インテリアの違いにも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02